サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

千年企業の大逆転
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/06
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:19cm/245p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390116-9
  • 国内送料無料

紙の本

千年企業の大逆転

著者 野村 進 (著)

倒産寸前の崖っぷちから劇的なV字回復を成し遂げた、驚きの手法とは? 本業の核となるものは変えず、時代に適応しながら業態を柔軟に変化させてきた5つの企業を紹介する。【「TR...

もっと見る

千年企業の大逆転

1,000(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

倒産寸前の崖っぷちから劇的なV字回復を成し遂げた、驚きの手法とは? 本業の核となるものは変えず、時代に適応しながら業態を柔軟に変化させてきた5つの企業を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

ベストセラー『千年、働いてきました』の著者が放つ最新作

100年以上つづく老舗企業が2万社以上もある日本の企業文化は、アジア圏のなかでも特異なシステムと精神性をもっています。渋柿の伝統技術から躍進を遂げたマンション・ビルの再生事業から、ロープ一筋の企業が開発した驚きの商品まで--本書では、知恵を絞ってどん底からV字回復を成し遂げた企業5社の秘密に迫ります。

「ネーミングで起爆する」「〃お化け素材〃の可能性を活かしきる」「ドラッカーの不文律で弱点を突破」等、その目からウロコの手法には日本を元気にするヒントが満載。知恵と勇気にあふれた感動ルポ決定版!【商品解説】

著者紹介

野村 進

略歴
〈野村進〉1956年東京都生まれ。上智大学外国語学部英語学科中退。ノンフィクションライター。拓殖大学国際学部教授。「アジア新しい物語」でアジア太平洋賞を受賞。他の著書に「救急精神病棟」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/08/23 05:46

投稿元:ブクログ

老舗企業の老舗たるゆえんとは?
・近江屋ロープ
・ヤシマ工業
・新田ゼラチン
・テイボー
・三笠産業
の取材を通して見えてくるのは、時流とともに柔軟に変化していく企業のしなやかさだろうか?印象に残ったのは、こうして生きていく老舗企業の裏でひっそりと破綻した企業「林原」のくだり。同族企業故の強さと脆さが明確になっている。

2014/09/11 22:57

投稿元:ブクログ

日本には創業200年以上の3000を越える老舗企業があり、ダントツの世界一だという。ちなみに、2位はドイツの800だとか。そんな中で5社を取材対象にして老舗企業の強さを読み取った本。

コラーゲンやペプチドで、コンビニのお弁当や惣菜になくてはならない新田ゼラチン。醤油や密封容器の蓋などのプルタブのキャップを開発した三笠産業。決して派手さはないが、生活に根差した企業ばかり。同族経営というと悪いイメージを持ちがちですが、経営のスピード、決断力など大手が真似できないタフネスさでここまで続いてきたパワーは侮れない。

老舗企業にとって一番の敵は戦争というのは印象的だったし、結局は人こそがすべてだと実感。

2015/05/29 10:23

投稿元:ブクログ

長らくアジア物を手がけてきた著者が何故に日本の老舗企業物を? そんな疑問を持ちながら読み進めるうちに、著者も"千年企業"ならぬ"千年作家"を目指して変態中なのかと勘ぐったが、あとがきを読んで得心がいった。本書で紹介される"千年企業"に共通するのは根幹にある「本業力」で、素材や原料の用途を時代に応じて変えていく企業(フィルムからグミや薬のカプセルを生むゼラチン)と、無価値なものを価値のあるものに変えていく企業(老朽化マンションの改修や、廃棄された携帯電話から金の延べ棒を取り出す)に大きく二つに大別できる。

2014/10/17 13:07

投稿元:ブクログ

【大ヒット『千年、働いてきました』の著者が放つ最新作】渋柿の伝統技術から躍進を遂げたマンション・ビルの再生事業から、ロープ一筋の企業が開発した驚きの商品まで、老舗のV字回復に学ぶ

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む