サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

四人組がいた。
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/11
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390102-2
  • 国内送料無料

紙の本

四人組がいた。

著者 高村 薫 (著)

元村長、元助役、郵便局長、そしてキクエ小母さん。儲け話と、食い物に目のない老人四人組は、集会所に集まっては、日がな一日茶飲み話を。だがそこへ、事情を知ってか知らぬか、珍客...

もっと見る

四人組がいた。

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

元村長、元助役、郵便局長、そしてキクエ小母さん。儲け話と、食い物に目のない老人四人組は、集会所に集まっては、日がな一日茶飲み話を。だがそこへ、事情を知ってか知らぬか、珍客がやって来て―。タヌキのアイドルに、はたまたキャベツの大行進。最後には、閻魔様まで!!現代を、冷静かつ緻密に描写しつづけてきた著者が、今の日本を、地方からユーモアを交えて軽妙かつシニカルに描き出す。奇想天外、ブラックユーモアに満ちた十二編。【「BOOK」データベースの商品解説】

村の老人4人組の元には不思議な来客ばかり。タヌキのアイドルに、はたまたキャベツの大行進。最後には閻魔様まで−。ニッポンの偉大な田舎から今を風刺する著者初めてのユーモア小説。『オール讀物』掲載をまとめて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

「高村薫、ユーモア小説に挑む」

この村では、何だって起きる――。
元村長、元助役、郵便局長、そしてキクエ小母さん。
古ダヌキのような四人の老人が関わると、
村の小さな騒動も、AKB48から少子高齢化まで縦横無尽。

儲け話と、食い物に目のない老人たちは、
集会所に集まっては、日がな一日茶飲み話を。
だがそこへ、事情を知ってか知らぬか、珍客がやって来る。
テレビクルーに、タヌキのアイドルユニット、元アイドルの出家、
はたまたキャベツは大行進。最後に、閻魔様まで!!

「ニッポンの偉大な田舎」を舞台にした、ブラックユーモアに満ちた奇想天外の十二編。
現代を、冷静かつ緻密に描写しつづけてきた著者が、
今の日本を、地方からユーモアとシニカルを交えて軽妙に描き出す。【商品解説】

収録作品一覧

四人組、怪しむ 7−29
四人組、夢を見る 31−52
四人組、豚に逢う 53−74

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

わかりやすいユーモアではないが、独特の味がある。

2015/09/15 14:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

高村薫初のユーモア小説ということだが、最初はそのユーモアがわからなくて戸惑った。ジジババ四人があれこれほらを吹いたり突飛なことをしたりするのだが、それがあまりストレートにおもしろいという感じではない。ユーモアといってもくせがあり、少し難解。くすりとするところはあっても、何だかけむに巻かれたようなよくわからない話も多い。
後半になり、ようやくこのジジババたちの周りでは〈四足〉も人間同様しゃべったりお店を出したりする同等の生き物たちで、更にいうならジジババ四人は不死の存在らしいという設定がわかってくる。そこまでファンタジックにした意味はよくわからないが、ほらというのは広げていけばどこまでも広がるのだということを見せつけるような、突き抜けたような作品といえるのかもしれない。正直、私にはよさがわかりきったとは言えないが…。それでも、さすがは高村薫、文章力などが卓抜しているので脱落しそうに感じながらも読み通すことはできた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/22 18:42

投稿元:ブクログ

+++
元村長、元助役、郵便局長、そしてキクエ小母さん。儲け話と、食い物に目のない老人四人組は、集会所に集まっては、日がな一日茶飲み話を。だがそこへ、事情を知ってか知らぬか、珍客がやって来て―。タヌキのアイドルに、はたまたキャベツの大行進。最後には、閻魔様まで!!現代を、冷静かつ緻密に描写しつづけてきた著者が、今の日本を、地方からユーモアを交えて軽妙かつシニカルに描き出す。奇想天外、ブラックユーモアに満ちた十二編。
+++

思いっきり通俗なのに、何ともファンタジックな物語である。元村長、元助役、郵便局長、キクエ小母さんの四人組は、郵便局兼集会所で日がな一日、あーでもないこーでもないとどーでもいい話に花を咲かせているのだが、時折訪れる珍客を巻き込んで、豚でもないことごとを引き起こすのである。だがそれさえも、ほんとうのことなのか四つ足たちに化かされたのか、ときにあやふやになったりもする。ともかく、何もなくて退屈な村のはずなのだが、何でもありでめまぐるしい日々のように見えるのは、四人組のパワフルさと関係があるのかもしれない。地獄ツアーでも天国ツアーでも、儲け話を拾ってひと波乱起こしてほしいと思わせられる一冊である。

2014/12/17 15:32

投稿元:ブクログ

【要旨】元村長、元助役、郵便局長、そしてキクエ小母さん。儲け話と、食い物に目のない老人四人組は、集会所に集まっては、日がな一日茶飲み話を。だがそこへ、事情を知ってか知らぬか、珍客がやって来て―。タヌキのアイドルに、はたまたキャベツの大行進。最後には、閻魔様まで!!現代を、冷静かつ緻密に描写しつづけてきた著者が、今の日本を、地方からユーモアを交えて軽妙かつシニカルに描き出す。奇想天外、ブラックユーモアに満ちた十二編。

口ばっか達者な爺婆4人組。どこまで本当かどこからがホラか、読み手までも巻き込んで煙に巻く巻く…

2015/07/24 14:02

投稿元:ブクログ

図書館で。
高村さんの本はそれなりに読んでいますがこんな愉快な本は初めての気がします。いやあ、良いですね、アクが強いジイサン・バアサン集団。まあ好き嫌いはありそうだけど(笑)

今の世の中イナカと言えば純朴だとか善良だとか心が洗われるような清々しさの代名詞に扱われているような気がしますがそんなことないんだよな~。結局人間なんてどこも同じ。反対にコミュニティの結びつきが強い分、いろいろしがらみもあってドロドロしてそう。大体、欲の皮が突っ張って俗っぽいヤカラが居るからこそ利権問題や政治がらみの汚職なんて問題が起こるわけだし。地方に選挙区を持つ政治家が聖人君子ではないのは周知の事実だしな。
そしてお年寄りだって無条件に子供をかわいがる聖人のような人物ばかりじゃない。どちらかと言えば良くも悪くも擦れきって人の話を聞かない割に儲け話にはとことん弱いが労力を使うのはイヤという老人だって多いに違いない。というか我らだってそのうち年寄りになるわけですがその時にすべてを許せるような存在になっているかというと大分疑問が残る訳で。頑固で人の話を聞かない一言居士なババァになりそうだな、自分なんか…

という訳でそこかしこに小ネタが効いていて読んでいて思わずクスリと笑わせてもらいました。それにしてもタヌキもクマも良いなあ… 人間よりよっぽどヒトが良い(笑)。また極楽からか地獄からか舞い戻って頂きたい実に個性的な4人組でした。面白かった。

2016/07/20 10:12

投稿元:ブクログ

高村先生、ちょっと息抜きですか?笑

という感じのもの。他の作家だったらちゃんとは読まなかったかもしれないが、この作家がこの手の本を書くとどういう感じなんだろう?と興味津々で読んでみた。時々先生の暴走?悪ノリ?が見られたのは面白かったです笑。

でも、文体は健在。いつもはこの文体、リズムに乗ってどっぷりと暗く重苦しく厭世的な世界に連れ込んでもらっているんだよなー、と思いながら、四人が暴走し始めるシーンでは、趣きは違えども間違いなく高村作品であると文体から実感させてもらいました。

ちなみにシニカルさとハチャメチャぶりに時々笑えた内容の作品。

2014/11/06 00:19

投稿元:ブクログ

先生、すみません。
かなりきつかったです。
大好きなのに。
大好きだから。
かなりきつかったです。

何がつらいのか、よくわかりません。
でも、めっちゃ時間かかったうえに、
最後読み飛ばしました。

2015/04/03 15:08

投稿元:ブクログ

数々の硬派サスペンス作家が挑んだブラックユーモア小説。

とある過疎集落。人生をリタイアして、1日中集まって、食べて、話すだけの4老人が昔を思い出しつつ、訪れる珍客と繰り広げるドタバタ劇。同じような短編ばかりで、わかりくいけど、作者としては高齢化する「地方」の風刺を描いているんだろう。

あの高村薫がまさかのユーモア小説を、ということで手にとったものの、どこがおもしろいのか理解できなかった。あまりにギャグが空回りしすぎて、痛々しいのだが、コアな高村ファンなら満足できるんだろうか。

本書は、やっぱり高村薫は綿密な心理描写によるサスペンス作家なんだなと、改めて他作品の凄さを知るきっかけとなる作品だ。

2016/05/26 18:42

投稿元:ブクログ

これ高村薫だよね?篠田節子か有村浩じゃないよね?何が原因で、こんなコメディ書いてんの?
村上春樹と違って高村先生には気分転換は不要なのかと勝手に思っていたのだが、そうでもなかったということなのかな~。

2015/01/09 09:14

投稿元:ブクログ

面白かったぁ。笑いました!
元村長、元助役、郵便局長、キクエ小母さんの四人!
てきとうに生きてきました。けど、何か?な、感じ。
スジが通っている。わかりやすい。
四つ足、生き物への眼差し。
小学生以下のおこちゃまにも…
こびない。優しくない。ブラック的でもある、の、かなぁ。

もっと、年をとってこんな生き方できてたらなぁ。
話せたらなぁ〜。
などと、思ってしまう次第。

2014/08/31 15:37

投稿元:ブクログ

高村センセ……!!

かるーく見せながら、相変わらずの緻密な描写、そのうえで「◎◎なう~」とか書かれると笑うしかありませんがな。

でもそこはかとない不気味さがあるのですよね……
特に巨大風船とか超シュール。
首都部に人やモノ、すべてが集まってしまうという日本社会のひずみもなんのその、逞しい不思議な村は、なんだか「倦怠感溢れる幸福」すらまとっているように思えてしまう。

2015/01/11 15:51

投稿元:ブクログ

高村薫著ということで読んでみた。

荒唐無稽な設定で、田舎生まれの私には違和感だけが感じられた。

今後、老人・過疎化などを題材にした小説は増えてきそうだなあ。

2015/06/11 11:24

投稿元:ブクログ

高村薫のシリアスでない短編連作集。コメディといえないところが悲しい。
寒村の郵便局で日がな一日たむろっている老人4人が主人公です。え?狸の生保レディ?キャベツの行進?死者が出ない村って、ファンタジーなの?ホラーなの?というように、なんだかわからない短編が続きました。正直読むのが苦痛だったんですが、若返りの泉の章でやっとつかみました。これは落語です。頭に生えた桜の木を見に行く、みたいな。はっつぁん、熊さんの与太話と思えば、あとはすんなり読めました。
ああゆうの(最近の合田シリーズ)を書いてると、こうゆうの書きたくなるんですかね。

2015/02/27 12:34

投稿元:ブクログ

これは田舎で暇を持て余しているジジババの妄想?(・・;)と思うほど破天荒なお話の数々(--;)四つ足がたくさん登場する「四人組、危うし!」と「四人組、伝説になる」は楽しく読めた(^^)♪大笑いするほど面白くないけれど、この雰囲気は好きかも(^^;)

2014/12/05 14:37

投稿元:ブクログ

舞台は平成の大合併で誕生した山間の農村。
主な登場人物は、村一番の教養人の元村長、元プレイボーイの郵便局長、村一番の常識人の元助役、小股の切れ上がった熟女のキクエ小母さん、ただしそれぞれ自称である。
4人は日長一日郵便局に集まっては、もうけ話やうまい話に話を咲かせている。とそこへ珍客が現れては奇想天外な事件を持ち込む。
政治経済、宗教、芸能、IT、風俗など種類は幅広く時代にマッチした題材はくすっと笑えるというよりは苦笑を誘う。
人を食ったような会話や親父ギャグ満載の本著、これ本当に高村薫?と思わせるが、本人曰く「私の体の半分以上お笑いでできています。だじゃれを含め、くだらないことを考えるのが大好き」だそうだが、そんなこと言われたってねぇ、ぴんと来ないのである。

2014/08/19 21:18

投稿元:ブクログ

あの高村薫さんがユーモア小説
びっくりでした・・・。
高村薫さんといえば、社会派小説や晴子情歌とか
深く固い小説というイメージですから

読んで、あまりのブラックさにまたもやびっくり
こんなに、頭が切れて、好きなこと言って
好きなように行きているじいさん、ばあさんがいる
そんな日本はいいんじゃない
ブラックといえど、
ずっと読んでいると
今の世情に対しての警笛や嫌みもかんじたりするけど
あまりにも妄想的な内容もあり
やっぱり、ユーモア小説なんだなぁと思う
こういう本も書かれる方だったのですね