サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 個人全集月報集 円地文子文庫・円地文子全集 佐多稲子全集 宇野千代全集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

個人全集月報集 円地文子文庫・円地文子全集 佐多稲子全集 宇野千代全集(講談社文芸文庫)
個人全集月報集 円地文子文庫・円地文子全集 佐多稲子全集 宇野千代全集(講談社文芸文庫) 個人全集月報集 円地文子文庫・円地文子全集 佐多稲子全集 宇野千代全集(講談社文芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/09
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文芸文庫
  • サイズ:16cm/364p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-290241-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

個人全集月報集 円地文子文庫・円地文子全集 佐多稲子全集 宇野千代全集 (講談社文芸文庫)

著者 講談社文芸文庫 (編)

古典への深い造詣をもとに、女の情念と孤独を官能的に描いた円地文子。戦中、戦後を厳しい眼差しで見つめ、魂の文学へと昇華させた佐多稲子。四度の結婚や実業家としての活躍など、奔...

もっと見る

個人全集月報集 円地文子文庫・円地文子全集 佐多稲子全集 宇野千代全集 (講談社文芸文庫)

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古典への深い造詣をもとに、女の情念と孤独を官能的に描いた円地文子。戦中、戦後を厳しい眼差しで見つめ、魂の文学へと昇華させた佐多稲子。四度の結婚や実業家としての活躍など、奔放な人生を小説に投影した宇野千代。激動の時代を波瀾万丈に生き、昭和の「女流文学」を牽引した三作家の文学性と人間像を浮き彫りにする、個人全集月報集第三弾。96編の随筆集。【「BOOK」データベースの商品解説】

女の情念と孤独を官能的に描いた円地文子。戦中・戦後を厳しい眼差しで見つめ、魂の文学へと昇華させた佐多稲子。奔放な人生を小説に投影した宇野千代。3作家の文学性と人間像を浮き彫りにする。個人全集月報集第3弾。【「TRC MARC」の商品解説】

日本古典文学への深い造詣をもとに、
女の情念と孤独を官能的に描いた円地文子。
戦中、戦後を厳しい眼差しで見つめ、
魂の文学へと昇華させた佐多稲子。
四度の結婚や実業家としての活躍など、
奔放な人生を小説に投影した宇野千代。
激動の時代を波瀾万丈に生き、
昭和の「女流文学」を牽引した三作家の
文学性と人間像を浮き彫りにする、
個人全集月報集第三弾。【商品解説】

収録作品一覧

円地文子文庫月報 谷崎潤一郎 ほか著 9−54
円地文子全集月報 高橋たか子 ほか著 55−100
佐多稲子全集月報 小田切秀雄 ほか著 101−245

著者紹介

講談社文芸文庫

略歴
円地文子(1905.10.2~1986.11.14)小説家、劇作家。東京生まれ。国語学者の家に生まれ、幼時より古典に親しむ。「ひもじい月日」で女流文学者賞。著書に『妖』『女坂』(野間文芸賞)『なまみこ物語』(女流文学賞)『朱を奪う者』(谷崎潤一郎賞)『遊魂』(日本文学大賞)『円地文子訳 源氏物語』(全10巻)がある。
佐多稲子(1904.6.1~1998.10.12)小説家。長崎県生まれ。26年、同人誌「驢馬」の同人(中野重治、窪川鶴次郎、堀辰雄など)と出会う。28年、「キャラメル工場から」を発表。プロレタリア作家として出発する。著書に『くれなゐ』『女の宿』(女流文学賞)『樹影』(野間文芸賞)『時に佇つ』(川端康成文学賞)『夏の栞-中野重治をおくる-』(毎日芸術賞)など。
宇野千代(1897.11.28~1996.6.10) 小説家。1921年、『時事新報』の懸賞小説に「脂粉の顔」が当選。36年、ファッション雑誌「スタイル」創刊。着物デザイナーなど実業家としても活躍。著書に『おはん』、『色ざんげ』、『或る一人の女の話』、『幸福』(女流文学賞)、『雨の音』(菊池寛賞)など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)