サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

悟浄出立
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 174件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/22
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-336011-7
  • 国内送料無料

紙の本

悟浄出立

著者 万城目 学 (著)

俺はもう、誰かの脇役ではないのだ。「西遊記」の沙悟浄、「三国志」の趙雲、司馬遷の娘…。人生の見方まで変えてしまう連作集。【「BOOK」データベースの商品解説】「西遊記」の...

もっと見る

悟浄出立

1,404(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

俺はもう、誰かの脇役ではないのだ。「西遊記」の沙悟浄、「三国志」の趙雲、司馬遷の娘…。人生の見方まで変えてしまう連作集。【「BOOK」データベースの商品解説】

「西遊記」の沙悟浄、「三国志」の趙雲、司馬遷の娘…。脇役が主役になる!? 歴史に埋もれた“永遠の脇役”たちに光を当てた、古典への愛とリスペクトが爆発する連作集。『yomyom』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

俺はもう、誰かの脇役ではない。深化したマキメワールド、開幕! 砂漠の中、悟浄は隊列の一番後ろを歩いていた。どうして俺はいつも、他の奴らの活躍を横目で見ているだけなんだ? でもある出来事をきっかけに、彼の心がほんの少し動き始める――。西遊記の沙悟浄、三国志の趙雲、司馬遷に見向きもされないその娘。中国の古典に現れる脇役たちに焦点を当て、人生の見方まで変えてしまう連作集。【商品解説】

収録作品一覧

悟浄出立 5−40
趙雲西航 41−75
虞姫寂静 77−114

著者紹介

万城目 学

略歴
〈万城目学〉1976年大阪府生まれ。京都大学法学部卒。2006年「鴨川ホルモー」でボイルドエッグズ新人賞を受賞しデビュー。その他の著書に「プリンセス・トヨトミ」「偉大なる、しゅららぼん」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー174件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

心に残る5編

2015/02/01 10:32

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

直木賞の候補作と知り読む。
万城目氏の著作と言えば「鴨川ホルモー」など少し奇想天外なイメージがあったが、この作品はどの話も読む者に何か勇気や信じるもの、大切にすべき生き方を感じさせる強さを感じた。
「悟浄出立」のラスト、悟浄が先頭を歩いた時の悟空とのやり取りは、いつの間にか自分は安定な生活、安泰な人生のみを選ぼうとしていて、自分一人で歩く事を忘れてしまった感じさせられた。
少しぐらい間違って遠回りしても良いじゃないか。何の問題もないさー!
他の4編も素晴らしい出来です。
本の装丁や題名で少し損をしている印象。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

万城目さんの新境地です

2015/03/29 22:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は万城目学さん初の古典文学オマージュ作品です。

万城目さんのエッセイを読んだことがある方は知っての通り、万城目さんは元々中島敦に強い影響を受けた作家さんで、古典作品(特に中国の文学作品)に造詣の深い方です。鴨川ホルモーを書いていた頃の万城目さんはどこに行ったの!?と思うくらい、ガラッと方向転換した作品ですが、これはこれで全然アリだと思います。

しかし、万城目ファンとしてはエンタメ作品の追及も同時進行でお願いしたいというのが本心ですね(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

万城目作品としては意外な内容

2015/08/24 20:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

娯楽性に欠けるという意味で、万城目にしては意外な作品だった。ホルモーから続く一連の関西を舞台にした作品、皆笑いたくなるようなユーモアや、びっくりするようなファンタジックな世界が展開されていた。けれど、この作品にはそれがない。中国古典の脇役を主役に、というコンセプトからは、わくわくするような話が書けそうに思う(特に万城目なら)。でも、そうはせずにしごくまじめに、明るくも楽しくもないタッチで書いている。しっかりした設定に感心はするけれど、好きなタイプではなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中国古典に触れるきっかけに

2016/06/17 18:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちのこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今までの万城目さんの作品とは少し違った作風で、わりかし真面目な文章でした。
中国古典の登場人物、しかも注目されるべき人物の脇にいる人にスポットを当てた作品。
西遊記以外はなんとなく、しか内容を知らないので、これを機に読んでみたいな、と思った。
しかも脇役に注目して。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/08 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/22 04:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/12 11:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/06 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/13 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/27 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/20 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/06 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/17 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/28 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/09 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る