サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 親の「その一言」がわが子の将来を決める 学歴どまりの残念な子か、学びが自立につながる子か 幼・小学生篇

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

親の「その一言」がわが子の将来を決める 学歴どまりの残念な子か、学びが自立につながる子か 幼・小学生篇
  • みんなの評価 5つ星のうち 1 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/31
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-506791-5
  • 国内送料無料

紙の本

親の「その一言」がわが子の将来を決める 学歴どまりの残念な子か、学びが自立につながる子か 幼・小学生篇

著者 マデリーン・レヴィン (著),片山 奈緒美 (訳)

親の期待に心を病んだ秀才を診てきた心理学者による、健全で自立した子を育てるアドバイス集。幼・小学生篇は、アメリカの教育環境の現状、子どもたちが成長するにつれて直面する各年...

もっと見る

親の「その一言」がわが子の将来を決める 学歴どまりの残念な子か、学びが自立につながる子か 幼・小学生篇

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

親の期待に心を病んだ秀才を診てきた心理学者による、健全で自立した子を育てるアドバイス集。幼・小学生篇は、アメリカの教育環境の現状、子どもたちが成長するにつれて直面する各年齢の問題とその対処法などを取り上げる。【「TRC MARC」の商品解説】

高学歴、高収入の親こそ危ない! 自活できる子に育てるための年代別アドバイス集。その「成功観」がわが子の可能性を潰す! 親の過剰な期待に潰される「病んだ秀才」を診てきた心理学者が幼稚園から高校生までの各年代でどんな言葉をさしのべ、何を言ってはならないかを実践的に伝授。立ち直れる子の「七つの対応力」を養い、それぞれの子に適した価値観を家族で共有できれば、もう子育てに迷わない。【商品解説】

著者紹介

マデリーン・レヴィン

略歴
〈マデリーン・レヴィン〉ニューヨーク州立大学大学院修了。小中学校の教師を経て、心理学で博士号を取得。心理学者、教育コンサルタント。スタンフォード大学教職大学院で「チャレンジ・サクセス」講座を設立。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価1.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2016/08/14 07:48

投稿元:ブクログ

・子どもを失敗から守ってはいけない・・・失敗は避けられないし、失敗を通じて何が役に立って何が役に立たないかを学ぶから、ぜひ経験させたい。それは子どもが難しい問題を処理するときに、もっとも効果的なスキルを磨く助けになる。まちがいや挫折、失敗は認識を高める方法である。
「わたしは失敗したことがない。ただ、役に立たない方法を山のように見つけてきただけだ」byトーマス・エジソン
「どの三振も次のホームランに一歩わたしを近づけてくれる」byベーブルース

・どんどん質問させる・・・我々は子どもの「正しい答え」に目が行きがちだが、何かを学ぶときにもっとも効果があるのは「正しい質問」であることを忘れている。いい質問をする能力が知能や創造性を磨く。そんな子どもに対して親の仕事は「質問に答えること」と、「子ども自身に自分の質問を見つけさせ、その過程で学ばせること」。

・勉強はリスクをとることに価値がある・・・小学生の子どもに対していちばん必要なのは、子どもたちの関心を引き付け続けること、そして学ぶ内容について考えるには複数のアプローチがあると気づかせること。これこそ難しい問題を前にしたときに想像力を働かせて、熱心に粘り強く解く能力であり、この力を身に着ければ、やがて優秀な学生に育つ。

・小学生の子どもを持つ親へのアドバイス
1)子どもが自分自身を批判するときは、それを「どのような言葉で表しているか」に、よく注意を払って聞く。
2)子どもを安易にラベリングしない。

しつけ・家庭教育 ランキング

しつけ・家庭教育のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む