サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

四畳半神話大系(角川文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1,277件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.3
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/405p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-387801-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

四畳半神話大系 (角川文庫)

著者 森見 登美彦 (著)

〔太田出版 2005年刊の加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

四畳半神話大系 (角川文庫)

734(税込)

四畳半神話大系

713 (税込)

四畳半神話大系

ポイント :6pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

四畳半恋ノ邪魔者 5−96
四畳半自虐的代理代理戦争 97−199
四畳半の甘い生活 200−297

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1,277件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

宇宙より広い脳の中の四畳半

2011/10/11 20:20

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:更夜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 家の猫が二階のベランダでお昼寝または、仕事である巡回をしていると、ハトたちが来て、
猫が手が届きそうで、絶対に届かないところに並んで、「ぶっぽ~ぶっぽ~」と楽しげに
鳴きます。過去、ハトを捕まえんと、ジャンプして二階から転げ落ちそうになって、危うく救出された
バトルがあって、ハトたちは絶対安全、ってところで、わざと猫を挑発して「ぶっぽ~ぶっぽ~」
猫は、それを悔しそうに、ええ、実に悔しそうに見ています。
私は、「さくらさん、さくらさん(実名)、どうせ届きませんから、無駄な戦いはやめなさい。
ハトの勝ちです」と肩をぽんぽんとやって、いさめるのですが、それでも猫はくやしそうな
顔をして「このやろぉ~~~~」とハトを見つめています。

 この物語の主人公、京都の大学の三回生の「私」は、家の猫よろしく薔薇色のキャンパスライフを
送れないものだから、悔しくて、人のせいにして、地団駄をふんでおります。
四話からなるのですが、第一話「四畳半恋ノ邪魔者」では、おのれ、彼女なんか作りやがって、
くやしいわいっ!2年間大学生をやってみて、すべて上手くいかぬ。
薔薇色キャンパスラブライフなんてやってるのは東西南北走り回り邪魔するのだ。

 それもこれも、大学に入ってまだ、「薔薇色のキャンパスライフ」なるものに期待を膨らませて
いたときに出会ってしまった小津という同じ学年の男のせいだ、と「私」は言い張ります。
小津という男は、「弱者を鞭打ち、強者にへつらい、わがままであり、傲慢であり、怠惰であり
天の邪鬼であり、勉強をせず、誇りのかけらもなく、他人の不幸をおかずにして飯が三杯喰える」
男である、と「私」はいいますが、なんだかんだ言って、友人といえるのは、つきあってくれるのは
小津だけです。

 この小津という男は、したたかもんで、大した人物なのです。
どんなサークルに入っても上手く立ち回り、情報を得て、妙に逃げ足だけは速く、ちゃっかり彼女も?
しかし、小津に魅入られてしまった「私」は、とほほとばかりに小津に振り回されてしまうことになります。
なんだか、もっともらしい小理屈を並べてみる「私」の本音は「彼女がいなくてさびしい」・・・
「黒髪の乙女」正確に言うと「ふはふはしてて、繊細微妙で夢のような、美しいものだけで
いっぱいな黒髪の乙女」がいい・・・と妙に頑なで、結局それなのかと思いっきり脱力させてくれます。

 大体、薔薇色のキャンパスライフなるものが幻想なのですが、どうしてもとなりの芝生が青く
見えてしまう、自称頭のよい紳士な「私」

 謎の師匠、樋口さん、きりりとした工学部の明石さん、酒豪の美人歯科衛生士、波貫さん、 美しい香織さん
様々な人たちが、「私」の狭い四畳半を中心にちまちまと京都の中を あっちで、あれこれ、こっちであれこれ
そこに、くまのぬいぐるみ「もちぐま」、絶妙な味の 猫ラーメン、突然大量発生する蛾、
『海底二万海里』他、様々なサークルが出てきて 「私」は京都中を走り回ることになります。
それにいちいち妄想して、屁理屈こねて、自分を納得させてもそこに小津がタイミングよく現れ、
「僕は全力を尽くしてあなたを駄目にする。運命にさからってもしょうがないですよ」・・・決定打。

 この物語のすごいところは、その構成力です。四話通して読むと、それが微妙にずれて
再現されるということの繰り返しで、構成が良いというのは骨組みがしっかりしている、という
事ですが、「起承転結」というより「起・反転・斜転・水平転・結」がぐるぐるぐるぐる回り回って
はい、四畳半の世界の出来上がり。という語りの流れの上手さを感じます。

 会社で言ったら、「やりたくないことは、周りに丸投げして、いいとこどり」の小津と
「人が良くて、仕事丸投げされて、泣いてしまう」タイプの「私」・・・だんだん、「私」に
哀愁が漂ってきますが、それでも、小津や樋口さんの情け容赦ない黒い糸でボンレスハムのように結ばれた「私」。
思わせぶりな占いのお婆さんが、ささやくラッキーアイテムは「コロッセオ」

 学生時代(10代)を思い出すと、恥ずかしい~と思うことが多くて、そうそう、頭の中は妄想
だらけ・・・そんなもので、「黒髪の乙女」ですか?私は白髪染めして黒髪にしているが、
やはり若い「私」には実態のわからないもふもふとした、若者らしい「かくあるべき」があるのでしょう。
それでもこれが、若者らしい意外と正しい道なのかもしれません。
ほとんどこの小説は、滑稽小説、哀愁小説とも言うべき空気を持っていて、作者、森見さんの
自虐的な屁理屈がなんとも笑いと哀愁をさそいます。

 しかし、ただのくだらない若者群像か、というと文章の句読点の打ち方は大変美しく、 その物語のずらし方の上手さ、
そして小物使いの上手さ、伏線の張り方の上手さ、 リズムとテンポの良さ、上手さが光ります。
読みやすい文章というのは、ひらがな7割、漢字3割で、そのお手本の文章が三島由紀夫の
『潮騒』の冒頭だと聞きました。
森見さんの文章もなかなかその辺、読みやすさをきちんと考え抜いていると見ました。

 この小説から教訓を得たと言うより、若い大学生がぽつんとひとりで四畳半にいたらどうするかが自分なりにわかりました。
とりあえず 「このさびしがりやさん」と言ってあげるのがいいでしょう。
ほんと、さびしがりやさん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすくは無いが好きです。

2011/06/21 20:01

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アメミヤサトル - この投稿者のレビュー一覧を見る

もはや手の施しようのない阿呆だった。大学一回生の時四つのサークルを天秤にかけた私は、その選択を後悔しながらこう思うのだ。あの時、このサークルを選ばなければと。その通り、違う四つの並行世界を書いたお話。結局似たような運命をたどってしまうのは私が阿呆だからか。小津のせいか。 軽快な文章とそれぞれのキャラクター達が魅力的で引き込まれてしまう作品である。言葉の選び方が魅力的だ。何より明石さんが可愛い。アニメも見たが、アニメの方が小津は良い奴であった。小津のくせに「なぜそんな事を言うんですか」「僕なりの愛ですわい」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

大学生は読んだ方がいい

2015/09/10 20:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:泉野麻二 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大学生活に淡い希望を抱いたものの、いざ3年生になってみれば満足とは言えない結果に…という今どきの大学生が主人公。
結局どこでも出てくる悪友やら、どう転んだって満足いかない学生生活やら。

結局のところ、どう転んだって大して結果は変わらなかったり、満足いく人生というのはそうそう送れないのかもしれないと思えた。
そういう気持ちをモチーフにした良い作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

大学生ライフ無駄ばかり

2017/02/23 09:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

第一編なるほど、第二編おや、これ前にも読まなかったっけ?少し戻ってああ、そういうしかけね。第三編ほら、きた。もうお手の物。しかしそっか、ちょっとずつ変わって来ているんだ。第四編、なにー。四畳半から出られない??何度繰り返そうとも、登場人物は同じ。小津との友情、これはそんなに悪くないよ。言いたいこと言える仲間ってのは大切だ。主人公は「バラ色のキャンパスライフ」が台無しもいいところだ!と毎回喚いているけれど、実は意外に楽しんでいるよね。本当に打破したかったら、バイトしろ!バイト。無駄が多いのが大学生ライフさ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

のめり込む

2015/10/02 20:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まるちぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいるうちにどんどんのめり込んでいってしまいます。同じようなシチュエーションを別視点から描いたり、はたまた全く違うように描いたりと先の予想ができません。京都が舞台となっているので、行ったことのある方はさらに楽しめるかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

非日常的な主人公の日常×4

2015/08/31 00:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tika_satoru - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公のヘタレ大学生が、華の大学生活を夢見て奮闘します。
…が、悪友との出会い、へんてこなサークル活動、謎の組織などなど、主人公の周りはいつもてんやわんや。
「もしあの時に道を踏み違えていなかったら…!」という、”もしもの世界”(パラレルワールド)を、主人公が渡り歩く?というお話です。

秘められた”過去の自分の可能性”にもがく主人公に笑わされます。
勉学に励み、恋をし、気の合うサークル仲間と楽しい大学生活を過ごしたい…
誰もが憧れる、普通の幸せがこんなにも遠いものとは!

文章の書き方が独特なので、最初は難しいと感じるかもしれませんが
内容は本当にどうしようもなく阿呆で面白いので、おすすめです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中毒性のある言葉のチョイスがたまらん

2015/07/10 13:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ああああ - この投稿者のレビュー一覧を見る

明治文学のような文体で繰り広げられる 大学生「私」の馬鹿馬鹿しくておかしな生活。
全4話構成で最後まで読むと全てが繋がっていくのがまたいい。
アニメもオススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろい!

2015/01/26 22:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もも - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて森見登美彦作品読みました。
人気があるのは知っていていつか読みたいと思ってて。

最初はやっぱり文体に慣れませんでした。
でもだんだんすごいハマってく。
テンプレがあって、でもたまーーーに違うところがおもしろい。
なんだなんだ同じようなオチになるのも、人生ってそんなもんだよなーってかんじで。
でも最後の最後は、むしろ真逆になって、
でもそれがまたいい味で!

合わない人はつまらないかもだけど、
森見登美彦にピタッと合ったら、すごい面白いです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この方の作品が好きで、読みました。

2014/10/20 23:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shingo - この投稿者のレビュー一覧を見る

この方の作品が好きで、読みました。
平行世界のお話。序盤はイマイチと思ったのですが、やっぱり上手かったです。読み返したくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

組み合わせは変わってもピースの接点は変わらない

2010/06/05 14:38

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最終話まで読み終わってみると、第一話でほとんど全てが語られていたんだな、と思う。ただ、同じ様な出来事でも、それを捉える側の心理が変われば見え方が変わってくる。
 周囲の出来事が変わるようでいて、結局のところ自分の変わるべきところが変わるまでの過程として必要なのが、二話と三話の試行錯誤なのだろう。

 一回生の時の選択肢の違いによって引き起こされる、三回生のときの出来事の変化が延々と繰り返されるだけなのだけれど、そこには変わらないターニングポイントがいくつかある。そして最終話に至って、それらの関係性が明らかにされるわけだ。
 いずれの話にせよ、訪れる結末は大概の人にとっては十分幸せだと思うのだが、本人は不満が残るらしい。なんて贅沢なんだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生なんてそんなもの。1つの選択で劇的に変わったりしないんだ。

2010/08/17 13:29

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みす・れもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は4話で構成されている。
第1話を読み終わった段階で、「あぁ、これは『太陽の塔』と同じようなものか・・・」と思い、第2話の途中で頭に「?」が浮かんだ。読んだ覚えのある文章がそのまま散りばめられており、主人公も第1話と同じ時間に生きている。少なくとも第1話の続きではないらしい。そこで気づく。カバー裏面にあるではないか。”4つの平行世界”と。そういうことなのだ。

主人公「私」は、大学に入ったばかりの春にどのサークルで華やかなキャンパスライフを送ろうかと迷う。数ある新入生用のビラの中で特に惹かれたのは、次の4枚。映画サークル「みそぎ」、「弟子求ム」という奇想天外なビラ、ソフトボールサークル「ほんわか」、秘密機関〈福猫飯店〉。そして、この4つのビラのうちどれかを選択した時点で、「私」の人生は平行して進んでいく。映画サークルを選択した人生、奇想天外なビラについていった人生、ソフトボールサークルに入会した人生、秘密機関に身を置いた人生。これらの人生が平行して進んでいくのである。
どこかの本か、それとも映画だったか、ドキュメントだったか、それは定かではないが、以前、聞いた(読んだ)ことがある。人は何かを選択するとき、その時点で選択肢の数だけ人生が並行して進むのだと。それ故、異次元だかなんだかわからないが、この世には人の数の何倍もの人生が平行して存在しているのだと。

同じような文句が各話に散りばめられているということは・・・。そうである。どの道を選択したところで、結末はそう変わらない。同じ人間が歩くんだ。1つの選択で劇的な変化が起きるなんてそうそうあるものじゃない。しかし、決して退屈ではなかった。それぞれの繋がりを見つけては愉しんだ。最後の第4話なんて、全てを締めくくるにふさわしい話だ。

私は著者のこの文体が好きである。もったいぶったような言い回し。笑いをこらえられないほどに格好付けた喩え。そのくせ、実際に起きていることと言ったら、些細なことなのである。まぁ、中には程度を越えたものもあるが。
そして、どこかネジが歪んだ登場人物も好きだ。近くにはいて欲しくないけれど。

人生なんてそんなもの。深刻にならないで愉しもう。そんな声が聞こえる気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

有名だったから

2015/09/12 21:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miina - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメがすきで、いろいろなところに四畳半神話大系とかかれており
賞もとっていたので信用できるかな、と思い購入。
半分くらい読んでもあまり面白くなく、レヴューに最後が面白いと書かれていたので
我慢して続読。結果、あまりおもしろくなかった。
しかし!よく京都にいくのだけど、本を読んでいる途中に京都御所だったかな?に花見へ行ったときに、近くに京大がある!ということで珍しく歩いて行った。
その道程にこの物語の舞台があって、そのとたんになんだかうれしくなった。
物語に立体感がでた。だからこの本を読むならぜひ京都にいってほしい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「また阿呆なもの作りましたねえ」

2011/04/24 00:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鳥居くろーん - この投稿者のレビュー一覧を見る

当時は大して人気もなかった5年以上前のこの本が、今さら本屋で大量に平積みになっていた。なんのこっちゃと思っていたら、どうもアニメ化されたのが好評で、なんとか祭のアニメ部門で大賞までもらったからだと、森見ファンの知人の談。
人気の高い「歩けよ乙女」でも「有頂天」でもなく、なぜ「四畳半」をアニメ化したのか疑問ではあったが、さっそくDVDを借りて観てみると、確かにこれはものすごく出来がいい。ということで、原作も気になってしょうがないので読んでみることにした。

本作は森見氏のデビュー作『太陽の塔』に次ぐ2作目。
京都大学に在籍する主人公が、無駄に高い知能指数をドブ川へと垂れ流しつつ、目指すべき学生の本分を力いっぱい踏み外した挙げ句、不毛なキャンパスライフをぐだぐだと邁進する、という内容は前作と本筋で変わらない。

ただ、少々筋立てが凝っている(凝りすぎている?)点と、フィクション色が濃いという点が違っている。わけても現実離れ寸前のキャラクター設定が出色で、(ヘタレの主人公を除く)各登場人物の八面六臂の活躍たるや、まさしく四畳半狭しといったところか。

「他人の不幸をおかずにして飯が三杯喰える」唾棄すべき悪友。
「中世ヨーロッパの城塞都市のように堅固な」孤高の乙女。
年中浴衣、天狗の高下駄、下賀茂神社の神さま?・・・謎の師匠。

なるほど、このキャラクターたちを映像化したかったわけね。

正直言って、小説としての出来は微妙。プロットが巧妙でおもしろいが、ちょいとやり過ぎというか消化不良気味。主人公のうだうだ学生生活も、元・腐れ大学生の私にしてみれば大いに共感できるところではあるが、そうでなかった人が読んだ場合、どうなんであろうか?間違っても万人受けしない、学生の自主製作映画のようなものだと思って読まれたし。

そんな原作の構成を大幅に書きかえ、足すべきところを足して削るべきところを削ってなお、元のテイストを損なわないばかりか、むしろ森見的世界を底上げしてしまったアニメ制作陣には脱帽。映像の威力は素晴らしい!

ってこれは書評の投稿欄であったか、失礼。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ヘタレなりに逞しい。

2015/12/13 00:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっとつかみどころがなくて四苦八苦した作品です。
途中から初めの2ページはすっ飛ばすように読みました。それでいいと思う。
大学生のヘタレ具合の際限なさが情けなくて清々しいほどです。
金策に気が付いた時「お、それはイイね」ってニヤリとしてしまいました。
それを元手に…読んで!
四苦八苦した分、読後は爽快だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

万人向けというわけにはいかないでしょうね

2016/07/17 18:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

ことば遊びでしょうか、はまる人には面白いのでしょうね。私はこの手のことば遊びなら円城塔氏の作品の方がはるかに好きです。

私の好みととしては、物語自体の話としての面白さが際立っている作品が読んでいて一番楽しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む