サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. マンガでやさしくわかるアドラー心理学 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

マンガでやさしくわかるアドラー心理学 1
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 55件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

マンガでやさしくわかるアドラー心理学 1

著者 岩井 俊憲 (著),星井 博文 (シナリオ制作),深森 あき (作画)

洋菓子チェーンのエリアマネジャーに抜擢された由香里の前に、アドラーの幽霊が! 自己啓発の祖、アルフレッド・アドラーの理論をやさしく解説する。ストーリーのあるマンガを交えて...

もっと見る

マンガでやさしくわかるアドラー心理学 1

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

マンガでやさしくわかるアドラー心理学

1,296(税込)

マンガでやさしくわかるアドラー心理学

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

洋菓子チェーンのエリアマネジャーに抜擢された由香里の前に、アドラーの幽霊が! 自己啓発の祖、アルフレッド・アドラーの理論をやさしく解説する。ストーリーのあるマンガを交えて、アドラー心理学の全体像がつかめる一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岩井 俊憲

略歴
〈岩井俊憲〉1947年栃木県生まれ。早稲田大学卒業。有限会社ヒューマン・ギルドを設立。代表取締役に就任。著書に「アドラー心理学によるカウンセリング・マインドの育て方」「勇気づけの心理学」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー55件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

なんとも言えない気持ちに向き合えました

2015/12/15 15:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りらくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

ものすごく丁寧にわかりやすく書かれていて、一気に読むことが出来ました。心理学の本をまた探してみたくなりました。就職活動をする前の大学生の息子にも勧めたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

刺さった

2014/09/22 13:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Linessa - この投稿者のレビュー一覧を見る

鏡のように言われたことを考えもせずそのままブチ切れてケンカ腰に
言葉を返していた自分に
なんと難しい技を突き付けてくるのか!と

読んで始めは凹んで
そのあとじわじわと
「実践してみよう」と思えました。
ちょうど発達心理学を勉強している最中だったので
理解するのは早かったと思います。
実行できるようになるには
まだまだ時間がかかりそうですが。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/18 09:55

投稿元:ブクログ

あやしげな出版元~アドラー心理学は,人間は,環境や過去のできごとの犠牲者ではなく自らの運命を創造する力がある(自己決定性)。過去の原因ではなく,未来の目標を見据えている人間の行動には,その人特有の意思を伴う目的がある(目的論)。人は心の中が矛盾対立する生き物ではなく,一人ひとりかけがえのない,分割不可能な存在である(全体論)。人間は,自分流の主観的な意味づけを通して物事を把握する(認知論)。人間のあらゆる行動は相手役が存在する対人関係である(対人関係論)。ライフスタイル・ライフタスクなど。勇気づけは困難を克服する活力をあたえるものであり,共同体感覚は,精神的な健康のバロメーターで,共同体の中での所属感・共感・信頼感・貢献感の確かさを求めて行動するのである~著者は1947年生まれで早稲田卒,商社から転身してヒューマンギルドという会社を立ち上げた。言ってることは間違いないが,胡散臭いなぁ

2016/05/24 19:31

投稿元:ブクログ

ダメ出しにかわるヨイ出しをする。
劣等感があるから頑張れる。劣等感のお陰様。

ほんの少し、行動をかえるだけで全てがうまくまわるのだなぁ。
アドラー心理学すごいな。

2016/03/20 16:53

投稿元:ブクログ

主人公にアドラーの幽霊がくっついて
エッセンスを教えてくれる。
マンガと解説ページ。

まずは自分や他者にプラスの言葉をはっきり使うこと!

2014/09/28 12:12

投稿元:ブクログ

アドラー心理学の概略と有用性について、マンガによるストーリーと解説文(本文)で理解しやすい。
実践を意識して書かれているためか、目的論アプローチの有効性など使いやすいと感じたが、共同体感覚と勇気づけのところは説明に一般的な広がりが感じられなかった。
「断言」「断想」「断行」(すでに実現したかのように、きっぱりと、自他にプラスな「言葉・イメージ・行動」を使うこと)による自分自身の勇気づけ、相互信頼の関係づくりなど、意識して心がけてみたい。
14-146

2015/04/11 15:30

投稿元:ブクログ

借りたもの。
アドラー心理学を知る入り口として、凄くよく解る。
マンガのストーリーに照らしあわせ、アドラー心理学が問題をどの様にとらえ、どの様に克服するかアドバイスする、物語を読むと擬似的なカウンセリングになる仕立てだろうか(物語のオチはどうでもいいが)。
読み物部分も簡潔で読みやすい。

過去志向に囚われている……この言葉は耳が痛い。
それを克服するために、過去の犠牲者から自分の運命を創造し、未来の目標を見据え行動する。
そのための要素として、自分自身を見つめ直して硬直化したパターンを割り出す事、自分の色眼鏡(主観)を外すことが挙げられている。

他人に求めるのではなく、自分を変えることで相手から頂けるということか。
そうすることで、少しずつ自分を変えて、世界の見方を変えていける。読んでいると確かに勇気づけられる。

この本は実践するためのハウツー本ではない訳だが。
そのための取っ掛かりになる。

2014/09/11 08:06

投稿元:ブクログ

本屋でちらみ。
マンガだからすぐ読み終わりそう、
と思ったが、解説もじっくり読みたくなる。
以前アドラー読んで
目からウロコだったの思い出す。
じっくり勉強したい分野

2015/04/02 22:01

投稿元:ブクログ

自分のコントロール方法として、なかなか興味ふかい内容だった。
怒りは1次感情、その根底にある2次感情が大事だと

2015/06/03 13:07

投稿元:ブクログ

他のアドラー心理学の本と比較したわけではないけど、マンガのおかげか分かりやすく書かれている。

重要なキーワードとしては
ライフスタイル(普段のライフスタイルとはちょっと意味が違う)
共通感覚
劣等感
勇気づけ
のあたりかと思う。

ストーリも、起承転結があって、それなりに面白かったので良かった。

2014/07/14 21:32

投稿元:ブクログ

アドラー心理学をマンガで解説している本。
深くは理解出来ませんが、全体感は掴めると思います。
自分は復習の意味で読んだので、
マンガを普通に楽しんだ感が強かったです。

相手を認める、信頼する、尊敬するといった
共感に必要な行動を実践することが出来るのか?
といったのが今後の自分の課題ですね。

特に接しても接しても後ろ向きの人の場合、
どうやって接すればよいか段々分からなくなりますね。

【勉強になったこと】
・勇気づけと褒めることの違い
 勇気づけ:
 「困難を克服する力を与えること」であり、
 相互尊敬・相互信頼に基づく共感的な態度が必要
 褒める:
 「良い・悪い」の評価的な態度から入る行為。

・怒りの感情は「二次感情」
 怒りの裏にある「一次感情」に目を向け、
 何故怒っているのかを一端考える癖をつけること

・良い人間関係を築くには、
 尊敬、信頼、協力、共感が重要。

・劣等感を持つ=目標(なりたい自分)があること
 と考えれば、劣等感を抱くこと自体は悪いことではない。
 それよりも劣等感を持って「どうせ〜」と考えることが
 問題。

・他者を勇気づける方法
 ①ヨイ出し
 ②加点主義
 ③プロセス重視
 ④失敗を受け入れる
 ⑤感謝を伝える

2015/08/05 23:31

投稿元:ブクログ

漫画をもちいてアドラー心理学の全体像を把握でき、非常に読みやすい。
まずは軽い気持ちでアドラーを知りたい人にはおすすめ。

以下、メモ

p.51 人間の行動には原因がある、この原因が除去されない限り、問題が解決しない、これが原因論。
目的論は、「人間の行動には目的がある」自分では気づいていないけれどもの目的に向かってより近づけようと努力する。
相手にも目的をはっきりさせて「勇気づけ」をさせる。
勇気づけとは、困難を克服する活力を与えること。

p.73「原因を探ることは、解説にはなるけれど解決に結びつかない」★
目的論は、未来志向、個人主体、当事者意識、勇気づけ

p.95 「怒り」は二次感情。
   本当の感情は二次感情の下にある一次感情。
  傷つき、寂しさ、悲しみ、心配、落胆など


p.124
勇気を発揮する4つのポイント
1.尊敬・信頼に基づく人間関係をベースとする
2.パーソナリティの違いを認める
3.短所は長所に置き換える
4.時に、直面化(コンフロンテーション)する

p.127
アドラーの「子供の教育」という本で
「勇気があり、忍耐強く、自信を持ち、失敗は決して勇気をくじくものではない、新しい課題として取り組むべきものであると考えるように教育する方がずっと重要である」

p.166
共感能力が高いアドラーは、子供がおもちゃをちらかしたとき、
「上手におもちゃを広げたね。同じように上手におもちゃを集められるかな?」といい、自身の問題解決力を引き出した。


p.215
アドラー心理学の研究所でジョセフ・パルグリーの博士は
 「断言」「断想」「断行」の3つをつなげ
 セルフモチベーションを持ち自分自信を勇気づけるために次の文章を日に何度も唱えることをすすめています。

・私はユニークで、有能な人間だ。生活上の行動について自分で決断できる
・私には個人的な特性(技能・能力・強み)やその他ポジティブな側面があり、あらゆる生活環境の中でそれらを使うことができる
・私は、ポジティブな特性を認識でき、それらに焦点を当てることができる
・私は、人生の困難を直視し、それらを乗り越えられる課題(チャレンジ)だとみなす
・私は、過ち、間違い、失敗を学びと成長を得る可能性だと受け止める
・私は、達成と完璧よりも努力と前進に焦点をあてる
・この世界の中で、わあつぃの人生には目的と意味がある
・私は、自分や他人が見たり思ったりする以上の人間だ
・私は、「自分が本当になりたい人」のようにふるまっている。

2014/07/29 17:24

投稿元:ブクログ

入門書!サイコーo(≧▽≦)o
あっさり読んじゃいました!

【A書評】
まず1週間、自分の行動を観察してみる!

2014/08/25 16:21

投稿元:ブクログ

漫画なのでさらっと読み進められ、かつキーワードやポイントの説明があるので、理解が深められて助かります。
人に説明したり勧めたりしたい時にも、漫画だと分かりやすくて助かりますね。

2015/04/13 18:00

投稿元:ブクログ

本棚に置いたら結構お子らが読んでて、なんというか中高生の時代にこれを読んでおくのは音苦難じゃないかと思いました。大学生以降が読んでいる印象があるのだけど、それは処方箋なんであってすでに遅いという気がしなくもないので。

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む