サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. カレンダー・ラブ・ストーリー 読むと恋したくなる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

カレンダー・ラブ・ストーリー 読むと恋したくなる(星海社文庫)
カレンダー・ラブ・ストーリー 読むと恋したくなる(星海社文庫) カレンダー・ラブ・ストーリー 読むと恋したくなる(星海社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/11
  • 出版社: 星海社
  • レーベル: 星海社文庫
  • サイズ:15cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-138972-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

カレンダー・ラブ・ストーリー 読むと恋したくなる (星海社文庫)

著者 星海社編集部 (編),ミタ ヒツヒト (ほか著)

いつまでも、まごころを君に「ホワイトデー」。夜空を飾る星々に心奪われるふたりの「七夕」。この想い、確率論でも証明できない「くじの日」。遠い記憶を手がかりに、愛しい君との再...

もっと見る

カレンダー・ラブ・ストーリー 読むと恋したくなる (星海社文庫)

734(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いつまでも、まごころを君に「ホワイトデー」。夜空を飾る星々に心奪われるふたりの「七夕」。この想い、確率論でも証明できない「くじの日」。遠い記憶を手がかりに、愛しい君との再会を誓った「十五夜」。結婚に恋したふたりの、指先からはじまる「いい夫婦の日」。5人の作家が“記念日”をテーマに紡いだ、とっておきの恋物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

いつまでも、まごころを君に「ホワイトデー」、夜空を飾る星々に心奪われるふたりの「七夕」、遠い記憶を手がかりに、愛しい君との再会を誓った「十五夜」…。5人の作家が“記念日”をテーマに紡いだ、とっておきの恋物語。【「TRC MARC」の商品解説】

読めばきっと、恋したくなる。
いつまでも、まごころを君に「ホワイトデー」。
夜空を飾る星々に心奪われるふたりの「七夕」。
この想い、確率論でも証明できない「くじの日」。
遠い記憶を手がかりに、愛しい君との再会を誓った「十五夜」。
結婚に恋したふたりの、指先からはじまる「いい夫婦の日」。
ミタヒツヒト、佐藤友哉、支倉凍砂、犬村小六、紅玉いづき――5人の作家が“記念日”をテーマに紡いだ、とっておきの恋物語。【商品解説】

収録作品一覧

森川空のルール ミタヒツヒト 著 7−59
星の海にむけての夜想曲 佐藤友哉 著 61−104
キタイのアタイ 支倉凍砂 著 105−124

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/11/24 16:35

投稿元:ブクログ

七夕や中秋の名月やホワイトデーなど、記念日にまつわる話を集めたアンソロジー。
星海社文庫さんは装丁が可愛らしくてすごくいいです!

・森川空のルール 番外編/ミタヒツヒト
主人公の前から姿を消した少女・森川。彼女の影を追いつつも、主人公はクラスメイトの早坂遥と親しくなる。
早坂遥は魅力的な少女だが、やはり主人公は森川に惹かれている。主人公は遥に恋愛関係ではなく友達として、ホワイトデーの贈り物をする。

・星の海にむけての夜想曲/佐藤友哉
全然内容知らないで読んだら先生と生徒の話で、こういうのが好きな私は大興奮でした。
花に空を覆われ、空を知らない人間たち。星を見たらもうそれで、心が満たされてしまう。
かなり切ない、SFチックな話でよかったです。

・キタイのアタイ/支倉凍砂
クールな理系女子東堂のツンデレが可愛かった。

・月のかわいい一側面/犬村小六
竹取物語の設定を上手く生かした、輪廻転生スペクタクルロマン!
話は現代だしヒロインも現代っ子だけど、最後がなんか宗教的な念をも抱かせる引き方で圧巻でした。

・青春離婚/紅玉いづき
同じクラスで、苗字がカブってしまった主人公の郁美と灯馬。しかもかなりレアな苗字だったので、クラスメイトから「夫婦」と呼ばれるようになる。
クラスで浮かないように、夫婦とからかわれても何でもないふりをしようと決めた二人だが、灯馬のアプリ作成を郁美が手伝うことになり、急速に親しくなる。
灯馬に惹かれる一方で想いをつたえられない郁美。灯馬のアプリは完成して生徒たちの間に広がったが、規模が大きすぎてもはや「ふたりだけのもの」にしておくことができなくなった。
そして同じタイミングで郁美の両親が離婚することになり、共有していた「珍しい苗字」も手放すことになる。
「ふたりだけ」の世界が壊れたと悲しむ郁美は、灯馬に「離婚しよう」という。
しかしそれは別れの意味ではなく、再出発を決めた言葉だった。

2014/06/26 10:40

投稿元:ブクログ

読めばきっと、恋したくなる。
いつまでも、まごころを君に「ホワイトデー」。
夜空を飾る星々に心奪われるふたりの「七夕」。
この想い、確率論でも証明できない「くじの日」。
遠い記憶を手がかりに、愛しい君との再会を誓った「十五夜」。
結婚に恋したふたりの、指先からはじまる「いい夫婦の日」。
5人の作家が“記念日”をテーマに紡いだ、とっておきの恋物語。

2014/06/26 19:17

投稿元:ブクログ

記念日に想いを託すのは、お洒落かも。。。

星海社のPR
http://www.seikaisha.co.jp/information/2014/06/26-post-221.html