サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

おんなのしろいあし
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 一般
  • 発売日:2014/08/11
  • 出版社: 岩崎書店
  • サイズ:29cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:小学生 一般
  • ISBN:978-4-265-07957-5
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

おんなのしろいあし (怪談えほん)

著者 岩井 志麻子 (作),寺門 孝之 (絵),東 雅夫 (編)

みんながこわがるふるいそうこにぼくはひとりではいった。するとそこには…。岩井志麻子と寺門孝之が導く妖しく美しい世界。【「BOOK」データベースの商品解説】ぼくは強い男だか...

もっと見る

おんなのしろいあし (怪談えほん)

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

みんながこわがるふるいそうこにぼくはひとりではいった。するとそこには…。岩井志麻子と寺門孝之が導く妖しく美しい世界。【「BOOK」データベースの商品解説】

ぼくは強い男だから、オバケもこわくないんだ。みんながこわがる古い倉庫に、ぼくはひとりで入っていった。すると、そこには女の白いあしが…。岩井志麻子と寺門孝之が描く、妖しく美しい世界。【「TRC MARC」の商品解説】

岩井志麻子と寺門孝之が導く、妖しく美しい世界。

ぼくはオバケなんかこわくない。ともだちみんながこわがるふるいそうこに、ぼくはひとりではいった。するとそこには…。【商品解説】

著者紹介

岩井 志麻子

略歴
〈岩井志麻子〉1964年岡山県生まれ。「チャイ・コイ」で婦人公論文芸賞、「自由戀愛」で島清恋愛文学賞を受賞。
〈寺門孝之〉1961年愛知県生まれ。画家。神戸芸術工科大学教授。作品に「桃太郎」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

なし

2016/03/31 23:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

おんなのしろいあしがぺたぺたと足音を立ててついてくる。恐怖にかられた少年が夢中になって逃げるページを開いたときには少しドキッとした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しろいあし

2016/06/03 06:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

ぼんやりしたイアラストの中に幽霊とか怖いものを自然に想像させるのでイラスト効果は大きい絵本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/29 23:11

投稿元:ブクログ

 出る場所に入ってしまった男の子の恐怖体験を描いた怪談えほん。

 岩井志麻子らしい、恐怖と共に艶かしさもある、色っぽい作品に仕上がっています。男の子にこの本を読み聞かせたら、恐怖と共に、女性の足にちょっとした性的欲求を抱いてしまうかも。

 怪談を嗜んだことがある人なら、心霊スポットに行く怖さや無謀さは解るでしょうが、怪談を知らない子供、特に男の子は、勇気があること、強いことを示すために、どうしてもこういうことをしてしまいがちです。

 だから、この絵本を子供に読み聞かせたら、最後に一言、こう言ってみましょう。

「だから こういうところには さそわれても いってはいけないよ?

 ――ついてくるかも しれないから」

2014/08/14 11:52

投稿元:ブクログ

怪談えほん。
ぱっと読むと、あまりなんの変哲もないように思える話。たいして怖くもなんだけど。……う、さすがは岩井志麻子さん。「しろいあし」の印象が鮮烈で、単なるお化けへの恐怖よりも魅入られることへの恐怖が感じられました。

2014/12/11 15:42

投稿元:ブクログ

怪談絵本シリーズ第7弾。


実体験するとしたら怖いだろうけど怪談話としては王道。
単純に怖いと言うよりも、なんだかエロチシズムを感じてしまう。

2016/02/11 22:14

投稿元:ブクログ

≪県立図書館≫

白い足がついてまわるのが、子供たちは不気味に感じたようだった。
絵も、幽霊やおばけの空気をまとっていて、怖い。

2015/09/12 16:52

投稿元:ブクログ

だから絵が怖いって!!!
これから少年はずっと女の白い脚に追いかけられ続けていくのかな………こわいね……こわいね

2015/03/20 08:07

投稿元:ブクログ

怪談えほんシリーズ第2弾の中の1冊。雨の日の出来事を水彩画で描き、暗く湿っぽい空気感がただよう。怖さだけでなく、その裏になまめかしさもあるような・・・。

2014/08/31 13:13

投稿元:ブクログ

お化けスポットに行ったら、
おんなの白い足がついてきちゃった小学生の話。

怖いだけじゃなくて色っぽいのが岩井さんらしい(笑)

それにしても、やっぱりこの怪談えほんシリーズは、
大人が好むシリーズだなー

2014/09/01 08:27

投稿元:ブクログ

怪談えほんの怖さは異常。しかし、その怖さがクセになる。大人でもビビるのだから子供はもっと怖いのかなといらぬ心配をしてみたり。結構、リアルだなと思う。

2014/09/15 14:07

投稿元:ブクログ

もしかして、気にいられた?
憑りつかれたというよりは、気に入られたような感じがします。


凄いタイトルだなと思ったら岩井志麻子さんだった。何となく納得。
なまめかしい。

絵本 ランキング

絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む