サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

闇に香る噓
闇に香る噓 闇に香る噓
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 128件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/06
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219094-7
  • 国内送料無料

紙の本

闇に香る噓

著者 下村 敦史 (著)

27年間兄だと信じていた男は何者なのか?村上和久は孫に腎臓を移植しようとするが、検査の結果、適さないことが分かる。和久は兄の竜彦に移植を頼むが、検査さえも頑なに拒絶する兄...

もっと見る

闇に香る噓

1,674(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

27年間兄だと信じていた男は何者なのか?村上和久は孫に腎臓を移植しようとするが、検査の結果、適さないことが分かる。和久は兄の竜彦に移植を頼むが、検査さえも頑なに拒絶する兄の態度に違和感を覚える。中国残留孤児の兄が永住帰国をした際、既に失明していた和久は兄の顔を確認していない。竜彦は偽者なのではないか?全盲の和久が、兄の正体に迫るべく真相を追う―。第60回江戸川乱歩賞受賞。【「BOOK」データベースの商品解説】

【江戸川乱歩賞(第60回)】和久は孫に腎臓を移植しようとするが適さず、兄の竜彦に移植を頼む。だが兄は検査さえ拒絶。中国残留孤児の兄が永住帰国した際、既に失明していた和久は兄の顔を確認していない。全盲の和久は兄の正体に迫るべく真相を追う。【「TRC MARC」の商品解説】

村上和久は孫に腎臓を移植しようとするが、検査の結果、適さないことが分かる。和久は兄の竜彦に移植を頼むが、検査さえも頑なに拒絶する兄の態度に違和感を覚える。中国残留孤児の兄が永住帰国をした際、既に失明していた和久は兄の顔を確認していない。

27年間、兄だと信じていた男は偽者なのではないか――。
全盲の和久が、兄の正体に迫るべく真相を追う。

選考委員の有栖川有栖氏が「絶対評価でA」と絶賛し、選考会では満場一致で受賞が決定。
第60回を迎える記念の年にふさわしい、江戸川乱歩賞受賞作!【商品解説】

著者紹介

下村 敦史

略歴
〈下村敦史〉1981年京都府生まれ。99年に高校2年生で自主退学し、同年大学入学資格検定試験合格。2014年9回目の応募となる「闇に香る噓」で第60回江戸川乱歩賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店郡山店

読み始めたら止められない

ジュンク堂書店郡山店さん

こんな感覚で本を読んだのは初めてかもしれません。実家の母親と暮らしている「兄」は本当の兄なのか?その真相を追うミステリーなのですが、大きく異なるのは主人公が全盲の男性だということです。目が見えない人たちの苦労を、私はどれだけ理解できていたのでしょうか。車が行き交う交差点や駅のホームでは、一歩足を踏み出すのさえ死の恐怖が襲います。その細かい描写に引き込まれ、読んでいて息苦しくなってきます。そこへ多くの謎と正体不明の人々、いったい何を信じていいのか分からなくなります。すべてが明らかになるまで本を閉じることはできません。

みんなのレビュー128件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

一気に読破しました

2016/02/28 16:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まき - この投稿者のレビュー一覧を見る

今までには無かったテーマで、大変おもしろく読み終えました。是非、次作にも期待したい著者だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

乱歩の名に恥じぬ

2015/10/22 22:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすが江戸川乱歩賞を獲得しただけのことはある。中国残留孤児を扱った点もユニークだし、読ませるに十分の筆力の持ち主だと思う。ただ、前半がやや重い感じなのが難か。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/30 21:11

投稿元:ブクログ

第60回江戸川乱歩賞受賞作。
真相が明らかになることで、さまざまな伏線が回収され、新たな意味を持っていく。
最後はミステリらしい展開で面白かった。
全盲の主人公という難しい設定だが、うまい。
視覚で確認できない恐怖感が、リアル。
ただ、前半はあまり入り込めず。

2016/03/10 00:59

投稿元:ブクログ

盲の一人暮らしの老人。孫に腎臓移植手術が必要。残留孤児として満州から戻った兄に自分の孫に腎臓移植を頼んだが、検査を断られる。
「お前の兄は偽物だ」と電話で連絡。
満州にいた知り合いを訪ねる。嘘をつかれてもわからない
いつも、自分のそばにいる無言の人がいる。最後に兄だったことがわかる。
兄を疑う。自分が中国人だった。双子の兄弟もいる。
密入国していた。一人暮らしの自分の家で隠れていた。
双子の兄弟に腎臓をもらい孫は手術成功。

2014/10/06 12:46

投稿元:ブクログ

むー、なかなか面白かったしトリックも鮮やかだったんだけど、69歳全盲の主人公って時点で物語に派手さは無いよな。ただこのトリックを使うには今のタイミングだとこの設定しかないのもよく理解できた。練られてる。目が見えない人の世界をほんの少しでも垣間見えた気がして描写にはいちいち感心した。しかし70代の兄貴屈強過ぎでは?

2015/06/10 15:58

投稿元:ブクログ

第60回江戸川乱歩賞受賞作。個人的には2年連続で「当たり」でした。助走部分がやや長くてだれそうになりはするのですが、話が転がり出してからの展開はお見事の一言。今後にも期待がもてます。

2015/05/01 10:19

投稿元:ブクログ

第60回江戸川乱歩賞受賞作

人生の半ばで光を失ったことにより、心にも闇を抱えてしまった主人公が、残留孤児として帰国し、今は故郷で年老いた母と暮らす兄が偽物ではないかと疑問を持ち、真実を探そうとする。
中国から帰郷後数十年も経つのに、孫の移植検査を拒否しただけで、兄を偽物だと疑いがす唐突さに違和感を感じる。
終盤でどうまとめるのか、まとまるのかと思ったが、予想外の展開でスッキリまとめられていた。

2016/05/06 20:54

投稿元:ブクログ

最初から引き込まれた。
中国残留孤児の話とあってもっとややこしく読み辛いかと思いきや、最後の最後まであー、あれはそういうことだったのか!とドキドキさせられた。全盲の人の視点というのが新鮮であり、こういう大変さがあるのかとしみじみ。
久しぶりに手放しで人に薦められる本。

2015/08/22 22:30

投稿元:ブクログ

孫の腎移植に、自分の腎臓が不適合だと知り実兄に頼むが、その兄は、適合検査すら頑なに拒んでいた。
残留孤児として帰国していた兄、もしかしたら偽物なのか、疑惑は念は募っていく。一人、調査を開始する主人公。様々な危険にあいながらもたどり着いた驚きの真実とは。

伏線だらけのお話でした。
あれも、これも、全てが分かると、なるほど~となる展開。
深い愛ありきの結末だったので、読後感は良かったです。

江戸川乱歩賞受賞作、最後の選評、タイトルに対して酷評で、思わず苦笑いしてしまいました。

2015/02/05 12:06

投稿元:ブクログ

第60回江戸川乱歩賞受賞作ということで読んでみた。

全盲の視覚障害者が主人公というかなり難しい設定。
おそらくよほど周到な準備をされたのだろう、視覚障害者・中途失明者の世界の捉え方、彼らならではの苦難など見事に表現されており、全盲の知人がいる身としては、わかったつもりでいても気付けないでいたこと、また、晴眼者なら致し方ないと全盲者が譲歩してくれていたであろうことにも気づかされ、はっとさせられた。
改めて、晴眼者であることに傲慢にならないように、今まで以上に思いやりをもって彼らに接しなければならないと再認識させられた。

また、全盲であるからこそ成り立つ謎がそこここにちりばめられており、全盲の主人公という難しさを逆手にとって、違った角度の視点から描かれていることが、面白さをより際立たせている。

少々無理があるかなと感じる箇所もいくつかあったし、ひょっとしたらこうじゃないかなと予測した通りの結末ではあったものの、伏線の回収も完璧、本格ミステリとして充分楽しめ、引きこまれた。

何度も江戸川乱歩賞に挑戦し、ついに獲得したという著者。まだお若いようだし、選者の先生方の評価も高い。次回作も期待できそうです。

2014/09/08 21:57

投稿元:ブクログ

永遠の闇の中での底知れない孤独と不安。二重にも三重にも仕掛けられた深い謎。主人公と一緒に手探りで進んでいくような初めての読書体験。

2014/12/31 15:46

投稿元:ブクログ

反転した後のストーリー展開があれよあれよという具合で読み応えたっぷり。
前半、腎移植、残留孤児や中国人の細々とした社会派を思わせる書き込みがちょっと重たすぎたので、飛ばし読みしてしまったけれど伏線もあったんだなぁ~後にして思えば。
謎の人物、不可解な点字など、盛り沢山だったのでミステリー読みには楽しめた本でしたね。

2014/10/22 11:57

投稿元:ブクログ

選者評にもあるように、主人公がチャレンジド、じゃなくて、チャレンジングな設定で、あんまり共感できなくてドキドキした。

2015/05/26 23:14

投稿元:ブクログ

全体のストーリーはそうでもなかったが、トリックには驚かされました。
二重に来たかと。
たぶんトリックが先なんでしょうね。

2016/08/29 21:57

投稿元:ブクログ

乱歩賞作品に最後に唸らされたのはいつのことか……

太平洋戦争のさなか、満州から追われるように日本に戻った主人公が、残留孤児の兄を「やつは本当の兄なのか?」と疑い始めることから物語が始まる。

これでもか!というくらいに読者を楽しませようとサービスを盛り込んで、最後に伏線が全て回収され、しかもどんでん返しには、びっくりした。

しかし、どうも文章にキレがなく、しみじみと味わうには程遠い。乱歩賞作品には、それは求められていないのかもしれない。が、できれば、ミステリの謎をわかってもなお、二度三度と読み返したくなる作品が好きだ。

全盲の人たちの苦労や、中国残留孤児の話など、切実に迫ってくるところもあり、作者の取材の苦労がわかる。

すでに他の作品も出ているので、そっちも読んで評価したい。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む