サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本はなぜ原発を輸出するのか(平凡社新書)
日本はなぜ原発を輸出するのか(平凡社新書) 日本はなぜ原発を輸出するのか(平凡社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/12
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社新書
  • サイズ:18cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-85745-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

日本はなぜ原発を輸出するのか (平凡社新書)

著者 鈴木 真奈美 (著)

福島原発事故の収束は見えず、世論調査でも輸出反対が6割近くを占めているが、安倍政権は積極的に原発のセールスを進めている。日本の原発輸出はどんな意味を持っているのか、その構...

もっと見る

日本はなぜ原発を輸出するのか (平凡社新書)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

福島原発事故の収束は見えず、世論調査でも輸出反対が6割近くを占めているが、安倍政権は積極的に原発のセールスを進めている。日本の原発輸出はどんな意味を持っているのか、その構造と問題点をわかりやすく解説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

鈴木 真奈美

略歴
〈鈴木真奈美〉フリーランス・ジャーナリスト、英語・中国語の翻訳者。原水爆禁止日本国民会議国際部、国際環境NGOグリーンピースの核問題リサーチャー等を担当してきた。著書に「核大国化する日本」等。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/04/28 18:59

投稿元:ブクログ

「福島原発事故の教訓を活かし、世界最高水準の原子力技術を提供します!」これが日本政府のセールストーク。史上最悪レベルの事故さえも原発輸出推進に利用し、2014年、トルコ、アラブ首長国連邦との原子力協定が国会承認された。背景には国内での原発新設が困難な中、新興国への輸出で生き残ろうとする原子力産業の思惑がある。そして、米国の原子力政策も絡んでいる。

2014/08/11 07:07

投稿元:ブクログ

何故って、そんなん「ボロ儲け」やからでしょ。もう一つ言えば世界中に蔓延すれば、日本に有ろうが無かろうが一蓮托生やし。。。
まぁ売りに行ってる奴は人非人やね。

平凡社のPR

2016/08/11 15:04

投稿元:ブクログ

内容は表題の通り。

1953年のアイゼンハワー大統領の「アトムズ・フォア・ピース」演説に始まる「核の平和的利用」。

アメリカ、並びに日本(やフランス、ドイツなど)原発の輸出入の歴史が詳しく書かれているのが参考になった。

「はじめに」の一文から。
“日本政府は「福島原発事故の教訓を活かし、世界最高水準の原子力技術を提供」するのは、「日本の責務」だとして、史上最悪レベルの事故さえも、輸出関連に利用している。 ”ー 10ページ

まさに、事故から何も学んでいないしか言えない。

そして、2014年、トルコ、アラブ首長国連邦との原子力協定が国会承認された。


なぜ原発を輸出するのか/しなければいけないのか?

それは、自国内での新規建設が難しくなり、「原子力産業」として成り立たず、新たな市場として途上国に輸出することで、企業としての生き残りを図るためとしかいえない。

「原子力産業」は、莫大な費用がかかるため、民間企業だけでは難しく、「国」(政府)の下支え、つまり、官民一体となった「国策」としての輸出産業となった。

その日本政府の原発を輸出しようとしてきた歴史・背景などを、関係省庁の方針やアメリカ政府の動向など多方面から指摘している。

日本は苛酷な原発事故を経験したのに関わらず、(あるいは、また起こるかも知れないが…)、本書の言葉を引用すれば、「加害者」でもある当事国が、安易に「国策」として原発を輸出していいものなのなのかと考えさせられる。

原発は、決して安定でかつ安価な電力源ではなく、欧米各国の新規原発建設がないことからも、将来性がないのは世界の常識だろう。

原発に関わる、日本とアメリカにおける様々な協定、政令の閣議決定、法整備。気づかなければ、知らないことばかり。

原発輸出は、「国策」で進められる。つまり、税金を使われているということだ。

そのことも忘れてはいけない。




最後に本書についての注文を。

少し専門的な内容なので、原資料となる参考文献などを、明記してほしかった。あるいは、関連するような書籍があれば、その紹介もほしかった。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む