サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

還暦からの電脳事始
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/28
  • 出版社: 毎日新聞社
  • サイズ:19cm/187p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-620-32266-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

還暦からの電脳事始

著者 高橋 源一郎 (著)

小学生の我が子らが、いともやすやすとiPadを使いこなしている姿にたまげ、ワープロ出身・親指シフターの小説家は驚くほどあっさり、その軍門に降った―。遂にパンドラの箱を開け...

もっと見る

還暦からの電脳事始

1,404(税込)

還暦からの電脳事始

1,404 (税込)

還暦からの電脳事始

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小学生の我が子らが、いともやすやすとiPadを使いこなしている姿にたまげ、ワープロ出身・親指シフターの小説家は驚くほどあっさり、その軍門に降った―。遂にパンドラの箱を開けてしまった―ガラ携で充分だったはずの「アラ還」作家が思わずハマるデジタル探訪記。【「BOOK」データベースの商品解説】

小学生の我が子らがiPadを使いこなしている姿にたまげ、すぐにiPadを買った、ワープロ出身・親指シフターの「アラ還」小説家が、驚きと発見と、ときどき困惑の日々を綴る。『毎日スポニチTAP−i』連載を加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高橋 源一郎

略歴
〈高橋源一郎〉1951年広島県生まれ。作家。著書に「日本文学盛衰史」「一億三千万人のための小説教室」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/24 14:49

投稿元:ブクログ

団塊世代の電脳生活奮戦記。
還暦になってiPadを始めとするデジタルの世界に引き込まれていく様を、同世代の人にはまるで自分のことのように、赤裸々に綴っていく。
知らないものは知らないと開き直りつつ、チャレンジしていく姿がほほえましい。
作家としても、買った本の1割しか読んでいないといったエピソード等、ユーモラスな文体も好感が持てる。

2015/05/09 19:09

投稿元:ブクログ

高橋源一郎が、iPadやらLINEやらヤフオクやらiTubesやらSkypeやらYouTubeやらTwitterやらkindleやら2チャンネルやらビットコインやらのいわゆるネット系ツールを使ったり調べたりしてエッセイに書き綴ったもの。

『毎日スポニチTAP-i』に連載された軽いエッセイ。内容的には高橋さんでなくても書けるかな。
還暦からの~、というけれど、親指シフターであるようにワープロはかなり早く使っていたということだし、Amigaという往年のゲーム機を買って楽しんでいたりとそんなにローテクな人ではないし、卑下するようなところは実は全然なく、電脳ボケもあまりない。

そもそも高橋さんの連続Tweetは結構考えさせられるものがあった。電子書籍の売上げが『官能小説家』だけ突出してたというのが可笑しかった。みんなネットではちゃんと見てから買おうね。

2014/09/25 15:45

投稿元:ブクログ

高橋源一郎さんのiPadコトハジメ

1951年生まれ、還暦からの電脳事始、 のタイトル

三才年下なのか、、、

自分の歳のことを改めて考えてしまう、

電脳の中心はiPadに向かうのだろうか❓

自分が一番使っているのだが❓

2014/09/06 15:37

投稿元:ブクログ

ドイツではインターネットおたくが中心になって海賊等なる政党があって、最初は泡沫政党扱いされていたのに、若者を中心に支持を集めてすごい勢いで伸長している。

2014/11/05 21:32

投稿元:ブクログ

スマートフォンいじる幼児を見て異様な不安にかられるタイプだが、高橋さんが大丈夫、心強いことだみたくふるまってくれると多少安心しないでもない。一概に触るな!っていう態度もおとなげないよね、うん、これ嫉妬かなきっと!くらいには思える。

2014/10/20 19:45

投稿元:ブクログ

おもしろかった!
この本は、現在の私たちを取り巻くネットを巡る事情を、日常の何気ない一こまからから切り取って見せた、たいへんに読みやすい文化論である。

2014/10/26 12:53

投稿元:ブクログ

親指シフト以外は受け付けなかった還暦越えの著者が6才の息子が直ぐに使えたのを見て、果敢にもiPadを導入しそれを使って綴ったエッセイ、iPadが誰にでも使い易いことが良く分かります。ところで、海外でFAXが受信できなくてどうしようもなかったので、PDFにしたとのエピソードがあるのですが、出版業界も金融業界(ちなみに日本の銀行だけじゃなくアメックスもダメだった)と同じように未だにネット化されていないのでしょうか?

2014/07/18 21:38

投稿元:ブクログ

高橋源一郎さんの連載コラム 第1回を公開(公式サイト) - 毎日スポニチTAP-i
http://www.mainichi.co.jp/tap-i/info/2012/09/post-6.html

2015/04/13 04:39

投稿元:ブクログ

電脳アイテムから取り残され系のおじいさんの果敢な挑戦。iPadを購入しLINEをはじめる。音楽の視聴もCDからiPadへのダウンロードへ。せっかくの60インチのテレビもほとんど見ることなく情報はYouTubeから。小説家として致命的な原稿消失も経験されたという。トラブル&トライを重ねながら一端の電脳人間へと変わっていく様子が手に取るように伝わってくる。ほんわか微笑ましい気持ちに浸れた。

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む