サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 法医昆虫学捜査官

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

法医昆虫学捜査官(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/490p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277890-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

法医昆虫学捜査官 (講談社文庫 法医昆虫学捜査官)

著者 川瀬 七緒 (著)

放火殺人が疑われるアパート全焼事件で、異様な事実が判明する。炭化した焼死体の腹腔に、大量の蝿の幼虫が蠢いていたのだ。混乱に陥った警視庁は、日本で初めて「法医昆虫学」の導入...

もっと見る

法医昆虫学捜査官 (講談社文庫 法医昆虫学捜査官)

832(税込)
30%OFF 7/27まで

【期間限定価格】法医昆虫学捜査官

通常 832

582 (税込)

【期間限定価格】法医昆虫学捜査官

ポイント :5pt / 紙の本より250おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

放火殺人が疑われるアパート全焼事件で、異様な事実が判明する。炭化した焼死体の腹腔に、大量の蝿の幼虫が蠢いていたのだ。混乱に陥った警視庁は、日本で初めて「法医昆虫学」の導入を決断する。捜査に起用されたのは、赤堀涼子という女性学者である。「虫の声」を聴く彼女は、いったい何を見抜くのか!?【「BOOK」データベースの商品解説】

放火殺人が疑われるアパート全焼事件で発見された焼死体の腹腔に、大量の蝿の幼虫が蠢いていた。混乱に陥った警視庁は「法医昆虫学」の導入を決断、女性学者・赤堀涼子を捜査に起用する。虫の声を聴く彼女は、何を見抜くのか。〔「147ヘルツの警鐘」(2012年刊)の改題,一部を加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

全焼したアパートから1体の焼死体が発見され、放火殺人事件として捜査が開始された。遺体は焼け焦げ炭化して、解剖に回されることに。その過程で、意外な事実が判明する。被害者の腹腔から大量の蠅の幼虫が発見されたのだ。しかも一部は生きた状態で。混乱する現場の署員たちの間に、さらに衝撃が走る。手がかりに「虫」が発見されたせいか、法医昆虫学が捜査に導入されることになる。法医昆虫学はアメリカでは導入済みだが、日本では始めての試み。赤堀涼子という学者が早速紹介され、一課の岩楯警部補と鰐川は昆虫学の力を存分に知らされるのだった。蠅の幼虫は赤堀に何を語ったのか!【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (11件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

極上のミステリー小説

2015/11/23 09:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マル神保 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリー展開、謎解き、人物造形、感情描写、どれもよく練られており高い水準にある素晴らしいミステリーです。法医昆虫学の描写にも、人物描写にもリアリティがあります。
こんな作品とは滅多に出会えません。

ただ、文庫版は表紙のイラストが平凡でやや興ざめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

“火曜サスペンスドラマ”

2016/01/18 17:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sin - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近の刑事モノといえば警察組織を扱ったものが主流だが、この作品は捜査員が主体で物語が動いているので入りやすかった。そこに個性的な法医昆虫学者を絡ませて新たな切り口を加えたが、その学者の魅力的ではあるが行動力にあふれる人物設定のせいか、それぞれの動きが独立しすぎで内容的には面白いがしっくりこない感じを覚えた。筋立てとしては“火曜サスペンスドラマ”というところか(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2015/08/31 00:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

法医昆虫学、という学問があることを初めて知りました。虫はあまり得意ではないけれど、読む分には大丈夫でした(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/05 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/24 13:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/04 14:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/29 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/13 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/06 20:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/29 19:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/14 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/17 17:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/21 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/22 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/30 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る