サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エスプリは艶色 書き下ろし長編初体験エロス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

エスプリは艶色 書き下ろし長編初体験エロス(双葉文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/07
  • 出版社: 双葉社
  • レーベル: 双葉文庫
  • サイズ:15cm/268p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-51696-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

エスプリは艶色 書き下ろし長編初体験エロス (双葉文庫)

著者 新藤 朝陽 (著)

地方在住で大学受験を控えていた森口健太は、毎朝新聞配達にやってくる大学生麻衣子に思いを寄せていた。麻衣子のことがきっかけで東京の大学を受験し、自らも新聞配達をしながら大学...

もっと見る

エスプリは艶色 書き下ろし長編初体験エロス (双葉文庫)

660(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

地方在住で大学受験を控えていた森口健太は、毎朝新聞配達にやってくる大学生麻衣子に思いを寄せていた。麻衣子のことがきっかけで東京の大学を受験し、自らも新聞配達をしながら大学に通うことにした健太だが、引っ越し早々、販売店のバツイチ美熟女との危ういシチュエーションが待ち構えていた。期待の新人デビュー作。【「BOOK」データベースの商品解説】

新聞配達のお姉さんに片想い中の受験生・森口健太は、猛勉強の末東京の大学に合格し、自らも新聞配達をしながら大学に通うことに。引っ越し早々、販売店のバツイチ美熟女と危ういコトが…。期待の新人デビュー作。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

悩めるヒロインを救済する癒しのデビュー作

2015/02/04 01:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

勝手な推測だが、これが既出作家の別名義ではなく本当に新人ならば原稿を持ち込むか双葉文庫主催のコンテストなどに応募したことであろう。そのために知恵を絞ったかのアイデアが練り込まれたデビュー作にも感じた内容である。ヒロインの心の奥底に潜む悩みやコンプレックスに気づいた主人公が、それを癒そうとの思いで接する救済の物語が綴られていた。余談だがタイトルは「艶色(つやいろ)」と読む。

官能面はやや淡白ながら面白味のあるストーリーが進んでいく。その中でひとつの出会いが主人公の行く末を決める契機となり、その後の様々な出会いもまた糧となっていく。想い人を救いたい気持ちが、他にも同様の悩みや苦労を抱えた人がいることを知ってより深まっていくのは良かったと思う。

多彩な顔触れでバラエティ豊かなヒロイン達もまたそれぞれの魅力を放っている。主人公よりは年上ながら割と近い年齢層が幅を利かせる中で四十路真っ只中の熟女を1人加えているのも悪くないアクセント。これらヒロイン達がそれぞれに抱える問題を心理学的アプローチから接点を設けていく流れは切なさもありながら新鮮なアプローチでもあった。

ただし、主人公の大本命たる想い人はあくまで物語上のメインヒロインであって直接的な登場場面はとても少なく、官能的にはメインはおろか活躍の場すら与えられていないのは余りに勿体ない。主人公が本命を想うがためにサブヒロイン達との情交に負い目を感じたり奥手になったりするのは致し方ないにしても、だからこそ最後に本気の愛情をぶつける場面がほしかったようにも感じた。

描かれている内容や表紙のデザインなどから感じられるソフトなイメージもあって、ともすれば男性のみならず、むしろ女性に読んでもらいたいような、そんな心優しい作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/25 00:28

投稿元:ブクログ

http://blog.livedoor.jp/tsunecue01/archives/1672357.html