サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. ええことするのは、ええもんや!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ええことするのは、ええもんや!
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 取扱開始日:2014/07/22
  • 出版社: えほんの杜
  • サイズ:27cm/32p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-904188-30-9
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ええことするのは、ええもんや!

著者 くすのき しげのり (作),福田 岩緒 (絵)

ボランティアって誰のためにするものなんやろう?いまオススメの1冊。【「BOOK」データベースの商品解説】学校の帰り道、マナブは困っている車椅子のおっちゃんを後ろから押して...

もっと見る

ええことするのは、ええもんや!

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ボランティアって誰のためにするものなんやろう?いまオススメの1冊。【「BOOK」データベースの商品解説】

学校の帰り道、マナブは困っている車椅子のおっちゃんを後ろから押してあげることにした。集まってきた女子たちから立派だ、尊敬すると言われたマナブは…。ボランティアは誰のためにするのかを考える絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

くすのき しげのり

略歴
〈くすのきしげのり〉1961年徳島県生まれ。「ともだちやもんな,ぼくら」でようちえん絵本大賞受賞。
〈福田岩緒〉1950年岡山生まれ。「がたたんたん」で絵本にっぽん賞受賞。ほかの作品に「おならばんざい」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

見てもらうためじゃない

2016/12/06 20:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

電気で動く車椅子が故障して困っているおっちゃんを押してあげることに。
みんなにほめられていい気分になっていたけど、
誰も見てくれなくなった途端、「何でこんなことを…」という気持ちがこみ上げてきて…
しかし、いいことをするのは何かが欲しいからではないと気付きます。
でも、誰かに認められたい気持ちもよく分かりますけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

じんわり胸の温まる話に仕上げられている。

2016/02/04 14:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の男の子が車いすが動かなくなって困っている「おっちゃん」を助けて車いすを押し始めるところはよかったが、他の子が出て来て「ボランティアや」と言い出したところでは気持ちが引いた。ボランティアという言葉が悪いわけではないが、最近はその言葉がややひとり歩きしている傾向がある。ボランティアというだけばえらいという錯覚を起こさせたり、もっといえば優越感を抱いたり。この作品がボランティアという単語で、主人公の行動を完結させるようなものだったら、きっととてもつまらない作品になっていたと思う。
でも、実際はちがった。主人公は途中で迷い始める。自分は何のために車いすを押し始めたのか、「ボランティア」のためなのか、誰かに見てもらいたいからなのか…いや、ちがう、と。その辺の心の動きが、車いすを押す少年の額の汗のダイナミックな表現とあいまってとても印象的に描かれていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/30 13:36

投稿元:ブクログ

ぼくは、
ええことしているところを
だれかに
みてもらいたかった
だけやろか?
~表紙見返しより~

2014/07/23 21:38

投稿元:ブクログ

『ボランティア』というものが何かというのは難しいところですが、子どもの「今、ぼくええことしてる」とか見栄っ張りなところの気持ちが垣間見えるのは面白いなと思いました。
『ともだちやもんな、ぼくら』の第2弾

2015/04/03 05:24

投稿元:ブクログ

ええことをするのはなんのため?

最初は純粋な思いやりだったのに、その行為を誉められてしまうと、誉められたいがためのエゴになる。

実際のところ、炎天下の坂道で車椅子を押しながら、そんな己を客観視して悟りを開く少年なんかなかなかいないとは思いますが(笑)

多分、大人が他人のためにとる行動だって、少なからずそんなエゴを含んでる。
やらない善より、やる偽善。

とか、いろんなしがらみにまみれて生きる大人は無駄に掘り下げてしまうけど、子どもには絶対に一度読んで欲しい絵本です。

人が人と生きる根本には、この少年の悟りがなくてはならないと思います。

絵本 ランキング

絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む