サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

靖国参拝の何が問題か(平凡社新書)
靖国参拝の何が問題か(平凡社新書) 靖国参拝の何が問題か(平凡社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/12
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社新書
  • サイズ:18cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-85746-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

靖国参拝の何が問題か (平凡社新書)

著者 内田 雅敏 (著)

世界はなぜ、靖国神社参拝に懸念を抱くのか? 中国・韓国の批判はただの言いがかりなのか? 批判されているのは追悼行為ではない。参拝の思想や先の戦争は正しかったという聖戦史観...

もっと見る

靖国参拝の何が問題か (平凡社新書)

799(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界はなぜ、靖国神社参拝に懸念を抱くのか? 中国・韓国の批判はただの言いがかりなのか? 批判されているのは追悼行為ではない。参拝の思想や先の戦争は正しかったという聖戦史観を解説し、問題に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

内田 雅敏

略歴
〈内田雅敏〉1945年生まれ。早稲田大学法学部卒業。弁護士。日本弁護士連合会憲法問題対策本部幹事。西松安野友好基金運営委員長。著書に「「戦後補償」を考える」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

本書は「反日・亡日」本でした

2014/09/13 21:01

4人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

よくある典型的な靖国神社否定本です。新鮮味はありません。
 靖国神社を、あらゆる角度から否定。加えて、従軍慰安婦に関する河野官房長官談話の検証を妄言(58ページ)とし、尖閣問題は棚上げにし共同利用・共同開発をしろ(204ページ)、天皇の戦争責任を問うべき(176ページ)等々、まさに中韓の代弁者です。古臭いインテリの特徴ですが、何故こうも中韓寄りの「反日」なのでしょうか?靖国にかかる主張に異論はありませんが、本書は朝日新聞からの引用も多く、「反日」本でしたので、読後感は最悪でした。

 さて、3冊の靖国関連新書を読み終わりました。同じ題材を多様な視点で知ることができ面白かったです。色々な意見を理解した上で、自分の考えを整理することが大事と思いました。
 「反日」を国是とし、「カネまでよこせ」と主張する中韓へ譲歩する必要は一切ありません。従軍慰安婦と称している人への謝罪は無駄ですし、竹島・尖閣での譲歩もありえません。ただ、靖国史観だけは許容できません。太平洋戦争の正当化・A級戦犯の美化は愚の骨頂ですし、天皇が参拝できない靖国神社に存在価値はありません。
 親に戦争体験があれば、親から靖国の胡散臭さを聞いているでしょう。ところが戦争経験者が高齢で少なくなり、トンデモ論のはずの靖国史観に賛同する若者が増えているようで、右翼政治家に利用される懸念があります。だからこそ、現代史を学校できちんと教えるべきです。
 ちなみに、私の父は15歳の時に義勇兵を志願しましたが叶わず、B29からの焼夷弾で家を焼かれ、学校で防空壕を掘っていた時に終戦を迎えました。そして戦後は、英語もわからないのに、米軍基地で靴磨きをしていたようです。そんな父は、『「天皇陛下万歳!」や「靖国で会おう!」のようなキャッチフレーズで踊らされ、大本営発表に騙され、日本国民は死んでいった』と無謀な戦争を始めた東条英機以下の戦争指導者を絶対に許さないと心底恨んでいました。また、A級戦犯合祀も「国民を馬鹿にするな!」と怒っていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/10 21:44

投稿元:ブクログ

内田雅敏『靖国参拝の何が問題か』平凡社新書。靖国問題を近代日本の戦争を聖戦とする歴史認識と捉える。著者は人権派弁護士ながら、基本的知識から靖国の歴史とその現状を丁寧に解き明かす。戦没者は追悼されるべきとしても顕照するものではない。拳を上げる前に靖国のイロハ教える本書を紐解くとよい。

2015/02/11 20:54

投稿元:ブクログ

参考になった。
安倍総理、日本政府の言う事を鵜呑みにしてはいけない。
あの戦争は必要だった、という靖国神社に参拝するのはやはり問題と思う。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む