サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

北京から来た男 下
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/20
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:19cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-01031-7
  • 国内送料無料

紙の本

北京から来た男 下

著者 ヘニング・マンケル (著),柳沢 由実子 (訳)

殺人現場となった母の実家を訪れたビルギッタは、密かに数冊の日記を持ち出した。その中に記された“ネヴァダ”の文字が目に飛びこんできたからだ。それはスウェーデンの寒村で起きた...

もっと見る

北京から来た男 下

1,728(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

殺人現場となった母の実家を訪れたビルギッタは、密かに数冊の日記を持ち出した。その中に記された“ネヴァダ”の文字が目に飛びこんできたからだ。それはスウェーデンの寒村で起きたのと似た血塗られた事件があった土地。日記は1860年代に書かれており、アメリカ大陸横断鉄道敷設工事の現場監督が残したものだった。貧しさにあえぐ19世紀の中国の寒村、西部開拓時代のアメリカ、そして発展著しい現代の中国、アフリカ―。現代の予言者マンケルによる、ミステリを超えた金字塔的作品。【「BOOK」データベースの商品解説】

殺人現場となった母の実家を訪れたビルギッタは、1860年代に書かれた日記を持ち出す。スウェーデンの寒村で起きた血塗られた事件は、19世紀の中国、開拓時代のアメリカ、そして現代の中国、アフリカへと向かう。【「TRC MARC」の商品解説】

殺人現場で見つけた手記。それは1860年代のアメリカで書かれたものだった。中国、アメリカ、スウェーデン、現代の予言者マンケルによるミステリを超えた金字塔的大作。【商品解説】

著者紹介

ヘニング・マンケル

略歴
〈ヘニング・マンケル〉1948年生まれ。作家、舞台監督、劇作家。「殺人者の顔」でガラスの鍵賞、「目くらましの道」でCWA賞ゴールドダガーを受賞。児童書やエッセイなども書く。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.6

評価内訳

2014/08/10 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/30 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/04 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/08 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/11 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/02 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/04 07:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/03 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/08 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/29 09:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/30 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/05 03:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/19 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る