サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. RAIL WARS!−日本國有鉄道公安隊−The Revolver 2 (BLADE COMICS)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

RAIL WARS!−日本國有鉄道公安隊−The Revolver 2 (BLADE COMICS)(BLADE COMICS(ブレイドコミックス))
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

RAIL WARS!−日本國有鉄道公安隊−The Revolver 2 (BLADE COMICS)

著者 豊田 巧 (原作),浅川 圭司 (漫画),バーニア600 (キャラクター原案)

RAIL WARS!−日本國有鉄道公安隊−The Revolver 2 (BLADE COMICS)

617(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「RAIL WARS!−日本國有鉄道公安隊−The Revolver 2 (BLADE COMICS)」が含まれるセット商品

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

不可解続くよ2巻まで

2015/07/31 00:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:でんしゃずき - この投稿者のレビュー一覧を見る

発送可能日が7日~21日となっていたので,入手不可か,と思ったが無事に入手出来た。スタッフの皆さんに感謝申し上げる。
JRグループが発足しなかった「國鉄」という組織が存在する世界で,研修を受ける高校生が主人公の話。今更気付いたが,テログループとの戦いを高校生にさせるということは,國鉄って就職先としてよっぽど嫌われてるんだろうと思う。
小説を漫画化した場合,情報量が減少するのは止むを得ないと思うが,本作の場合,國鉄のモデルは昭和62年3月31日まで我が国に存在した「公社国鉄」の筈だ。しかし,4ページ3コマ目をよく見ると,「國鉄」と「国鉄」は違う組織だと思われる。にも拘らずそういう説明は,無い。せっかく,TIPSという解説ページがあるのに。
本書最初のTIPSに,「寝台列車のほとんどが廃止されずに走っている」とある。「その理由」が知りたいのに,理由の説明は無い。読者に想像する楽しみを与えているわけだ。私は,エネルギー自給率向上の為だと思う。
敵と主人公の対話シーンが実に凄い。敵の言っていることもどうかと思うが,主人公の科白に説得力というものが無い。何故なら,少なくとも漫画版2巻までは,その科白を裏付ける描写が一切無く,ここで急に語られるからである。
主人公の書いたレポートもまた素晴らしい。上官の科白を素直に読めば,「線路を撤去すべし」となる。鉄道がテーマの作品でそういう風に持って行くのもどうかとは思う。ただ,現実には,「他事業者への移管」や「國鉄バスに置き換え」も「そう」ではあるが。尚,「こういう考えは理屈としてはたぶん,正しい」。が,物語の舞台がそもそも奇妙なので,「ここだけ」正しい理論を出されても「木に竹を接ぐ」様なものだ。それに「世の中,理屈通りに行くとは必ずしも限らない」のだから,違和感は否定出来ない。原作者の鉄道に対する思いをつい疑ってしまう。
TIPSの「北斗星」に関する記述も奇妙だ。「飛行機で1時間半で行けるのに16時間もかかるので,観光客向けの豪華な寝台列車として登場した」という意味の解説だが,続いて,「新幹線開業に伴って廃止も検討された」とある。あれ,そもそも「客層が重ならない」のだから,その判断はおかしい筈だが。そもそも,敵の名が明らかにJRをもじったものなのに,「現実にJRが採用したのと同じ名前」というのも奇妙に思う。また,東京―鹿児島中央を走る寝台はあるのに,上野―釧路や,飛行機・新幹線に対し,勝ち目のありそうな上野―函館の寝台が無い,というのも例によって「変」に思う。原作者は,「国と民間が事業を行う場合の方針の違い」を考えられた事が無いのだろうと推測する。更に,偶然にもやはり現実と同じ名の「カシオペア」という列車があるのに,ベルニナが何故「北斗星」を選んだのか気になった。
上野駅でのシーンも楽しい。「北海道では非電化区間があるので大型のディーゼル発電機を搭載した電源車をつないでいるんです」という説明の科白がある。ということは,本州内は機関車から客車へ電気が送られているか,架線集電で客車に送電するのだろう。もし後者なら「どんな形態の車両なのか」是非見て見たいものだが,そんなコマは確認出来ない。また,主人公は「お客様には親切にすること」と上官に答えているが,今までそんな描写は全く見た覚えが無い。如何に國鉄が上辺だけの姿勢で客を実際には大切にしていないのか,ここできちんと描いているかの様だ。
絵にも奇妙な点があるが,これは仕方が無いと思うので,悪くは書かない。
「これからどうなるのか」,3巻もそして原作も楽しみである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む