サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

白虹(PHP文芸文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/07
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP文芸文庫
  • サイズ:15cm/445p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-76161-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

白虹 (PHP文芸文庫)

著者 大倉 崇裕 (著)

警察官時代に起きた悲劇的な事件の記憶から逃れるかのように、毎年夏の間だけ山小屋でアルバイトをする五木健司。「辞職しなければ、いい刑事になった」と惜しまれる五木はある時、名...

もっと見る

白虹 (PHP文芸文庫)

907(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

白虹

750(税込)

白虹

ポイント :6pt / 紙の本より157おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

警察官時代に起きた悲劇的な事件の記憶から逃れるかのように、毎年夏の間だけ山小屋でアルバイトをする五木健司。「辞職しなければ、いい刑事になった」と惜しまれる五木はある時、名頃という男を救助したことから、殺人事件に巻き込まれてしまう。その真相を調べるため、一週間の約束で山を下り、東京へと戻った五木は、殺された裕恵の残した手帳を手掛かりに、五年前に起きたある事件にたどり着くが…。【「BOOK」データベースの商品解説】

毎年夏の間だけ山小屋でアルバイトをする元警察官の五木健司は、ある男を救助したことから、殺人事件に巻き込まれてしまう。真相を調べるため、山を下り、東京へと戻った五木は、5年前に起きた事件にたどり着くが…。〔2010年刊の加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

北アルプスの山小屋で働く元警官の五木は、ある遭難者を救助したことがきっかけで、殺人事件の真相を追うことに。傑作長編ミステリー。【商品解説】

著者紹介

大倉 崇裕

略歴
作家

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/15 09:09

投稿元:ブクログ

山登りミステリ。
山小屋バイトの主人公が遭難者を助けたが、後日この人物が殺人事件加害者の遺体となって発見されてしまう。主人公は真相を追うために奔走するのが大筋。
独特なのは、事件は下界なのでクローズドサークルでは無い。山小屋で働く仲間達、山登りの魅力がたっぷり込められていて山小屋に行きたくなる感じ。山モノといっても非常にテンポが良いのですらすら読めます。
少し人嫌いでスレ気味な主人公が最後は成長しているのが分かり後味も思った以上にさわやかでした。

2014/12/03 00:30

投稿元:ブクログ

山岳小説。面白い。でも、写真の件、どっかで似たような話を読んだ気がするなぁ。登場人物は全然違ったけど。
続編があってもいい感じ。

2016/02/26 09:10

投稿元:ブクログ

話はテンポ良く進み、それはそれでいいのですが、ラスト至るまでの伏線があまり丁寧に描かれていないので、?マークの結末となっているのが残念。
駆け足過ぎるラストですねー。
そんな唐突に言われても、という感じ。ちょっともやもや。

2014/08/06 17:38

投稿元:ブクログ

どんでん返しの裏側があまりに素っ気のない犯罪心理なので,面食らう.しかし,現実の犯罪なんて社会悪の如き重厚感漂うものではないのかもしれない.

PHP文庫 ランキング

PHP文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む