サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 自己を知る脳・他者を理解する脳 神経認知心理学からみた心の理論の新展開

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

自己を知る脳・他者を理解する脳 神経認知心理学からみた心の理論の新展開
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/25
  • 出版社: 新曜社
  • サイズ:20cm/234,46p 図版15p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7885-1397-6
  • 国内送料無料

紙の本

自己を知る脳・他者を理解する脳 神経認知心理学からみた心の理論の新展開 (社会脳シリーズ)

著者 苧阪 直行 (編)

脳イメージングで探検する、自己と他者をつなぐ心の迷路−。自他の心の境界のミステリー、情動や身体感覚から見た自己意識…。「心の理論」から社会脳のはたらきに迫る研究最前線への...

もっと見る

自己を知る脳・他者を理解する脳 神経認知心理学からみた心の理論の新展開 (社会脳シリーズ)

3,888(税込)

ポイント :36pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

脳イメージングで探検する、自己と他者をつなぐ心の迷路−。自他の心の境界のミステリー、情動や身体感覚から見た自己意識…。「心の理論」から社会脳のはたらきに迫る研究最前線への招待。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

アレキシサイミアと社会脳 守口善也 著 1−39
身体的自己の生起メカニズム 嶋田総太郎 著 41−71
自己を知る脳 矢追健 著 73−110

著者紹介

苧阪 直行

略歴
〈苧阪直行〉1946年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。同大学名誉教授。文学博士(京都大学)。日本ワーキングメモリ学会会長、日本学術会議「脳と意識」分科会委員長、日本学士院会員。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

多く引用されている本

2015/11/14 22:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本好きリス - この投稿者のレビュー一覧を見る

他の書籍や論文でよく引用されています。
この種に興味がある人であれば、興味深く読むことが出来る内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/02 16:27

投稿元:ブクログ

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB1628036X

2014/09/21 21:46

投稿元:ブクログ

自己理解、他者理解に関する研究成果をまとめた本です。社会脳シリーズの6巻目で、苧坂先生という元々ワーキングメモリの専門家で文系出の脳科学・心理学者が、編集のまとめをされています。それぞれの著者が自身の研究成果をベースに今までの文献のレヴューをしています。学術的な本で、一般市民向けではないため、様々な意見が一致していない部分も、かかれており、少しわかりにくくなっています。既存の研究成果で、出てくる脳部位がそれぞれの脳機能にどうつながるのか、研究成果同士で、合わない点がないのかなど、まだすっきりしていない感じです。でもこの分野が興味深いということは十分伝わってきます。

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む