サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ひねくれ古典『列子』を読む(新潮選書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/25
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮選書
  • サイズ:20cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-603753-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ひねくれ古典『列子』を読む (新潮選書)

著者 円満字 二郎 (著)

「諸子百家」の異端、「列子」。死なない方法を見つけた男、人格の入れ替え譚、天が抜け落ちてくる話…。奇想天外な寓話で満ち溢れる「列子」の魅力を、一部書き下し文・原文を交えな...

もっと見る

ひねくれ古典『列子』を読む (新潮選書)

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ひねくれ古典『列子』を読む(新潮選書)

1,123(税込)

ひねくれ古典『列子』を読む(新潮選書)

ポイント :10pt / 紙の本より281おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「諸子百家」の異端、「列子」。死なない方法を見つけた男、人格の入れ替え譚、天が抜け落ちてくる話…。奇想天外な寓話で満ち溢れる「列子」の魅力を、一部書き下し文・原文を交えながら紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

知られざる「諸子百家」の異端! その痛快無比なる面白さ――。死なない方法を見つけた男、ウィンクするアンドロイド、人格の入れ替え譚、あべこべ病、天が抜け落ちる「杞憂」……アイロニカルで残酷、そして突拍子もないユーモア、現代の我々をも十二分に魅了するストーリーテラーぶり。論理立った正論の儒家、逆説の無為を説く老荘思想、そのどちらでもない第三の道を行く列禦寇の世界。【商品解説】

著者紹介

円満字 二郎

略歴
〈円満字二郎〉1967年兵庫県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務し、高校国語教科書や漢和辞典などの編集を17年近く担当。フリーの編集者兼ライター。著書に「常用漢字の事件簿」「漢和辞典に訊け」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/10 21:33

投稿元:ブクログ

円満字二郎(えんまじ じろう)『ひねくれ古典『列子』を読む』(新潮選書、2014年)

著者の名前がひねくれていると思った。

本選書は諸子百家の一人である「列子」の紹介本だ。20話の白文、読み下しに著者の解説からなる。

我々は「杞憂」とか知っているようで知らない。教科書に載らない続きの話が面白い。そうだったのかというわけである。

そうして列子をもっと読もうとすると、ご親切にも参考文献を載せているのだが、高価だったり重版未定で入手しにくいのである。

このあたりは、本のタイトルのようだ。面白いぞ、と煽っておいて、でも手に入りにくいぞといっている。出版界へのアピールと受け止めたい。

2014/11/23 18:03

投稿元:ブクログ

編集者として高校教科書や辞書の編纂に携わった著者がお気に入りの古典『列子』を語ったもの。

列子はいわゆる老荘思想の一派ですが、内容が雑多で荘子の焼き直しエピソードが目立つことなどから決してメインストリームの思想ではありません。エピソード性が高く、高校漢文の「杞憂」「朝三暮四」などの出典となっています。(これに限らず高校漢文では、たとえ話のエピソード部分のみが取り上げられて本論は語られません)
しかし、それゆえに自由な面もあり、完璧なお師匠ではない列子の姿があれこれ語られます。これもまた老荘的態度といえましょう。


○私たちはときに、"逆説"というひねくれたものごとの見方をして、そこに、"人生の真実"を発見したような気になって、満足してしまうことがあります。しかし、列子さんに言わせるとそれではまだまだ甘いのでしょう。
"常識"をひっくり返すというのは、"常識"にまだとらわれている証拠なのですから。"常識にとらわれるな"をさらにひねって、"常識にとらわれるな、という考え方にもとらわれるな"というのです。列子さんは"ひねくれ者"ではありますが、"ひねくれ方"に念が入っているのです。


○老荘思想では、"自然のまま"であることを尊びますから、"意識して何かをする"ことを嫌います。その立場からすれば、"天を楽しみ命を知る"なんて意識してやっているうちは、まだまだダメなのです。
"まわりは気にしないで、自分にできることだけをやればよい"と力み返っていると、かえって雑音に惑わされかねません。よけいな意識は持たないで自然のままに生きることこそが、"天を楽しみ命を知る"ことなのだ、というのです。