サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 天智・天武死の秘密 万葉集を読み解く

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天智・天武死の秘密 万葉集を読み解く
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/15
  • 出版社: 三一書房
  • サイズ:19cm/231p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-380-14006-8
  • 国内送料無料

紙の本

天智・天武死の秘密 万葉集を読み解く

著者 立美 洋 (著)

天智天皇と天武天皇、2人の天皇の死の秘密を語る歌が「万葉集」に載っている。皇后たちの挽歌解読で浮かび上がった、正史とされている「日本書紀」の記事とは違う、秘められた歴史の...

もっと見る

天智・天武死の秘密 万葉集を読み解く

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

天智天皇と天武天皇、2人の天皇の死の秘密を語る歌が「万葉集」に載っている。皇后たちの挽歌解読で浮かび上がった、正史とされている「日本書紀」の記事とは違う、秘められた歴史の真相。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

立美 洋

略歴
〈立美洋〉1940年生まれ。東京教育大学卒業。編集プロダクション・立美事務所を設立。取材、執筆、編集、校正に従事。得意な分野は、日本語の基本的な言葉の追究。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (1件)

2014/10/26 19:50

投稿元:ブクログ

「はじめに」冒頭で、「二人の天皇の死に秘密なんか無いよ、と考えるのが当然である。」とあって、いやいや、この二人についてはいろいろ怪しいことあるって諸説珍説出てるでしょー、といきなり突っ込まずにいられなかったが、結局最後まで読めなかった。なのに何なのだが、重複が多い一方で、省略は飛躍も多くて読みにくいんだもん。
確か出版ニュースだかで書評で取り上げられてたんだが。
タイトルからしてトンデモ本ぽいのは承知の上で、というか斬新な説を期待したわけだが、第一部「天智天皇は山科野で暗殺された」第二部「天武天皇は皇子達に命を奪われた」と、つかみはバッチリなのに、どういう理由でその結論が導かれたかを追うのが、上記事情で、もうめんどくさ…で敢え無く挫折。

2014/08/25 11:38

投稿元:ブクログ

万葉集の歌の解釈、難読だったり読めなかったり色々ありますが、天智天武の挽歌等を読み直す、というのは面白い。

のだけども、こちらの日本語(古語)の知識が不足しているせいなのか、いまいちよく分からないところも。

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む