サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 立花隆の「宇宙教室」 「正しく思考する技術」を磨く

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

立花隆の「宇宙教室」 「正しく思考する技術」を磨く
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/04
  • 出版社: 日本実業出版社
  • サイズ:19cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-534-05200-1
  • 国内送料無料

紙の本

立花隆の「宇宙教室」 「正しく思考する技術」を磨く

著者 立花 隆 (著),岩田 陽子 (著)

立花隆の発案により、東北の小学校で行った意欲的な「宇宙授業」。子ども達はどのように「思考する技術」を身につけたのか。実践的授業の記録をまとめる。太陽系外惑星研究の第一人者...

もっと見る

立花隆の「宇宙教室」 「正しく思考する技術」を磨く

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

立花隆の発案により、東北の小学校で行った意欲的な「宇宙授業」。子ども達はどのように「思考する技術」を身につけたのか。実践的授業の記録をまとめる。太陽系外惑星研究の第一人者・田村元秀らと立花隆との対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

立花 隆

略歴
〈立花隆〉1940年長崎県生まれ。評論家・ジャーナリスト。著書に「宇宙からの帰還」他。
〈岩田陽子〉宇宙航空研究開発機構で人文・社会科学コーディネータとして活動。2013年よりお茶の水女子大学特任准教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/16 06:07

投稿元:ブクログ

【教育】
子供たちに考える方法を学んでもらうという趣旨です。
思っていた内容とは異なりました。。。

2015/03/15 00:35

投稿元:ブクログ

宇宙授業によって子供たちに思考する技術を身につけさせた記録。といいつつ前半は子供たちと関係ない対談だったりして、なんの本だ。

2014/10/28 02:18

投稿元:ブクログ

前半は立花隆と宇宙を専門とする科学者2名との対談。まずは系外惑星の専門家。この分野の探査が急速に進み、生物の存在する惑星の発見ももはや夢ではないことが分かり、興奮させられる。学者も立花隆にお付き合いして、深宇宙への旅などと妄想を膨らませるなど、テンションが高い。

お次は「はやぶさ」のイオンエンジンの責任者にして、次期プロジェクト「はやぶさ2号」のリーダーとの対談。深宇宙への旅など数十年内には無理だといきなり冷や水を浴びせられるが、それでもめげない立花隆。木星よりも向こうへ行くには原子力によるしかない、など大変興味深い話題が続く。物理系と工学系の研究者の違いが何とも面白く、この対談部分だけでも一読の価値はある。

しかし、後半の、「小学生に宇宙について学ばせ、立花隆と議論できるところまで持っていく」という企画は、半年間、小学生の成長を見守ってきた人にとっては感動的な体験だつたのであろうが、外部の人間にとっては、正直言ってあまり面白くなかった。子供にいかに学ばせるか、といった部分についても、あまり得るものがなく、やや期待外れ。

(2014/10/27読了)

2015/04/05 22:41

投稿元:ブクログ

 おもしろい、現在の宇宙科学の最先端を紹介。
ケプラーで系外惑星が沢山発見され、宇宙に生命が存在する可能性が増えてきた。(これは、対談で紹介)これも非常におもしろい、一冊の本となる。
 あわせて、東北の小学校でおこなった「宇宙授業」の記録。
 正しく思考する技術
1.自分を疑う(無知の知、脱盲信)2.あれもこれも(並行思考)3.長期的展望(宇宙的スケール)
4.科学+社会(科学を見る目)

天文・宇宙科学 ランキング

天文・宇宙科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む