サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 二つの顔をもつ魚サクラマス 川に残る‘山女魚’か海に降る’鱒’か。その謎にせまる!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

二つの顔をもつ魚サクラマス 川に残る‘山女魚’か海に降る’鱒’か。その謎にせまる!
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/20
  • 出版社: 成山堂書店
  • サイズ:19cm/186p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-425-85421-9
  • 国内送料無料

紙の本

二つの顔をもつ魚サクラマス 川に残る‘山女魚’か海に降る’鱒’か。その謎にせまる! (ベルソーブックス)

著者 木曾 克裕 (著),日本水産学会 (監修)

山女魚と鱒は、サクラマスという同一の種。サクラマスの特徴的な分布域である三陸地方南部にスポットを当て、サクラマスの生き方の多様性を解説。フィールドワークで得た情報に基づき...

もっと見る

二つの顔をもつ魚サクラマス 川に残る‘山女魚’か海に降る’鱒’か。その謎にせまる! (ベルソーブックス)

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

山女魚と鱒は、サクラマスという同一の種。サクラマスの特徴的な分布域である三陸地方南部にスポットを当て、サクラマスの生き方の多様性を解説。フィールドワークで得た情報に基づき、種の持つ本質を浮かび上がらせる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

木曾 克裕

略歴
〈木曾克裕〉1949年神奈川県生まれ。長崎大学水産学部水産増殖学科卒業。独立行政法人水産総合研究センターフェロー。農学博士(東京大学)。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

一部が一生淡水、一部が海に降り、産卵に戻ってくるのはなぜなのか。

2015/03/20 21:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

サクラマスは河川の上流で産卵・孵化し、海に降るものと河川に残るものに分かれる。そして河川に残るものが山女魚と呼ばれる。本書はどのように残留型と海降型に分かれていくのかなどの調査結果を述べたものである。

 一生のうちに姿かたちや生息環境を大きく変える生き物は、全体像を捕まえるのが難しい。身近にある生き物の場合には、それぞれの形や場所で別々の呼び名をもらっていることも多い。現地の人が同じものを違う名前で呼んでいたりして、調査する人も大変だったであろう。

 同じサケ科で日本近海にくるものだけを比較しても、一生淡水で生活するものから、その逆にほとんどを海で過ごし産卵にだけ河川に戻るものまで広範である。そのような中、サクラマスは「一部が一生淡水、一部が海に降る」という形態をとっているのはどういうことか。進化の問題や生態的なすみわけの問題など、さまざまなことに関わる答えを教えてくれそうな魚として、サクラマスはとても面白い位置の生きものではないだろうか。
 本書での降海型の調査は主に三陸沿岸である。記載されているデータは1980年代からのものが多い。あの、2011年直前はどうだったのか、以降はどうなったのだろうか。本書の出版が2014年であるので、そのあたりの調査結果を載せることは難しかったかもしれないが、ぜひ報告をまた読ませてもらいたい。津波による沿岸変化は悲しい結果が多いのだけれども、その経験をできるだけ今後に活かせるよう、地道に調査を続けていただきたいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する