サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 今出川ルヴォワール

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

今出川ルヴォワール(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/08
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/475p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277828-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

今出川ルヴォワール (講談社文庫)

著者 円居 挽 (著)

彼の決意、彼女の親愛。いくら心がすれ違っても、この手だけは絶対に離さない。新感覚の京都ミステリー!「ルヴォワール」シリーズ第3弾!【「BOOK」データベースの商品解説】大...

もっと見る

今出川ルヴォワール (講談社文庫)

961(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

今出川ルヴォワール

961(税込)

今出川ルヴォワール

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

彼の決意、彼女の親愛。いくら心がすれ違っても、この手だけは絶対に離さない。新感覚の京都ミステリー!「ルヴォワール」シリーズ第3弾!【「BOOK」データベースの商品解説】

大怨寺で起きた密室殺人の容疑者とされた龍樹家の若き龍師・御堂達也。彼の処遇をめぐって私的裁判「双龍会」が開かれるが、それは壮絶なサバイバルゲーム「権々会」への序章に過ぎなかった…。ルヴォワール・シリーズ第3作。【「TRC MARC」の商品解説】

河原町今出川にある妖しき大怨寺で殺人が起きる。容疑者は、龍樹家の龍師・御堂達也。私的裁判・双龍会が開かれるが、思わぬ展開に。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

散歩ネタ

2016/05/26 14:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽにょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろいろまどろっこしい部分はあるけれど、内容自体は悪くなかった。
シリーズもので、最初は良かったが、シリーズが進むにつれてだんだんとしりすぼみになっていった感じ。
京都の街が丁寧に描かれていた、京都に住むものにとっては、また散歩のネタができた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/10 22:37

投稿元:ブクログ

シリーズものというと、1作目→2作目→3作目…と回を重ねるごとに勢いが衰えていく方が多数かとは思うが、この作品群に関してはどんどんパワーが増しているというか、端的に言って面白くなっているような気がする。
あるいは、今シリーズが持つ独特かつ独善的な訴求性に、読み手の私が完全に慣れてきたということか?
最近では珍しく、ページをめくる手が止まらない、他にやることがあってもつい手を伸ばしてしまう、そんな一冊だった。

相変わらず純粋な推理物、フーダニットとして読めるミステリーではないが、一見暴力的とすら思われる、著者が構築したルールを理解し、この世界の楽しみ方さえ身につければ、これほど面白い小説もなかなかないだろう。
巻末の解説で我孫子武丸氏が、そのあたりの読者の感覚を非常に上手に綴ってくれている。

2014/09/15 22:36

投稿元:ブクログ

良くも悪くもラノベである。
良い面としては、テンポよく進む会話と、言葉遊びが多いこと。
悪い面としては、超人が多すぎることと、中二病全開であること。
ミステリではないが、飽きることはなく楽しんで読める。

2014/08/14 09:23

投稿元:ブクログ

「さて、繊維が発見されるという前提でお話ししますが…」
「発見されなかったら無駄骨になるが」
「されますよ。そうでなければ面白くありませんから」
「面白いから繊維が出てくる? ナンセンスだ」
「面白くなければ双龍会じゃありませんよ」

「実際、今日の夕食にはやや塩分が足りないですけどね。撫子さん、貴女にはあと二回塩を振る勇気が必要です」

「それにはバイカル湖より深い訳があるんですよ」
「ほう、どんなだ?」
「撫子さんに振られました。用事があるんですって」
「高瀬川より浅いな」

「達也、撫子ちゃんを怒らせたら駄目だよ?」
「ただ、お互いに譲れないものがかち合っただけだ」

「ベターハーフという言葉を知っているか?」
「『より良き半分』、伴侶だとか恋人だとかそういう意味よね」

『「テメエ、人の技を盗りやがったな!」
「生憎、俺は盗人じゃないからな」
達也は顔色一つ変えずにカードを片付けながらこう続けた。
「借りただけさ。後で返す」
それこそまさに盗人の常套句だった。』

「ぼくの正義はぼくだけが知っていればいいんだよ」

2016/11/21 22:33

投稿元:ブクログ

だんだん読みやすく面白くなっていきますね。
ミステリとしても、いろいろな騙しなどあり、いいですね。あと、カードゲームのギャンブルのサンスペンスもなかなかあり、良かった。

2015/01/11 13:22

投稿元:ブクログ

「オ・ルヴォワール」というフランスの別れの挨拶は、〝別離〟と〝再会〟という反対の意味を一語のうちに孕んでいる。いっぽう、ふたつの通りが交差する点によってあらわされる京都の地名もまた、そこに〝別離〟と〝再会〟とを孕んでいる。「ルヴォワール」シリーズ第3弾の舞台は、大怨寺という怪しげな寺院のある「河原町今出川」。当然、そこは積年の〝別離〟と〝出会い〟の交差点となる。

メインが、私的裁判「双龍会」におけるディベート以上に「権々会」における「鳳」と呼ばれるカードゲームに変わるとはいえ、その息を呑むような壮絶な騙し合いの連続は相変らずだ。そして最後、登場人物らの人間ドラマにも大きな変転が……

文庫化されているのはここまでだが、こうなったらこの勢いで「BOX版」で最終章まで読んでしまうべきか、はたまたご馳走は最後まで残しておくべきか…… 悩ましい。

2016/06/16 12:55

投稿元:ブクログ

シリーズ3作目。達也が双龍会にかけられたと思っていたら、ギャンブル話しになっていた…(システムはよく理解出来ぬ)増えた新キャラ、達也とあの人はお似合いだと思ってました…ていうかまた気になる引きで終わったな!

2014/08/17 07:34

投稿元:ブクログ

賭博や非合法な商売で運営している大怨寺。
権々会の頂点に君臨する権々権現。

幸せにはなれない戦いに身を投じ続けていた彼。
「より良き半分」の為に自分を投げ打った彼。
御堂達也が復讐を通して成りたかったもの。

2014/09/03 11:50

投稿元:ブクログ

なんという恋愛小説。こんな、存在すべてを賭けたような愛って普通なら鬱陶しいと思うのに、この作品では心から幸せを願わずにはいられない。
読んだばかりで落ち着いて感想もかけやしない。そんな読後に陥るのは滅多にない。もう少し時間がたってから、1作目からまた読もうと思う。

2015/09/10 22:49

投稿元:ブクログ

今回メインなのは逆転裁判ではなくギャンブル会は未だにしっくりこないね。でもでも、四人の恋の行方は気になる!

2014/09/03 01:19

投稿元:ブクログ

『ルヴォワール』シリーズ第3作。
前2作とはやや趣を異にし、コン・ゲーム的な要素が取り入れられ、また違った緊張感が生まれているので、疑似裁判とも言える『双龍会』の存在感は今作に限ってはやや薄い。
解説は我孫子武丸だったのも嬉しかった。若い頃は好きだったなぁ……最近は読んでないことを思い出し、ちょっと近作を探してみようという気になった。

2014/09/14 16:49

投稿元:ブクログ

えーっ!えーっ?え==っ!今回の引きには驚いてしまった。達也と流さんの事は納得ですよ。前巻の終わりのあの状況の時だって、やっぱ達也の方っしょ?って思ってましたからこの結果でオールオッケー。でもでも論語が?あ~、撫子ちゃんツライわぁ。だが、しかーし!まだ「アデュー」は論語の口から出てないぞ。

2014/11/15 21:17

投稿元:ブクログ

心根までミステリー脳に染まり切っていない、あえて「一般人」と呼ぶが、その種の読者(私も含め)にとって本書は我孫子武丸による「あとがき」までが今出川ルヴォワールである。
前作の書評で私は「極めて現実的なミステリーを望んでいたが中身はファンタジーであった」と書いたのだが、それこそ円居挽の術中に嵌まってしまっていたと認めざるを得ないのが本作である。

本作も、「一般人」が思い描くミステリーではなく、円居挽が思い描くミステリーであり、それは前作でファンタジーとして描かれ、本作は賭博小説、バトル漫画というべき要素がプラスされて描かれている。最初から筆者と読者の間でミステリーに対する相違が存在しているのだから、前作で違和感を覚えたのとも至極当然なのである。これに関しては、あとがきで我孫子武丸がわかりやすく解説している。

読者にとって大事なのは、面白いのか面白くないのか、加えてミステリーしているのかしてないのか、といった事だろう。
本作の面白さを何に求めるかで大きく違ってくるが、私は「面白い」と断言しよう。
私はルヴォワールシリーズ3作目となる本作を読み終えた時分になってようやく気付いたのだが、私がルヴォワールシリーズに求めていたのは理路整然としたミステリー要素ではなく、魅力的な登場人物達の織りなす人間ドラマであった。
本作では前2作の伏線を回収しつつ、最終作に向け大きく物語が動き出す。登場人物達もまた、翻弄されるかのように目まぐるしく、悩み、変化し、成長していく。
特に私のお気に入りの登場人物が本作では中心となるので、その点でも「面白い」と感じたのだろう。

しかし筆者は読者の望む展開を描きつつ、予想だにしないどんでん返しで意表を突いてくる。
最終作では一体どんな意趣返しが待ち受けているのかと思うと、すっかり本作でルヴォワールシリーズの虜になってしまっている自分に気付く。

2015/03/09 14:58

投稿元:ブクログ

京都・大怨寺(だいおんじ)の僧侶が転落死した。殺人容疑をかけられたのはその場に居合わせた御堂達也(みどうたつや)。嫌疑を晴らすため、彼の母校、越天(えてん)学園に向かった瓶賀流(みかがみつる)。そこで出会ったのは達也の死んだ母親と瓜二つの女性だった。三十年前に起きた悲劇と私的裁判・双龍会(そうりゅうえ)が繋がるとき、過去の呪縛から解放されるのは、誰だ。

2016/02/10 07:43

投稿元:ブクログ

双龍会ではなく権々会という、大がかりな賭博大会が主要な舞台。前2作とは趣きがずいぶん違いました。自分が麻雀にしてもカードにしても、戦略が必要なゲームが苦手なこともあって、展開があまりすっと入ってこなかったかも。でも、盛り上がりは充分だったし、徐々に動きだした主要人物たちの心の行方も、気になる第3話でした。そして最後は驚き。次作が手元にあって良かった。。。