サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 美味しくたべてね 書き下ろし長編官能小説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

美味しくたべてね 書き下ろし長編官能小説(竹書房ラブロマン文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/03
  • 出版社: 竹書房
  • レーベル: 竹書房ラブロマン文庫
  • サイズ:15cm/260p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8124-8999-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

美味しくたべてね 書き下ろし長編官能小説 (竹書房ラブロマン文庫)

著者 美野 晶 (著)

電機メーカーに勤務する若手社員の平田龍一は、ふと立ち寄った薬膳料理店で謎めいた女主人・紅蘭に誘惑され、思いがけず悦楽のひとときを過ごす。やがて龍一は女上司の園田玲子、経理...

もっと見る

美味しくたべてね 書き下ろし長編官能小説 (竹書房ラブロマン文庫)

700(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

電機メーカーに勤務する若手社員の平田龍一は、ふと立ち寄った薬膳料理店で謎めいた女主人・紅蘭に誘惑され、思いがけず悦楽のひとときを過ごす。やがて龍一は女上司の園田玲子、経理の谷本美鈴たちとともに店を訪れるが、紅蘭の作る料理を食べた女性は、みな性感を刺激されて龍一に肉体を捧げるのだった。しどけなく濡れる彼女たち熟肉を存分に堪能する龍一だったが、謎に満ちたチャイナドレス美人の紅蘭の正体は謎のまま。平凡な街に不思議な料理店を出す彼女は何者なのか。やがて明かされた真実は、龍一にとっては驚愕すべきものだった…!人気作家が描く、中華風ドラマティック官能ロマン!【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

単に料理店を舞台としただけでないアイデアあり

2014/08/26 01:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

基本的な構成は過去の作品と大体似ている。構造的にはほぼ同じと言ってよい。しかし、そんな中でも何かとユニークなアイデアを盛り込んでくるのが美野作品の良いところであり、本作もまた単に料理店を舞台しただけに止まらない主人公とヒロインの過去が綴られている。

25歳の社会人主人公に対して直属の女上司【玲子】とその友人にして経理部門に配属されている【美鈴】という三十路越えの熟女2人に、庶務担当で美鈴と机を並べる22歳の若手社員【綾乃】というサブヒロイン3人体制は、物語の幅を広げるための各エピソードを受け持つ意味では割と適した布陣と言える。勝気な玲子が抱える過度なストレスだったり、美鈴の離婚の理由ともなった不感症だったり、彼氏に別れを告げられた綾乃の極度なダイエットだったりと、いかにも女性ならではの悩みをメインヒロイン【紅蘭】が供する薬膳料理で解決していく序盤から中盤までの流れは想定内ながら官能面との絡みも良好に進んでいたと思う。何より全7章立てのうち第二章から第五章までの4章でサブヒロイン3人との直接的な官能描写が計6度も描かれており、中でも玲子と美鈴とは章を跨いでも関係が続いていることで1章1ヒロインといった薄っぺらな展開では得られない奥深さを物語と官能の両面で感じることができた。

しかし、この中盤までのサブヒロイン達とのやり取りはお膳立てに過ぎない。過去の美野作品でも同様の構成ではあるのだが、第六章で明らかにされる主人公と紅蘭の、およそ官能小説らしくない過去の諸々を読むと、これまでの美野作品とは一線を画すスケールの大きさも感じられてくるのが本作の特徴と言えよう。まぁ、その節々にはファンタジーな設定も混じってくるので若干の苦笑い的微笑ましさも禁じ得ないのだが、官能小説の背景としてここまでアイデアを膨らませたことに感心したいと思う。

曖昧だった過去と現在が繋がった主人公とその本来の姿を心待ちにしていた紅蘭とが晴れてお互いに愛情を確認し合い、さらに深めていく終盤は、クールで落ち着きのあった紅蘭が恥じらい乙女のごとく様変わりしていくギャップが魅力である。当初はチェリーだった主人公も3人のサブヒロインとの逢瀬を重ねた結果、紅蘭を責め立てられるまでになっており、30歳の紅蘭を悶え喘ぎ捲らせる淫猥さがイイ感じでしっかり描かれているのは実に良かった。

作者の得意とする構成が今回は上手くフィットしており、登場人物のキャラ立ちの良さと物語の良さが噛み合ったことで官能面の底上げにも成功した作品の1つと言えるのではなかろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する