サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

グレーな本

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/07
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:18cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219071-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

グレーな本

著者 高城 剛 (著)

21世紀のビジネスマンに必要なスキルとは? 政治、経済、ファッション、食、健康、英語、音楽…。現代日本の問題点に独自の感性で答える。kindle専用の自費電子書籍「白本」...

もっと見る

グレーな本

972(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

グレーな本

540(税込)

グレーな本

ポイント :5pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

21世紀のビジネスマンに必要なスキルとは? 政治、経済、ファッション、食、健康、英語、音楽…。現代日本の問題点に独自の感性で答える。kindle専用の自費電子書籍「白本」と「黒本」をまとめて書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

電子書籍専用のセルフ出版書『白本』『黒本』がそれぞれ発売一ヵ月間キンドル1位の大ヒット。その2冊を紙の本1冊に凝縮して刊行する。
世界を股にかけてハイパーノマドな活躍をする著者だからこその、政治、経済、ファッション、食、健康、英語、音楽、アート、精神世界、テクノロジーなど、独自の感性にあふれた刺激的な提言に満ちた本!【商品解説】

目次

  • 主な項目
  • グレーな本とは?/国際感覚とは?/高城式英語学習法とは?/あげまんの見分け方は?/自分と向き合う方法とは?/新しい仕事をはじめるのに必要なことは?/国際結婚のアドバイス/おススメの温泉は?/睡眠について、いまと昔の違いは?/旅行で泊まるべきホテル/時間管理法 /経済格差とビジネスについて/メディアの未来 など

著者紹介

高城 剛

略歴
〈高城剛〉1964年東京都生まれ。映像作家、DJ。著書に「21世紀の英会話」「私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明。」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

2014/09/24 11:52

投稿元:ブクログ

終始Q&Aのインタビュー方式。
未だにハイパーメディアクリエイターというのがなんなのかはよくわからないが、ITへの見識があり、海外慣れしていて視野を広げるにはいいかもしれない。ただ、この人の生き方は難しいと思う。自由なようで柵が多そう。そこを生き抜くには強い意志とタフなハートを要する。特にメディアに対しては並々ならぬ嫌悪感を感じる。
海外でスリに合わないための最強ツールが犬(散歩)というのはなるほど笑えた。

2014/10/13 23:00

投稿元:ブクログ

こんなふうに軽やかに生き続ける人がいるんですね。高城さんってすごく面白いと感じるとともに、いろいろと刺激を受けました。

2014/10/05 20:46

投稿元:ブクログ

日本のアンタッチャブルな部分に触れるグレーな一冊。
所々に折り込まれた未来予測や海外からの第三者的視点などは、自分の視野や見解を広げるキッカケとなりますね。

2015/01/12 20:18

投稿元:ブクログ

この本は、kindle専用で発売されたタイトル「白本」「黒本」を纏めた一冊。巻頭にも書かれていますが、現状の出版業界への疑問を投げかける切っ掛けにも。

本書の内容は、高城氏のメールマガジンで読者とのQ&Aを集めたものですが、その内容は多岐に渡るもの。

当然、その答えは高城氏の考えが書かれているのですが、そこは読む人の判断にゆだねる部分も。ただ、何かを考える一つの考えとして、読んでみて刺激になる部分も。自分の思考の偏りを感じさせる印象もあります。

特に、高城氏のファンや興味のある方なら、大概一冊は目を通した事があると思いますが、今まで興味がなかった人も、この書籍は読んでみても損はないかと感じます。

これからの、世界または日本の変化を考える上で、先を見据える思考の切っ掛けにもなるのではないでしょうか。

2015/07/29 14:52

投稿元:ブクログ

高城氏は,UFOを見る人というワンクッションがあるから、テレビ局と闇社会のつながりを堂々と書き、出版できるのだと思う。岡田斗司夫ゼミで紹介されなければ、絶対に手に取らなかった本だ。

2014/11/06 01:54

投稿元:ブクログ

まっとうなことを語っている。知的で、人間的な成熟がにじみ出ている。この手のお悩み解決本にありがちな「上から目線」は感じられない。だから、著者のことばがすごく伝わってくる。ただ、彼が世界中を飛び回る生活で、どうやって稼いでいるのかよくわからない。なんとなく腑に落ちないこの感覚を、どう考えたらいいのか。いずれにせよ、日本で「まっとう」を貫きながら社会的な成功を収めるのは困難である、とは言えるかもしれない。

2015/01/07 12:50

投稿元:ブクログ

メールマガジン読者の質問と高城剛の回答を
再編集した電子本「白本」と「黒本」を講談社の
「紙で出版したい」という要望に応え、「白本」と
「黒本」を合本した一冊。それでタイトルが、
「グレーな本」。さすが、大手出版社だから
できるマイルドな仕上がり!

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む