サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. 粒子法入門 流体シミュレーションの基礎から並列計算と可視化まで

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

粒子法入門 流体シミュレーションの基礎から並列計算と可視化まで
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/20
  • 出版社: 丸善出版
  • サイズ:21cm/220p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-621-08834-0
  • 国内送料無料

紙の本

粒子法入門 流体シミュレーションの基礎から並列計算と可視化まで

著者 越塚 誠一 (著),柴田 和也 (著),室谷 浩平 (著)

粒子法を基礎理論から丁寧に解説。実際にソースコードを用いて粒子法シミュレーションを体感することで理解を深める。表面張力等の現象の解析手法も紹介する。サンプルソースコードの...

もっと見る

粒子法入門 流体シミュレーションの基礎から並列計算と可視化まで

5,184(税込)

ポイント :48pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

粒子法を基礎理論から丁寧に解説。実際にソースコードを用いて粒子法シミュレーションを体感することで理解を深める。表面張力等の現象の解析手法も紹介する。サンプルソースコードのダウンロードサービスあり。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

越塚 誠一

略歴
〈越塚誠一〉東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻教授。博士(工学)。専門分野は粒子法など。
〈柴田和也〉東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻講師。博士(工学)。専門分野は粒子法など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/03 23:41

投稿元:ブクログ

同じ越塚先生(ら)著の計算力学レクチャーシリーズの『粒子法』に引き続き、粒子法(MPS法)の日本語の本2冊めです(『粒子法シミュレーション』はどちらかというとCG向けなので数に入れてません)。

内容を一言でまとめると「大学院M1の学生向けの講義資料集をまとめたもの」に近いと思います。もう少し具体的に言うと、「知識・能力は学部レベルの初歩的な内容は一応は頭に入っているはずの人が、いきなりMPS法のプログラムを書けと言われた場合に、少しずつ理解しながら作っていくのに参考になる本」です。

200ページ弱あるうちの、1/3がMPS法(と計算シミュレーション)の理論が書かれており、具体的に数値を当てはめながら、丁寧に式誘導も書かれています。
(ここまでやるなら演習問題があってもよかったのではないかなと思いました)
あと100ページ(本書の半分)は応用(マルチフィジックス・並列化・可視化)ですが、応用を紹介するには100ページは短すぎて少し物足りません。
適用例の紹介が残りの1/6ぐらいありますが、「へーこんなのあるんだ」で終わってしまうので、おまけと思います。

説明が丁寧な以外には、個人的な観点から良かったと思う点は、
・「粒子法」と「粒(ビーズ)の動き」の違いの説明が分かりやすかった
・乱流についてももう少し掘り下げた説明がある
ところです。

ただ一方で、現在の粒子法(MPS法)の状況を網羅しているとは言いがたいです。
つまり、意図的に紹介・内容に取り入れていない研究等があり、政治的な何かを感じざるを得られませんでした。
仕方ないこととは思うのですが、がっかりしたのが正直なところです。
本書で紹介されている標準MPS法のままでは実用に耐えないのは既知の事実ですので、本書の内容だけで「粒子法(MPS法)つかえねー」と判断される方が増えないことを祈るばかりです。

あと細かいところだと、GPGPU(CUDA)は、今はもはやカーネルをがりがり書くって時代でもないので、ちょっと内容が古いかなと思いました。
GPGPUの世界は1年前は江戸時代みたいなものなので、これも仕方ないことなのですが・・・。

というわけですが、説明や式誘導がとても丁寧で、前出の『計算力学レクチャーシリーズ 粒子法』の内容をさらに分かりやすくしたものになっていますので、これから人に勧めるならこちらを勧めると思います。
ただし、これが粒子法(MPS法)のすべてではないので、あくまできっかけとして使うだけで、実用に向けて進むにはまだまだ知るべき内容があります。

そんな意味では少し不完全燃焼気味なので、☆4の評価としました。

2015/12/18 09:19

投稿元:ブクログ

ナビエストークスの式と連続の式からポアソン方程式の解き方まで、初心者にもわかりやすい物理的説明で粒子法の理解が深まる良本です。

工業基礎学 ランキング

工業基礎学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む