サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 弓張ノ月 書き下ろし長編時代小説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

弓張ノ月 書き下ろし長編時代小説(双葉文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/07
  • 出版社: 双葉社
  • レーベル: 双葉文庫
  • サイズ:15cm/328p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-66672-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

弓張ノ月 書き下ろし長編時代小説 (双葉文庫 居眠り磐音江戸双紙)

著者 佐伯 泰英 (著)

天明四年(1784)弥生二十四日未明、麹町の佐野善左衛門邸を見張る霧子は、屋敷内の不穏な気配に胸騒ぎを覚えていた。意を決し邸内に潜入した霧子は、佐野善左衛門が松平定信に借...

もっと見る

弓張ノ月 書き下ろし長編時代小説 (双葉文庫 居眠り磐音江戸双紙)

700(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

天明四年(1784)弥生二十四日未明、麹町の佐野善左衛門邸を見張る霧子は、屋敷内の不穏な気配に胸騒ぎを覚えていた。意を決し邸内に潜入した霧子は、佐野善左衛門が松平定信に借り受けた刀を携え登城することを耳にする。小梅村に舞い戻った霧子から報告を受けた坂崎磐音は、急遽、奏者番速水左近への書状を認め、霧子に託すが…。超人気書き下ろし長編時代小説第四十六弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

佐野善左衛門邸に潜入し、佐野善左衛門が松平定信に借り受けた刀を携え登城することを耳にした霧子は、小梅村に舞い戻る。霧子から報告を受けた坂崎磐音は、急遽、奏者番速水左近への書状を認め、霧子に託すが…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

終焉に向けての1作

2014/07/11 17:44

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しるく - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語も何度目かの転換点か。
大きな事件は起こるも、磐音が直接動くことなく巻が終わったのは初めてかな。
シリーズ終焉に向けて、いろんなエピソードが回収の準備を始めた。
時折説明を挟んで回顧しないと、わけがわからない。
シリーズを通して読んでいなければ、面白くもなんともないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

直心影流の神髄と奈緒の旅立ち

2015/10/20 23:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

田沼親子の対決、しがらみ、心砕く周りの方々
何度読んでも飽きることのない世界、勝手に空想しています
若い弟子2人共に苦労してきたことの報われる日が近くまで来てるなんと幸せなことでしょう。続が楽しみです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

予定された暴発。

2017/01/07 18:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

実際にあった江戸城内での若年寄・田沼意知の暗殺という事件をもとに、存分に想像力を膨らませて人間関係を描いている。
武家も民衆も米の値上がりと田沼政治のありかたにうんざりしていたために、ただ家の恨みという私怨で動いた佐野善左衛門の暴発を防がず世直し大明神とあがめる。
その影で動く弥助の覚悟が悲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/31 10:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/03 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/01 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/15 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/06 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/26 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/12 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/17 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/25 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/08 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/07 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/17 11:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

双葉文庫 ランキング

双葉文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む