サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

風船教室
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 取扱開始日:2014/09/19
  • 出版社: 金の星社
  • サイズ:20cm/221p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-323-06336-2
  • 国内送料無料

紙の本

風船教室

著者 吉野 万理子 (作)

小学六年生の多波時生が転校したのは、ふしぎな小学校。子ども一人につき一個、名札代わりに風船を持たされる。理由もわからないまま転校させられたことや、親友と離ればなれになった...

もっと見る

風船教室

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小学六年生の多波時生が転校したのは、ふしぎな小学校。子ども一人につき一個、名札代わりに風船を持たされる。理由もわからないまま転校させられたことや、親友と離ればなれになったことに不満を持つ時生だったが、ある日、どうやら風船が普通ではないことに気づく。おかしな風船は宇宙人の手先?それとも何かの呪い?家族、友情、人の思い。風船に秘められたなぞを知るとき、時生はひとつの真実にたどりつく。【「BOOK」データベースの商品解説】

小学6年生の時生が転校したのは、児童全員が風船を持たされる不思議な学校。おかしな風船のことを探るうちに、時生はひとつの真実に辿りつく! 「チームふたり」の著者が贈る、友情や家族のきずなを描いた物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

吉野 万理子

略歴
〈吉野万理子〉神奈川県出身。小説家、脚本家。日本児童文学者協会会員。日本ペンクラブ会員。「劇団6年2組」でうつのみやこども賞を受賞。他の著書に「チームふたり」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

名札がわりにふうせん?

2016/05/07 08:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

名札がわりにふうせんを渡されるという設定が変わっていますね。全校生徒ひとりひとりがふうせんを持っているっていったい何?
主人公はふしぎなふうせんの謎を追います。
ちょっとファンタジー?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/22 11:44

投稿元:ブクログ

6年生の時生が転入したのは、同学年が3人だけの小さな学校だった。この学校では、一人一人に名札代わりの風船があり、時生もピンクの風船をもらう。って、おかしくないか、この学校?しかもこの風船は、自分の意思で動くらしい…。小さな学校の不思議なおはなし。こんな風船ならきっとほしくなるよ。

2016/02/02 17:27

投稿元:ブクログ

まず児童一人一人に風船があるって発想がいい。
風船に見守られる児童たち・・・だからラストのオチには、なるほど~~・・・ってなりましたね。
子を思う親の心・・・あと嫌な子どもも悪い大人もただの一人も出てこねえな・・・心が洗われるよ・・・。

2016/09/04 18:43

投稿元:ブクログ

小学6年生の多波時生(たなみときお)は、サッカーが得意。親友の翔太の児童会長立候補の応援演説をしる約束をしたり、中学になったもサッカーを頑張るつもりだったのに、父親から突然、転校を言い渡される。

引越し先は、死んだお母さんのお父さん、つまり何年も会ってなかった他人のようなじいちゃんの家で、とても田舎。新しい小学校は全校生徒17人で、同じ6年生はあと2人しかいない。
しかも、子ども一人につき風船1個持たされることになる、変わった小学校だ。しかも、その風船はちょっと不思議な風船だ。時生が家に帰ったら、どうやら風船もついてくる。人が話していることがわかっているみたいだし、風船同士も話をしているみたいだし!?
1年生の時にもらったら、なんと6年間も割れることなくもつという不思議な風船。
実はその風船の正体は・・・。


家族、友人、人の思い。風船に込められた思いに気づいた時、時生が知ったことは・・・。

2014/10/15 09:19

投稿元:ブクログ

引越し先の小規模小学校での物語。不思議な風船を通じて、人(友人)とのつながりの大切さを理解していく少年の話。
フィクションなので現実味から離れているかな、と思っていたが、すんなりと読める内容であった。ただ残念なのは、主人公の「友情の大切さ」を理解していく過程が、少々不明であったことだ。都合よく、収まった、という結末のような気がする。

ファンタジー・SF ランキング

ファンタジー・SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む