サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

風のマジム(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 81件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/307p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277887-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

風のマジム (講談社文庫)

著者 原田 マハ (著)

派遣社員から女社長に。日本初の純沖縄産ラム酒を造りたい!すべての働く女性に勇気を与える奮闘記。【「BOOK」データベースの商品解説】南大東島のサトウキビを使って、日本初の...

もっと見る

風のマジム (講談社文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

風のマジム

637(税込)

風のマジム

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

派遣社員から女社長に。日本初の純沖縄産ラム酒を造りたい!すべての働く女性に勇気を与える奮闘記。【「BOOK」データベースの商品解説】

南大東島のサトウキビを使って、日本初の沖縄産アグリコール・ラム酒を造りたい! まじむは持ち前の体当たり精神で島に渡り、伝説の醸造家を口説き落とし…。実話を基に描くサクセス・ストーリー。【「TRC MARC」の商品解説】

ほんとうにあった夢物語
契約社員から女社長に――
実話を基に描いたサクセス・ストーリー。琉球アイコム沖縄支店総務部勤務、28歳。純沖縄産のラム酒を造るという夢は叶うか!

風の酒を造りたい!
まじむの事業計画は南大東島のサトウキビを使って、島の中でアグリコール・ラムを造るというものだ。持ち前の体当たり精神で島に渡り、工場には飛行場の跡地を借り受け、伝説の醸造家を口説き落として――。【商品解説】

著者紹介

原田 マハ

略歴
原田マハ(はらだ・まは)
1962年、東京都小平市生まれ。関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史科卒業。マリムラ美術館、伊藤忠商事、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館に勤務。その後、フリーのキュレーター、カルチャーライターに。2005年、『カフーを待ちわびて』で、第1回日本ラブストーリー大賞を受賞、同作は映画化され、35万部を越えるベストセラーに。2012年『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞受賞、第10回本屋大賞第3位。2013年 『ジヴェルニーの食卓』が第149回直木賞候補。著書にはほかに『夏を喪くす』(講談社文庫)『まぐだら屋のマリア』『でーれーガールズ』『永遠をさがしに』『旅屋おかえり』『生きるぼくら』『太陽の棘』『総理の夫』などがある。幅広いテーマで精力的に執筆を続ける注目の作家。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー81件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

まじむこみてぃ。いい言葉。

2015/11/30 22:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

でーじいいお話だったさぁ!郷土愛と真心(まじむ)が生み出した沖縄のラム酒。ひとりの女性の小さな思いが大きな企業を動かし、成功していく流れは『下町ロケット』のよう。何回も何回も挫折しそうになっては、まわりの人に助けられ諦めずにやり遂げる姿はやはり清々しい。最大の味方で、泣き言を言うと叱り飛ばしてくれるおばあ。突き放すことを言われようとも、そこに相手を思う愛があれば通じる。それをこの本から学んだ。大切な人を支えるために、厳しい言葉も時には必要。でもそこには必ず真心(まじむ)が込められている。まじむこみてぃ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ラム酒が飲みたい。

2014/09/03 15:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごん太2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

もともと私はサクセスストーリーが好きだが女性を描いた物語はめったにおめにかからない。この本の舞台になった南大東島へ機会があって去年行ってラム酒の工場を少し見せてもらったり試飲をさせてもらった。ひょっとしたらその話かなと思ったら案の定、実話を地でいく話で、時間を惜しんで一気に読んだ。
ネットで検索しても、この主人公のことが出てくる。そうして読んだあと、無性にまたラム酒を飲みたくなったのだ。実は試飲だけでお土産に買って帰らなかったから。
近辺のスーパーを訪ね歩いても沖縄産ラム酒を売っている店はない。いよいよネットから取り寄せねばと思っているこのごろだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「風のマジム」 面白かった

2015/12/29 17:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

お仕事ストーリーか、か弱い女子のサクセスストーリーか、と思いながら読み始めたがモデルの方がいたのだと後の解説を読んでウ~ンと唸ってしまった。
沖縄に行ったことがなく、アルコールが飲めない。そんな私が、南台東島の風に吹かれながらマジムのラム酒を飲んでみたいと猛烈に思った。読んでる途中からラム酒の香りが漂ってきた気がし、さわやかな風を感じながら早くラム酒飲んでみたいと思った。多分、この作品を読んだ方は私と同様にどうしても風に吹かれながらラム酒を飲みたいと切望するはず。
契約社員が沖縄特産のさとうきびからラム酒を作ろうと考えたところから、様々な困難を乗り越えおばあやおかあが見守る中、ついに完成となる。こんな素晴らしい物語は絶対映像にしたら良いのにと思いながら読み進んだら、やっぱり映画になっていたらしい。出会うのが遅かった感も否めないが、原田マハのほかの作品も読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

下戸でも。

2015/12/19 16:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mugi - この投稿者のレビュー一覧を見る

行った事のない島へいってみたくなり、お酒は弱くても「ラム酒」をお取り寄せしたくなる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

元気をもらいました

2015/08/23 07:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Neko - この投稿者のレビュー一覧を見る

原田マハ作品、初めてがこちらでした。
パワーをもらった作品。
きれいな沖縄の空、海、サトウキビ畑、
目の前に拡がる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いい

2016/12/03 20:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ムジクムジカミュージック - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく頑張るマジムとばあちゃんが最高
そして彼女をとりまく環境、島そのものだったり、人だったり、仕事だったり
そのすべてがドラマチックです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み終わると・・・

2014/10/29 18:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:UMI13 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終わるとすっきり爽快元気が出る感じ。一気に読み進めちゃいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/28 11:15

投稿元:ブクログ

 私もお酒が飲めたらなぁ! お酒を飲みながら、読んでみたかったです。梅酒なら飲めるけど…。梅酒じゃかんじが出ないだろうな~。笑 もうちょっと、詳しく知りたい部分も多かったので、☆5に届かず。

2016/08/31 03:20

投稿元:ブクログ

実際にあった話がもとになっているとのことで、「大好きなことを追求する!大好きなことで起業する!」の成功モデルとしても、印象に残る作品だと思いました。いつか映画化されそう…

2015/06/25 23:47

投稿元:ブクログ

2015/6/25
お仕事モノらしく高揚感あり。
仕事がんばる様子は元気づけられるし、新しいものを生み出す作業は勇気づけられる。
でも誰もがきれいすぎてちょっと冷める。
モデルがいるからしかたないね。

2015/01/25 13:16

投稿元:ブクログ

沖縄、実家は親子三代の豆腐屋。普通のOLがベンチャー企画に応募して、ラム酒を作る会社を立ち上げ社長に就任する。実話を元にした物語。
単なる成長物語でもなく実話に基づいているだけ面白い。

2014/09/04 02:11

投稿元:ブクログ

お酒好きの派遣社員のOLが、夢のお酒を作るために社長になる。夢を追い、妥協せず、まっすぐに生きる主人公と家族、仲間の絆を描いた実話を元にしたフィクション。

沖縄生まれ沖縄育ち、大学は東京だけど、地元で派遣社員として就職した主人公が勤めている会社が全社員に向けて公募した、地域振興のため新規ベンチャー企画に応募して、おばあのすきな、風の酒、アグリコールラムを、沖縄のサトウキビで作る。そんな夢物語を数々のハードルを越えて実現する、そんな女の子のお話。

うまく行きすぎなとこもあるけど、真摯に、誠実に、素直に、まっすぐに進んで、たくさんの人に支えられ、最終的には敵も味方につけて、夢を実現するマジムはかっこいくて、励まされる。自分がほんとにやりたいことをやりたいなあ。元気をもらえる物語でした。

2016/02/14 16:36

投稿元:ブクログ

諦めなければ
私にも、何かできるかもと前向きになれた!

いつかモデルになったラム酒を飲みたい
南大東島にも行きたい

2014/11/27 16:56

投稿元:ブクログ

カラン。グラスを傾けたくなる。
拍子抜けするけどベッタリ感がなくて逆にいい。風を感じるいい作品。
沖縄産ラム飲んでみたい。

2014/09/13 09:31

投稿元:ブクログ

でーじ、よかったぁ~!w
ラムは、風が育てた酒。むる(全部)風に吹かれれば、なんくるないさ(何とかなるさ)。

「沖縄のサトウキビでラム酒を造れば、本当の地酒(うちなー酒)が生まれる!」という夢を志し、見事実現した女性、「グレイスラム」社長の金城祐子さん。
南大東島産のラム酒「COR COR」誕生の物語♪