サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 淀川長治のシネマトーク 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

淀川長治のシネマトーク 上(マガジンハウス文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

淀川長治のシネマトーク 上 (マガジンハウス文庫)

著者 淀川 長治 (著)

1989年秋から99年秋までの9年間に、雑誌『anan』に掲載されたものから196本を厳選。そのときの新作映画や、古い作品の回顧上映なども含め、淀川長治が若い大衆に向けて...

もっと見る

淀川長治のシネマトーク 上 (マガジンハウス文庫)

778(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1989年秋から99年秋までの9年間に、雑誌『anan』に掲載されたものから196本を厳選。そのときの新作映画や、古い作品の回顧上映なども含め、淀川長治が若い大衆に向けて語る。上は、第1章〜第8章を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

1989年から、1999年にかけて雑誌『an・an』で連載された「淀川長治の新シネマトーク」。9年にわたって紹介した映画は450本以上。その中から196本(上下巻)を厳選し構成したのが本書。当時の新作映画だけでなく、時には過去の名作もテーマに取り上げた、映画への愛溢れるトーク集です。語りかけような口調で読者をリラックスさせながら、作品の本質には瞬時に鋭く迫る淀川さん独特の解説は、読めば、思わずその映画が観たくなる、不思議な力を秘めています。【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 第1章 娯楽大作は愉し。
  • 第2章 現代の日常がシネマだ。
  • 第3章 超現実が映画では現実。
  • 第4章 男と男のいる映画。
  • 第5章 アメリカ、アメリカ。
  • 第6章 純愛、激愛、恋の映画。
  • 第7章 映画の文章、映画の目。
  • 第8章 応援したい元気監督。

著者紹介

淀川 長治

略歴
1909年神戸生まれ。映画好きだった両親に連れられ、幼少時から映画館に通う。10歳で『ウーマン』(モーリス・ターナー監督)に感激し、映画と共に生きることを誓う。'27年、映画雑誌でアルバイトを始め、'32年にユナイテッド・アーティスツに入社。『駅馬車』をはじめ数々の映画宣伝で名を馳せた。'48年『映画之友』編集長に。'50年代はハリウッドスターへの取材などを精力的に行う。NETテレビ(現テレビ朝日)で、'60年から『ララミー牧場』、'66年から『土曜洋画劇場』(後に『日曜洋画劇場』)の解説を始める。'89年からアンアンで連載を開始。'98年11月11日逝去まで、映画の「伝道師」としての現役生活を全うした。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

シネマトーク

2016/01/22 00:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kanako - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画大好きな淀川さんのお話が読める本。映画と照らし合わせながら読むと面白い!淀川さんの事は最近知ったけれど、生きているうちにシネマトークを聞きたかった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

雑学・その他 ランキング

雑学・その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む