サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 集団的自衛権の何が問題か 解釈改憲批判

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

集団的自衛権の何が問題か 解釈改憲批判
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/17
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:19cm/327p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-025989-7
  • 国内送料無料

紙の本

集団的自衛権の何が問題か 解釈改憲批判

著者 奥平 康弘 (編),山口 二郎 (編),半田 滋 (ほか著)

安倍首相が執着する集団的自衛権の行使容認。立憲主義の破壊など憲法解釈の変更がもたらす深刻な事態について、憲法学者、政治学者、ジャーナリストらが分析。安保法制懇の報告書、総...

もっと見る

集団的自衛権の何が問題か 解釈改憲批判

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

安倍首相が執着する集団的自衛権の行使容認。立憲主義の破壊など憲法解釈の変更がもたらす深刻な事態について、憲法学者、政治学者、ジャーナリストらが分析。安保法制懇の報告書、総理会見等についても批判を加える。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

安倍政治の戦後史的位相 山口二郎 著 3−14
危険な政治的信条の代償として「国民の命と暮らし」が奪われる 半田滋 著 15−32
安倍総理は何を欲しているのか 御厨貴 述 33−49

著者紹介

奥平 康弘

略歴
〈奥平康弘〉1929年生まれ。東京大学名誉教授。憲法学。
〈山口二郎〉1958年生まれ。法政大学教授。政治学。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店那覇店

ただならぬ危機感

ジュンク堂書店那覇店さん

憲法学者を中心とした20人による寄稿や対談で構成された本書は、安倍首相が行った集団的自衛権容認に関する会見内容や、「解釈改憲」「閣議決定」といった話の進め方そのものに危機感を抱いて編纂されたもの。
一連の動きが歴史の転換点といわれる理由がよくわかります。
尖閣諸島を有する沖縄にとって、決して遠い話ではない「周辺事態」ですが、沖縄国際大学教授の前泊博盛氏や、中国の大問題(PHP新書)が注目を集めている元大使の丹羽宇一郎氏もこの本に名を連ねています。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/03/10 22:40

投稿元:ブクログ

マスコミも安倍になびいたようで、こういう本をちゃんと出せるのはいい。
全方位から安倍理論の破綻を丁寧に検証。読み応えがある。

2014/12/15 00:05

投稿元:ブクログ

奥平康弘・山口二郎編『集団的自衛権の何が問題か』岩波書店、読了。本書は20人の識者による集団的自衛権批判の書。「解釈改憲批判」(副題)の通り、その手法と説明の論理的破綻を突く。「解釈変更で既成事実を作り、中身を無意味化し、そのうえで憲法改正を狙う」現政権のあり方を根源的に批判する一冊。

本書は次の3つの角度、1.安倍政権は何をやりたいのか 2.立憲主義の破壊 3.国際環境の変化と集団的自衛権、で検証し、丹羽宇一郎、村上誠一郎、北澤俊美のインタビューを収録、巻末に関連資料を収録する。

「憲法九条の解釈はいくつかの議論がある。その違いを超えて、憲法に基づく政治を守るために、安倍政権による憲法泥棒を許してはならない」(山口)。本書は六月に緊急出版。危機を憂える市民の戦う武器になる一冊。

2014/07/01 20:46

投稿元:ブクログ

「集団的自衛権」閣議決定される
https://www.iwanami.co.jp/keyword/index_csd.html

岩波書店のPR
https://www.iwanami.co.jp/keyword/index_csd.html

日本の政治・行政 ランキング

日本の政治・行政のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む