サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 気まぐれ指数 改版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

気まぐれ指数 改版(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/388p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-109803-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

気まぐれ指数 改版 (新潮文庫)

著者 星 新一 (著)

ビックリ箱作りのアイデアマン黒田一郎は、犯罪批評を趣味とする教養高き紳士。ふとした気まぐれから自ら完全犯罪を計画し仏像窃盗に乗り出すが、はからずも神主、未亡人、セールス・...

もっと見る

気まぐれ指数 改版 (新潮文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ビックリ箱作りのアイデアマン黒田一郎は、犯罪批評を趣味とする教養高き紳士。ふとした気まぐれから自ら完全犯罪を計画し仏像窃盗に乗り出すが、はからずも神主、未亡人、セールス・ガールをめぐって、てんやわんやの大騒動がまき起る…。ショートショートの第一人者星新一が、傑出したギャグと警句をふんだんにもり込んだ、スマートでユーモアにみちた長編コメディーの傑作。【「BOOK」データベースの商品解説】

ビックリ箱作りのアイデアマン黒田は、犯罪批評を趣味とする教養高き紳士。ふとした気まぐれから自ら完全犯罪を計画し仏像窃盗に乗り出すが…。ショートショートの第一人者星新一のスマートでユーモアにみちた長編コメディー。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

挿絵がいい

2017/02/21 10:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tamayo04 - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙もそうですが、挿絵の方がぴったりでいい味を出しています。文章とあっていて、星さんはイラストレーターの方にも愛されていたんだなあと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

気まぐれ指数

2001/04/07 18:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:候  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ビックリ箱作りの黒田がある日、須美子と会い趣味の犯罪批評への手紙から完全犯罪を計画し、仏像窃盗に乗り出すが、フリッツ、邦高など犯罪を阻止するものやごたごたな大騒動がまき起こる…最後までどうなるかわからない、スマートでユーモアにみちた長編コメディー。
  

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

巧み

2002/03/26 13:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みっつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 仏像窃盗をめぐる物語。仏像を盗もうとする黒田の動機、化粧品売りをやりながら芸術を目指す須美子との出会い、仏像の盗み方、神主邦高との関係、お付(お手伝いさん)の存在、犬の登場、などすべての登場人物、背景が巧みにからみあい、思いがけないたのしい話になっていて、スリリングでさえある。
 この手の話ですべてが明るい方向に解決していくところが、この本の一番いいところだと思う。こんなに巧みで軽快なのに暗い結末ではなにか物悲しい。
 「こんなことあるわけない!」と思わず読めば、楽しめる一作だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/29 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/10 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/18 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/14 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/23 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/05 10:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/18 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/04 14:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/28 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/13 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る