サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 欧州リスク 日本化・円化・日銀化

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

欧州リスク 日本化・円化・日銀化
欧州リスク 日本化・円化・日銀化 欧州リスク 日本化・円化・日銀化
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/25
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:19cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-44407-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

欧州リスク 日本化・円化・日銀化

著者 唐鎌 大輔 (著)

債務危機の次に迫りくる大問題とは!? 日本化する経済、円化するユーロ、日銀化するECB…。日本屈指のECBウォッチャーが、欧州の現状と未来を読み解く。著者のドル/円相場に...

もっと見る

欧州リスク 日本化・円化・日銀化

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

欧州リスク

1,382(税込)

欧州リスク

ポイント :12pt / 紙の本より346おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

債務危機の次に迫りくる大問題とは!? 日本化する経済、円化するユーロ、日銀化するECB…。日本屈指のECBウォッチャーが、欧州の現状と未来を読み解く。著者のドル/円相場に対する考え方を紹介する補論も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

債務危機の次に来る問題とは何か?
日本化する経済、円化するユーロ、日銀化するECB……、
欧州は今後、デフレ、大停滞に陥る可能性がある。
わが国屈指のECBウォッチャーで、欧州の金融政策、マネー動向を知る著者による欧州経済・金融の展望書。

不況下にもかかわらず進む通貨高、伸びない貸出、盛り上がらない国内の消費・投資、積み上がる経常黒字、為替相場に振り回される金融政策、そして上がらない物価等、客観的に見ても、2013年以降のユーロ圏はかつての日本と重複する経験が多い。なお、金融危機や債務危機の影響とは別次元の問題として人口減少という共通点もある。ユーロ圏の日本化シナリオはまだ世の中でコンセンサスが得られているものではない。(中略)しかし、どちらに振れるか分からない過渡期だからこそ、丁寧に日本との共通点を整理し、今後の考察に活かす姿勢が重要なのではないかと思う。ひとたびデフレに転落すれば、その粘着性は強く、再浮上が難しいというのが日本の教訓である。(「はじめに」より抜粋)【商品解説】

目次

  • 第1章 日本化する欧州、円化するユーロ
  •       ~7つの共有体験で振り返る日本化への道
  •      ①不況下の通貨高
  •      ②貸出鈍化
  •      ③民間部門の貯蓄過剰
  •      ④経常黒字蓄積
  •      ⑤金融政策の通貨政策化
  •      ⑥人口減少
  •      ⑦上がらない物価

著者紹介

唐鎌 大輔

略歴
〈唐鎌大輔〉慶應義塾大学経済学部卒業。みずほ銀行国際為替部チーフマーケット・エコノミスト。公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/11/15 23:52

投稿元:ブクログ

基礎的なマクロ経済データが筆者の分析力で非常に説得力のある仮説に仕上がっている良書でした
また、日本語では手に入れにくい欧州債務危機による制度改革の概要も分かりやすいです
今年一番の御勧め!

外国経済・世界経済 ランキング

外国経済・世界経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む