サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 1日3食をやめなさい!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

1日3食をやめなさい!
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/24
  • 出版社: あさ出版
  • サイズ:19cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86063-690-6
  • 国内送料無料

紙の本

1日3食をやめなさい!

著者 内海 聡 (著)

「1日3食」が、じつは老化を促進し、さまざまな病気を引き起こしている! 粗食と質の良い食事をおいしく食べることを説き、断食、食材の選び方や調理法について紹介する。【「TR...

もっと見る

1日3食をやめなさい!

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「1日3食」が、じつは老化を促進し、さまざまな病気を引き起こしている! 粗食と質の良い食事をおいしく食べることを説き、断食、食材の選び方や調理法について紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

内海 聡

略歴
〈内海聡〉1974年兵庫県生まれ。筑波大学医学専門学群卒業。牛久東洋医学クリニックを開業。断薬を主軸としたTokyo DD Clinic院長、NPO法人薬害研究センター理事長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

とても面白かった

2015/10/21 10:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おきょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても面白かったです。
難しくなく分かりやすく、すぐ読んでしまいました。
読みながら、早く実践してみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/06 13:22

投稿元:ブクログ

様々な健康法があるなかで何を食べるのではなく、「何を食べないか」が大事。食べるとしたらどんな割合がベターか。
少食断食の効用や添加物や化学肥料の害を説いている。

筆者は糖質のとり過ぎは良くないといいつつも菜食主義者ではないし、肉も食べている。
まえがきで「動物を殺すのがダメで、植物を採取(殺す)のはよい」などという法は、自然界には存在しない。との考えはまさに同意見だった。

2015/07/01 17:50

投稿元:ブクログ

接骨院の待合室にあった本。
接骨院の先生は、去年の12月から1日1食を実行しているらしい…。
以前、自然食にハマったが…
自然食を追及していくと、一日一食になるのかな~と思いましたが…
本当に一日一食を実行している人を初めて見た!

2015/05/19 20:51

投稿元:ブクログ

 著者は、「一日三食」は“食べ過ぎ”で、じつは老化を促進し、さまざまな病気を引き起こしていると指摘します。
 一日の食事を減らすだけで、老化のほか、生活習慣病(糖尿病、脳卒中、心臓病、脂質異常症、高血圧、肥満)、アレルギー、膠原病、ガンなどを防ぐことができます。
「一日三食をやめる」ことで、健康で長生きできるということ。

 詳細なレビューはこちらです↓
http://maemuki-blog.com/?p=6062

2014/11/13 00:32

投稿元:ブクログ

医療界というか患者の権威主義におかされて
何も考えない・・・考えさせない教育のせいか・・・
本物を見極める力のないことに嘆く・・・

2014/12/03 23:27

投稿元:ブクログ

食べているにも関わらず
なぜ自分が低血糖なのか仕組みが分かった。

身体にいいものだけを取り入れては
いきたいが、ハードルが高いのも事実。

ネット上アンチの人もたくさんいるよう…
主張は分かるが、根拠がないからだろう。

まぁ自分で実験してみるしかないか。
お正月休みに朝食でも抜いてみようかな。

2017/03/14 15:44

投稿元:ブクログ

感動した。
栄養学とか断食関係の本でここまで心揺さぶられたのは初めてかもしれない。
「なにか」に癒着することもない本物の人間の魅力が内包されている著者だと思った。
沢山勉強してるのも分かるし、凄く中身もしっかりしているので凄くお勧めな一冊。

評価5以上。

「無理に朝食は食べる必要はない」
朝起きると食欲がないというのはよく聞くが、食欲がないなら無理に食べない方がいい。朝は排泄の時間と言われていて無理に詰め込むことになるから。
食べてから押し出すのではなく、出してから入れるのが重要。
常に胃の中に物があるというのは胃腸が休まらないし、疲れや病気の元。


「必要な栄養素を生み出す腸内細菌がいる」
自分が必要だと思っていた栄養素は本当に必要なのか。それは本当にその量で合っているのか。
腸内細菌は身体に必要な栄養素を作り出す機能があるので、もしかしたら自分が食べているその食べ物の量は間違っているのかもしれない。
食べ過ぎると腸内環境は乱れ、機能を発揮出来なくなる。
一度食べている「量」を見直してみる必要があると思う。


「1日に食べている食品添加物は80種類以上」
特に気にしていない人の摂取してる1日の食品添加物の種類はこんなものだそう。
食品添加物は1種類だけの実験結果での安全性は確立されていると言われているが、それは1種類だけの安全性。
数種類の組み合わせによる安全性は未知。
というか組み合わせによって発ガン性物質が出現した例はある。
これをどう考えるかは自分次第。


健康になると医療費は削減されるので医療費がかからなくなり


「塩分の摂取量より選び方」
塩のパッケージに塩化ナトリウムと書いてあったらそれは不自然に精製された偽物の塩。
本物の塩であれば「海水」としか書いていない筈。
人間の血液は海水と似ていて、「本物の塩」は血液の殺菌にもなるし高血圧は招かないのでそちらを選びたい。



高温になればなる程食品は酸化しやすくなるので、なるべく生に近い形で摂りたい。
しかしそこもまた何気に難しい。
それならなるべく加熱温度を下げた調理方法が好ましい。
「焼く、揚げる」は150度〜180度。
「茹でる、煮る、蒸す」は100度程度。
茹でよう。煮よう。蒸そう。


「ネバネバのムコ多糖類」
単糖類はなるべく避けたいが、ムコ多糖類は積極的に摂りたい。
免疫力アップ、血糖値の調整、新陳代謝の促進、骨の形成促進などなど。
納豆、オクラ、山芋、里芋などのネバネバ食品を食べましょう。

2015/10/03 12:27

投稿元:ブクログ

1日三食は食べ過ぎ、朝食は食べない方がいいというのだが、しっかり三食食べるべきという本もあり、私にはどちらが正しいのか分かりません。ただこういう意見もあるということを知った。
・糖質こそがさまざまな病気の元凶
・体は飢餓を前提に作られている。一日三食は食べ過ぎ
・油は「圧縮一番しぼり」のものを使用すべき。水酸化油脂や植物性油脂とあったらトランス脂肪酸のこと。
・低温料理を心がける。
・ネバネバ食品を積極的に食べる。オクラ、納豆、山芋、ヒラメ、カレイ、あわび、かき等

賛否いろいろある方みたいだが、
「本は絶対に自分の手で執筆する」という信念をもった人。

2015/08/06 04:44

投稿元:ブクログ

食べ過ぎと栄養失調。
今の日本なら、十分な選択肢があるので、少し多めにお金を出せば、身体によい本物と呼べる食材が手に入るが、貧しい国になればなるほど選択肢が狭まっていくのだなと感じた。

2015/12/19 10:37

投稿元:ブクログ

食べすぎは良くないということが分かった。すべてを実践することは難しいけど、
・玄米を食べる
・朝食は食べないで自家製にんじんジュースだけ飲む
・糖質を控える
などやれることからやっていく。

2016/07/15 13:41

投稿元:ブクログ

今流行の、小食、糖質カット系の書籍。
医学的知識に詳しくない一般の人向けに書かれた本なので、難しい医学用語はほとんど書かれていない。
分かりやすい一方、医学的根拠がほとんど書かれていない為、懐疑的になる記述もある。
納得できる項目、自分で無理なくできる範囲で、著書の内容を実践していこうと思う。

栄養・食生活 ランキング

栄養・食生活のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む