サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 探偵工女 富岡製糸場の密室

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

探偵工女 富岡製糸場の密室
探偵工女 富岡製糸場の密室 探偵工女 富岡製糸場の密室

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/05
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/266p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-218502-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

探偵工女 富岡製糸場の密室

著者 翔田 寛 (著)

明治新政府が総力を挙げて建設した富岡製糸場。開業翌年の明治6年、時の皇太后と皇后がその地へ初めての行啓をする直前に、工女が死体となって発見された。開業前に流れていた、「工...

もっと見る

探偵工女 富岡製糸場の密室

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

探偵工女 富岡製糸場の密室

1,296(税込)

探偵工女 富岡製糸場の密室

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

明治新政府が総力を挙げて建設した富岡製糸場。開業翌年の明治6年、時の皇太后と皇后がその地へ初めての行啓をする直前に、工女が死体となって発見された。開業前に流れていた、「工女になると生き血を吸われる」という奇怪な噂は本当だったのか。さらに一人の工女が忽然と姿を消し、工場に暴動の危機が迫ったとき、彼女たちの若き傍輩が立ち上がる―。創業当時の新「世界遺産」を舞台に、時代を切り拓いた乙女が大活躍。【「BOOK」データベースの商品解説】

明治新政府が総力を挙げて建設した富岡製糸場で、工女が死体で発見された。さらに、ひとりの工女が忽然と姿を消し、工場に暴動の危機が迫る。そのとき、彼女たちの若き傍輩が立ち上がり…。近代日本ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

日本の近代化を推進する原動力として、明治新政府が総力を挙げて建設した富岡製糸場。開業翌年の明治5年、この大規模器械式製糸場内で、若き工女が惨殺死体となって発見された。密室殺人の裏に隠された意外な真相に、被害者の傍輩である工女が迫る。『誘拐児』ほかで時空を超える人間の業と謎を探求し続ける江戸川乱歩賞作家による、近代日本ミステリー。【商品解説】

著者紹介

翔田 寛

略歴
〈翔田寛〉1958年東京生まれ。「影踏み鬼」で小説推理新人賞を受賞しデビュー。「誘拐児」で江戸川乱歩賞を受賞。ほかの著書に「築地ファントムホテル」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (1件)

2015/02/18 11:53

投稿元:ブクログ

工女や工場長など、健気に頑張る人々がさわやか。
世界遺産となった、富岡製糸場の歴史的背景や構造、生糸づくりの仕組みについて、よく知ることができる。
タイトルから想像するような謎解きメインではなく、ミステリは脇役な印象。
富岡製糸場を描いた物語として、面白く読んだ。

2014/10/26 00:11

投稿元:ブクログ

富岡製糸場に行ってみたくなったけどミステリーとしては今一つ。
前振りが長すぎる気がする。時代設定が重要なのはわかるけど、盛り込みすぎ。

2014/11/20 12:58

投稿元:ブクログ

世界遺産登録で注目を集める富岡製糸場。このお話の舞台は、製糸場開業の翌年の明治5年、たくさんの工女たちが働いていた頃です。
近代化を担い、国家財政を支える期待を背負って設立された製糸場で、女工の1人が遺体で発見されます。
そこは完全な密室。あるいは自殺かとも疑われますが、凶器は見つかりません。
死亡した女工の親友であった別の女工も行方不明となり、工場を不穏な空気が覆います。
皇太后・皇后の行啓を間近に控える中、事件を解決しようと中央からも役人が派遣されてきます。
工場長の娘であり、工女でもある少女、勇(ゆう)は、友人が犠牲となった惨事の謎を暴こうと知恵を絞ります。

日本の発展のために尽力したいと願う工場長。
維新の際の遺恨を引き摺る官吏。
苦しい家計を助けるために工女となることを志願した百姓や下級武士の娘たち。
技術を伝達するために日本へやってきたフランス人たち。
フランス人が工女の生き血を飲むと怯えていた周囲の住民。
キリスト教や一向宗などの宗教と政府の関係。
さまざまな人や立場の思惑が絡みます。

事件自体はさほど凝った展開もなく、密室の秘密も意表を突くものではありません。
事件が起きた背景はなるほどそんなこともあったかもしれないと思わせ、時代考証の確かさを感じさせます。
ミステリとして楽しむ、というよりも、歴史的背景や当時の雰囲気を読みやすい形で提示したところに価値がある1冊だと思います。
主人公の勇は清潔感があってきりりと好印象ですが、14歳という年齢にしては大人びていすぎるようで、少し違和感がありますね。当時の少女は今よりも早く成長せざるをえなかったのではありましょうが。

2015/01/22 19:57

投稿元:ブクログ

2014年8月刊。明治維新ミステリー。富岡製糸場の当時の様子や歴史が、良くわかり、楽しめました。しかし、事件と謎は、工夫が少なく、あまり楽しめませんでした。

2016/02/23 08:44

投稿元:ブクログ

2月-11。2.5点。
富岡製糸工場で、密室の炭置場で工女が死亡。
工場長の娘は、その工女と仲が良く、謎解きに。
時代背景が面白いが、ご都合主義的なトリックと
あっけない結末。
うーーん。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む