サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

神変 役小角絵巻(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/17
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/526p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-205959-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

神変 役小角絵巻 (中公文庫)

著者 山本 兼一 (著)

七世紀末、地方豪族を従えて中央集権の国造りを着々と進める持統天皇と藤原不比等。重税と暴政に疲弊した民草を救うため、山の民の頭・役小角が秘術を用いて戦いを挑む!壮大なスケー...

もっと見る

神変 役小角絵巻 (中公文庫)

929(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

七世紀末、地方豪族を従えて中央集権の国造りを着々と進める持統天皇と藤原不比等。重税と暴政に疲弊した民草を救うため、山の民の頭・役小角が秘術を用いて戦いを挑む!壮大なスケールで飛鳥の国造りに現代日本の姿を重ねる、著者唯一の古代長篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

7世紀末、地方豪族を従えて中央集権の国造りを着々と進める女帝・持統天皇と藤原不比等。この天と地は一体誰のものなのか? 山の民の頭・役小角は鬼神を操り強大な支配者に挑む! 著者唯一の古代長篇。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/30 15:25

投稿元:ブクログ

全1巻。
行者の祖、役小角のお話。

あとがきで、安部龍太郎先生も仰ってたけど、
「どうしたちゃったの山本先生」が、
率直な感想。

いつも、戦国後期〜江戸を舞台にされているので、
いきなり古代史はびっくり。
そして、どんな役小角になるのかと思ったら、
素直に伝説をなぞるファンタジーな仕上がりに。
もっと「人間・役小角」になると思ったのに。

結構とりとめもない印象の物語になっていて、
正直、期待はずれだったものの、
日本という国の成り立ちに鋭く切り込んだ視点には
ハッとさせられた。
隆慶一郎先生がよく書かれた
まつろわない者vs権力という構造や、
高橋克彦先生が、
蝦夷vs朝廷という視点で古代史を見つめられたのに近い。
しかも時期が建国まもない頃なので、
上記の2人よりさらに直接的。

神話に消えていった者達から見た大和は、
都合の良い侵略者でしかなかったんだろうなあ。
確かに。

もっと氏の古代史が読みたかった。

2015/03/25 21:10

投稿元:ブクログ

『利休にたずねよ』などの作品で、歴史小説の人気作家の一人となった、山本兼一。
残念ながら2014年に亡くなってしまいました。
戦国時代前後を題材にした作品を書く作家さん、というイメージがありますが、この作品の主人公は、「修験道の祖」とされる役小角(役行者)です。
時代は7世紀の終わり。
夫、天武天皇の後を引き継いだ女帝持統天皇は、先代の意思を引継ぎ、律令国家としての国づくりを目指します。
国家運営のため、遠い国からも租税を集める、天皇と飛鳥の人々。
この動きに反発をするのが、飛鳥の周りの山々に住む、山の民たち。
もともと農作をしていた彼らですが、飛鳥の人々から追いやられる形で山に住むようになり、自分たちの食べ物を確保するにも苦労するような生活を送っています。
そのリーダーとして描かれているのが、役小角。
自分はどのように生きていきたいのか、飛鳥のやり方のどこが間違っていると、考えているのか。
山に入り厳しい修練をしながら、自問自答する役小角。
その過程と、飛鳥側との攻防の日々が描かれた、作品です。
古い神社のいくつかについて、「役行者が建てた」という話を聞いたことがあったので、神格化された架空の人物だと思っていましたが、この時代に実在した人物なのですね。
しかしそのエピソードは、のちの時代にかなり脚色されたようで、この小説ではそれらの一部と、著者のオリジナルの物語が織り交ぜられているかと思います。
そして、著者は役小角、持統天皇の行動を通じて、「人が人の集団を統率していくということは、どういうことなのか」ということを、読者に問いかけたかったのかなと、受け取りました。
資料の少ない時代を題材にしているので、史実を学ぶという意味では正確性に欠けるかもしれませんが、日本での”天皇による統治”という形の始まりについて、具体的なイメージを与えてもらえた一冊でした。

2014/08/05 23:21

投稿元:ブクログ

なかなか小気味よく読めたが、自分のなかでの小角はもう少し荒々しさがないというか静かというか。それにしても、いくら個人の力が秀でていても圧倒的物量にはかなわないんだろうな。すごい人間社会だ