サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 世界トップ3の経営思想家によるはじめる戦略 ビジネスで「新しいこと」をするために知っておくべきことのすべて

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界トップ3の経営思想家によるはじめる戦略 ビジネスで「新しいこと」をするために知っておくべきことのすべて
世界トップ3の経営思想家によるはじめる戦略 ビジネスで「新しいこと」をするために知っておくべきことのすべて 世界トップ3の経営思想家によるはじめる戦略 ビジネスで「新しいこと」をするために知っておくべきことのすべて
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/11
  • 出版社: 大和書房
  • サイズ:19cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-479-79448-6
  • 国内送料無料

紙の本

世界トップ3の経営思想家によるはじめる戦略 ビジネスで「新しいこと」をするために知っておくべきことのすべて

著者 ビジャイ・ゴビンダラジャン (著),クリス・トリンブル (著),花塚 恵 (訳)

これからの時代、現状維持では「沈むだけ」。10年以上にわたるリサーチにもとづく、組織が生まれ変わる戦略を、動物が主人公の寓話で紹介する。イノベーションを「生む」「実現する...

もっと見る

世界トップ3の経営思想家によるはじめる戦略 ビジネスで「新しいこと」をするために知っておくべきことのすべて

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

これからの時代、現状維持では「沈むだけ」。10年以上にわたるリサーチにもとづく、組織が生まれ変わる戦略を、動物が主人公の寓話で紹介する。イノベーションを「生む」「実現する」「成功させる」がすべてわかる本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ビジャイ・ゴビンダラジャン

略歴
〈ビジャイ・ゴビンダラジャン〉ダートマス大学タック・スクール・オブ・ビジネス国際経営学教授。戦略とイノベーションの世界的権威。
〈クリス・トリンブル〉ダートマス大学タック・スクール・オブ・ビジネスで教鞭をとる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/24 19:21

投稿元:ブクログ

『世界トップ3の経営思想家による はじめる戦略~ビジネスで「新しいこと」をするために知っておくべきことのすべて~』読了。★4つ
http://www.amazon.co.jp/4479794484/
企業が新しいこと特に新規事業(notベンチャー)をはじめるときの難しさが、「ひつじ」を主人公とした寓話で語られています。
クリステンセンに続くイノベーションの大家、ゴビンダラジャンの本。
ビジネス書通ならしっているJPコッターの本「カモメになったペンギン」(ペンギンが主人公)に影響を受けて書いたらしいです。
ゴビンダラジャンはじめて読みました。ゴビンダラジャン入門としては、読みやすくよいかも。このあとは、「イノベーションを実行する」を読もう。
しかし、書名がキャッチーなものを狙ったんでしょうが、原書の題名をまったくスルーしていますね(^^)
(原題は、How Stella Saved the Farm: A Tale About Making Innovation Happen)

2014/12/10 19:10

投稿元:ブクログ

寓話自体は「ふむふむ」といった感じだけど全体としては「だから?」な感じ。新規ビジネスを立ち上げる際の組織上の問題点と評価測定方法が印象に残ったが、これを意識しながら実践したら本当にビジネスは成功に繋がるのだろうか?

2016/07/02 10:47

投稿元:ブクログ

新しいことをはじめると必ず対立が起こる
実験から学ぶ4つのステップとして、仮説、予想、結果の測定、分析
成功を維持していくには、新しいことをやっていくしかない

2014/11/04 14:20

投稿元:ブクログ

羊や馬、アルパカ達が、羊毛や牛乳を出荷している工場を営むという面白い設定のビジネス物語。
戦略とタイトルにあるが、大した戦略ではないように思った。いわゆる経営コンサルタントが取り扱う話ではない。敢えているなら、Change managementに関する話だと思った。

話の中で随所に、新しい事を薦める時にぶつかるであろう問題があり、それに対して役割を持った人たちがどのような言動をするのか、というのが描かれていて分かりやすい。

結論として、どれほど生産性が高く利益を上げている工場や事業会社であっても、扱っている商材が競合商品であるかぎり、売値が落ちてため、生産効率を上げても売上は落ちてくる。そのため、目新しい商品(物語の中ではアルパカ商品)を開発する必要があり、現状を維持したい派と推進する派の間には常に葛藤が生じるから、会社として上手く乗り越えていきましょう、という話。

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む