サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

古本屋になろう!
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/25
  • 出版社: 青弓社
  • サイズ:19cm/220p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7872-9223-0
  • 国内送料無料

紙の本

古本屋になろう!

著者 澄田 喜広 (著)

リアル古本屋を作って情熱をもって持続させる経営の基礎とは何か。開店の準備、資金の調達、仕入れのノウハウ、棚作りのコツとは−。激戦区で長年店をかまえる著者が、イロハからそろ...

もっと見る

古本屋になろう!

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

リアル古本屋を作って情熱をもって持続させる経営の基礎とは何か。開店の準備、資金の調達、仕入れのノウハウ、棚作りのコツとは−。激戦区で長年店をかまえる著者が、イロハからそろばん勘定までを具体的に指南する。【「TRC MARC」の商品解説】

古本屋という商売を始めよう! リアル古本屋経営の基礎とは何か、開店の準備、仕入れのノウハウ、棚作りのコツ、値付け方法、専門店か総合店か、どのようにして利益を上げるのか――激戦区で長年店をかまえる著者が、イロハからそろばん勘定までを指南する。【商品解説】

目次

  • まえがき
  • 第1章 古本屋三十年史
  •  1 古本屋の三十年早わかり
  •  2 古本屋の歴史とビジネスモデルについて
  •  3 古書店の種類
  •  4 素人とプロの違い――古本屋の場合
  • 第2章 本に関する知識
  •  1 多岐にわたる本の知識

著者紹介

澄田 喜広

略歴
〈澄田喜広〉1963年生まれ。和光大学卒業。よみた屋を開業。全古書連のサイト『日本の古本屋』事業部長。東京古書組合主催の「古本屋になるには」一日講座講師を務める。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/04/21 09:09

投稿元:ブクログ

ざっくりと古本屋になるためのノウハウが書かれていて,古本屋を本気で考えている人には物足りないかもしれないけれど,普通の本好きな人にとっては仕組みがわかって参考になる.本屋さんにしても古本屋さんにしても,もっと言うなら出版業界はこれからどうなるのだろう.

2014/11/01 11:32

投稿元:ブクログ

古本屋になるためのマニュアルといった内容の本だが、案外奥が深くて、新刊本の流通や経営コストなどにも話が及んでいる。きっと著者は無類の本好きなのだろうが、そういう本への思い入れは極力排して、いかにすれば古本屋の経営が成り立つかということに徹して書かれているところが斬新。要すれば、商品である古本は一品もので、仕入れ方法が普通のモノとは違うが、基本的には小売業としていかに利益をあげるかを考えるべき、ということだろうか。その意味では、経営書と分類してもいいかもしれないが、一般向けにも分かりやすく書かれていて、自分で古本屋を開業しようと思っていない人でも面白く読める。

2014/12/01 00:55

投稿元:ブクログ

平均的なサラリーマンの年収約400万円を古本屋として得るには一体どれくらい売り上げなければならないか、また売り上げるには具体的にどんな方法があるのかを現実的に解説したビジネス書。

よくあるような古本屋の店主のエッセイでは無いのが面白く、また「いつか仕事を辞めて、蔵書を元に古本屋でもやりたいな〜」みたいなふんわりしたドリームを打ち砕いて我に返らせてくれる貴重な本といえる。開店までが夢、じゃ駄目で、ちゃんとそれで家族を養って、店を継続させていくのがプロなのだから。

店舗を持たないネット古書店だとしても、一日に約80冊の注文書籍を梱包するのにひとつ3分でやっつけたとしても全部で4時間かかるとか、言われてみたらその通りで。あのお店とかそのお店とか、みなさんどうやって経営を維持しているのか……と遠い目になってしまった。勉強になるな……。

本・読書・出版・全集 ランキング

本・読書・出版・全集のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む