サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

怪談狩り赤い顔(幽ブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/16
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 幽ブックス
  • サイズ:19cm/284p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-066932-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

怪談狩り赤い顔 (幽BOOKS 市朗百物語)

著者 中山 市朗 (著)

踏切の少年、走る靴音、呪いの原稿、写らない場所、トイレにいるモノ、崩れる顔。この怪異の舞台は、あなたの町かもしれない…。「新耳袋」の中山市朗が満を持して放つ、ぐいぐい怖い...

もっと見る

怪談狩り赤い顔 (幽BOOKS 市朗百物語)

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

怪談狩り 赤い顔 市朗百物語

1,296(税込)

怪談狩り 赤い顔 市朗百物語

ポイント :12pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

踏切の少年、走る靴音、呪いの原稿、写らない場所、トイレにいるモノ、崩れる顔。この怪異の舞台は、あなたの町かもしれない…。「新耳袋」の中山市朗が満を持して放つ、ぐいぐい怖い、とにかく怖い、怪談実話集第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

いつもの踏切 8−9
首吊り人形 10−12
上の住人 13−16

著者紹介

中山 市朗

略歴
〈中山市朗〉兵庫県生まれ。怪異蒐集家、オカルト研究家、放送作家。クリエーター育成塾「作劇塾」の塾長も務める。著書に「なまなりさん」「聖徳太子四天王寺の暗号」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/27 11:28

投稿元:ブクログ

 二冊目は上方(関西方面)の話が多く、他所の怪談集との違いがよりハッキリしていて、前作よりも読み応えがあった。

 第九話に出てくるアレ、実は知る人ぞ知る方法で実際効果があるらしい。だが良し悪しの区別なく威力を発揮するので諸刃の剣っぽい。力がない人が自力で何とかしたい時の、最後の手段としては覚えておきたい。

 第十三話等に登場する、怪異の方が逃げ出す「午前0時の爽やかウインドウ」の異名を持つ人の話は怖くも笑える怪談になっている。

2014/10/08 15:30

投稿元:ブクログ

 怖い物だけでなくユーモアがあるものもありバラエティーに富んでいるのが良い。

 特に第9話落ちが面白い。

2014/07/18 02:18

投稿元:ブクログ

『怪談狩り』シリーズ第2作。
前作が出てから間を置かずに2冊目が読めるとは思っていなかったので嬉しい驚き。
オーソドックスな怪談が集められているのは前作と同じだが、前作よりもより直接的な描写で恐怖を煽るようなものが多い。
スーパーマーケットの話が面白かった。そりゃあねぇ、一度出店したら、かかったコストは取り返したいわなぁ……って、生きてる人間の方が業が深いねw

ホラー・怪談 ランキング

ホラー・怪談のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む