サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

駅のふしぎな伝言板
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2014/07/09
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:19cm/258p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-19-863832-0
  • 国内送料無料

紙の本

駅のふしぎな伝言板 (ものだま探偵団)

著者 ほしお さなえ (作),くまおり 純 (絵)

五年生の七子が越してきた坂木町は、「ものだま」(ものにやどった魂)の声が聞こえるふしぎな場所。「ものだま探偵」を名乗るクラスメイト・鳥羽と出会い、七子はなぜか探偵助手に。...

もっと見る

駅のふしぎな伝言板 (ものだま探偵団)

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

五年生の七子が越してきた坂木町は、「ものだま」(ものにやどった魂)の声が聞こえるふしぎな場所。「ものだま探偵」を名乗るクラスメイト・鳥羽と出会い、七子はなぜか探偵助手に。ふだんはしずかなものだま。でも「荒ぶる」と、まわりでヘンなことが起こる。それを解決するのが「ものだま探偵」の仕事らしい。五月の連休明け、坂木駅で、行き先がわからなくなる人、待ち合わせを忘れる人が続出!これは、ものだまのしわざ?見習いとしてはじめて事件に挑む七子。どうやら、あやしいのは、改札の横の伝言板…。大好評シリーズ第二弾。小学校中・高学年~。【「BOOK」データベースの商品解説】

七子のクラスメイトの鳥羽は「ものだま」が引き起こす事件を解決する「ものだま探偵」。最近坂木駅で、自分がどこに行くのか忘れる人が続出。ものだまのしわざだ、と2人は捜査を開始するが…。シリーズ第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

ものにやどった魂=「ものだま」の声が聞こえる坂木町に引っ越してきた五年生の七子。クラスメイトの鳥羽は、ものだまが引き起こす事件を解決する「ものだま探偵」、七子も助手を勤めることになった。最近、坂木駅で、自分がどこに行こうとしているのかを忘れる人が続出、きっとものだまの仕業だ、と二人は捜査を開始する。どうやら、意味不明のカタカナが書いてある改札の横の伝言板があやしい…。鳥羽は、暗号かもしれないと、解読にとりかかり…?【商品解説】

著者紹介

ほしお さなえ

略歴
〈ほしおさなえ〉1964年東京生まれ。児童書出版社、大学植物学研究室勤務を経て、作家。フェリス女学院大学文学部非常勤講師。著書に「ヘビイチゴ・サナトリウム」「お父さんのバイオリン」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/04/23 21:09

投稿元:ブクログ

 付喪神と違って100年経たなくてもものに宿る魂「ものだま」、その声が聞こえる七子ちゃんは、同じくものだまが聞こえるものだま探偵の鳥羽の助手。
 2人が住む坂木町の駅で、行き先や待ち合わせを忘れる人が続出し、ものだまが原因らしいと調査を始める。

------------------------------------------------------------------

 犯人はタイトルどおりなんで推理するまでもないんだけど、動機というか原因が、私が想像してたのとは違ったー。
 てか、ものだまは、消えるときに人を恨んだりしない設定なんだね。

 あと、律くん。
 ものだま探偵をしてる鳥羽にやたらと突っ掛って来るんだけど、鳥羽たちが増田くんの後を付けてることも知ってるし、伝言板を調べてることもこっそり聞きつけてて、何かストーカーみたいで怖い。
 鳥羽は、彼とルークの性格が悪いことに腹を立ててるけど、そうじゃないよ、狙われてるよ、小学生ストーカーに! て思っちゃう。
 これから彼の存在意義が出て来るんだろうか。

2015/07/16 16:03

投稿元:ブクログ

僕が子どものころに読んだ物語だと、『ズッコケ三人組』だとか、子供向けの落語の本だとかでしたが、そのころに夢中になった記憶が甦るような読書になりました。児童書だから子どもだましと思ってはいけない。稚拙なんじゃないかとか勘ぐっていけない。立派に構築されて、細かいところは勉強して記述されている、ちゃんとした児童「小説」でしたよ。良質な読書経験が得られる種類の本です。ものに魂があるっていう設定、考え方っていいなあと思うのです。独自に魂が生まれるっていうのがこの本の考えですけれども、もらったものに贈り主の魂ではなくても、気持ちやら精神性やらがやどっているっていうマルセル・モースが『贈与論』などで語った考え方に、僕はなにかしら現代社会の行き詰まりを打破するものがあるのではないかと考えているので、そういったイメージを近いところで共有できるような想像力がこの本を読むことでも養えるだろうなと思いました。

2015/01/19 22:41

投稿元:ブクログ

なかなか会えないから、直接言葉て伝えるのが難しいから、伝言板に文字で書く。人が人を思う気持ち、その気持ちを伝えようとする伝言板の気持ちが愛おしい。

2014/11/04 19:32

投稿元:ブクログ

・何をするのか、どこに行くのか忘れるのはものだまのせい…
・ものだまがしゃべれるなんて…
・‟ものだま”ってお化けみたいなものかなぁ…

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む