サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

血の福音書 下
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/21
  • 出版社: オークラ出版
  • サイズ:15cm/497p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7755-2295-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

血の福音書 下 (マグノリアブックス <血の騎士団>シリーズ)

著者 ジェームズ・ロリンズ (著),レベッカ・キャントレル (著),小川 みゆき (訳)

マサダの地下で石棺を発見し、かつてそのなかにキリストの血で記された福音書があったと知ったエリンたちは、ミイラの手のなかにあった鉤十字の記章から手がかりを探すために、ルーン...

もっと見る

血の福音書 下 (マグノリアブックス <血の騎士団>シリーズ)

970(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

マサダの地下で石棺を発見し、かつてそのなかにキリストの血で記された福音書があったと知ったエリンたちは、ミイラの手のなかにあった鉤十字の記章から手がかりを探すために、ルーン神父の仲間であるサンギニストがいるドイツの修道院へと旅立った。サンギニストの戦士たちの協力を得て湖に沈む地下壕へと向かうが、福音書を狙う追っ手―ストリゴイたちの追跡はゆるまなかった。一方、マサダの事故で生き残ったトミーの前に、謎の少年が現れた。その少年から、呪いともいえる恐るべき秘密をトミーは聞かされ…。【「BOOK」データベースの商品解説】

マサダの地下で発見した石棺のなかに、かつて福音書があったと知ったエリンたちは、手がかりを探すためにドイツの修道院へと旅立った。一方、マサダの事故で生き残ったトミーの前に、謎の少年が現れて…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

科学的知見を駆使したロリンズの作品を期待してた私にはちょっとガッカリでした。

2016/12/11 00:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり手の込んだヴァンパイアものでした。科学的知見を駆使したロリンズの作品を期待してた私にはちょっとガッカリでした。
 出だしは宗教色が強すぎて少々戸惑ったが、怪しい女性バートリ・ダラボントが“ストリゴイ”やバートリと繋がる双子のオオカミ・グリムウルフを伴って登場、騎士=“サンギニスト”であるルーン・コルザとの戦闘開始で俄然活劇調になってくる。本作は、レベッカ・キャントレルとの共著とは言え、あくまでもジェームズ・ロリンズの作品なので、この時点でもまだ何か未知の生物かパワーに関するものではと推測していたのだが、何と、「ヴァンパイア」ものであることが上の中盤辺りで判明。神の救いを拒否されたヴァンパイア¬=“ストリゴイ”と、同じヴァンパイアだが神に帰依したヴァンパイア¬=“サンギニスト=騎士”との闘いらしいのである。そして、怪しい女性バートリ・ダラボントは、実は大昔にルーン・コルザが“ストリゴイ”にしてしまった愛する女性・エリザベータの末裔で、“ストリゴイ”を自在に操る力を持っているらしい。
 そして、これらが大きな力を秘めた謎の「福音書」を巡って争奪戦を繰り広げるのである。ムーーー、何とも宗教色、それもキリスト教に偏りすぎた話のため、私にはついていけない。よって、宗教的なところは大きく飛ばして読んでいくと、まず「福音書」をナチスが最初に手に入れてどこかへ運び去ったのである。それを追う過程で、イカロプ=巨大コウモリなどの襲撃を受けたり結構面白い。圧巻は、「福音書」求めてロシアへ向かうと、そこにはルーンと因縁のある“ストリゴイ”であるラスプーチンが登場するのである。歴史上の人物までヴァンパイア¬にしてしまうとは、その自在な発想にアレレレレ・・・・でした。
 本作では、何か良く分からないうちに「福音書」が開かれ、いよいよ本格的な戦いが開始されるというところで終わる。どうも“ストリゴイ”の大元がかの有名な裏切り者「ユダ」であるらしい。ムーーー、とりあえずシリーズ2も読み進んでみるか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/22 11:07

投稿元:ブクログ

ジェームズ・ロリンズとレベッカ・キャントレルによる新シリーズ第一弾下巻。
すでに続巻が発売されている状況なので、本作だけで終わるわけではないと思っていたが、何とも歯切れの悪い終わり方でやや拍子抜け。そもそも、上巻で癌を患っていたトミーが何故一人だけ生還し、かつどんなことが起きたのか、ということだけでなく、エリンやジョーダンらにどう絡んでくるのかも、結果的に置き去りにされている。
その割にはルーンの過去やエリンとジョーダンの恋模様には必要以上にページが割かれている印象で、ジェームズ一人の作品ならこれほど散漫な印象にならなかったかもしれないが、共著ということで作品全体のバランスが悪くなったのではないかと思わざるをえない。
それでも、ジェームズ特有の展開のテンポの良さや、事実と虚構の織り交ぜ具合、歴史的事実を巧みにストーリーに取り込むあたりは先を読む手を止めさせない魅力がある。
個人的にはあの怪僧の登場はイマイチかなあと思ってしまう。ただ、続巻以降でどんな風に話が展開していくのかによってはこの設定が生きてくるのかもしれない。