サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

保守も知らない靖国神社(ベスト新書)
保守も知らない靖国神社(ベスト新書) 保守も知らない靖国神社(ベスト新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/04
  • 出版社: ベストセラーズ
  • レーベル: ベスト新書
  • サイズ:18cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-584-12445-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

保守も知らない靖国神社 (ベスト新書)

著者 小林 よしのり (著)

自称“保守”を名乗る日本の論客たちは、靖国神社とは何かをわかっていない! 米国がなぜ「失望」するようになったのか、その経緯を追い、「慰霊」でなく「顕彰」の施設である靖国神...

もっと見る

保守も知らない靖国神社 (ベスト新書)

820(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自称“保守”を名乗る日本の論客たちは、靖国神社とは何かをわかっていない! 米国がなぜ「失望」するようになったのか、その経緯を追い、「慰霊」でなく「顕彰」の施設である靖国神社をわかりやすく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小林 よしのり

略歴
〈小林よしのり〉昭和28年福岡県生まれ。昭和61年、「おぼっちゃまくん」が大ヒット。『SAPIO』で「ゴーマニズム宣言」を連載中。著書に「昭和天皇論」「女性天皇の時代」「靖國論」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

靖国は何も変わらない。変わるのは周りの人間。

2014/10/02 09:46

5人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やびー - この投稿者のレビュー一覧を見る

「戦争論」から続く、近代史を中心としたゴーマニズム宣言シリーズを補足する一冊。

 氏も述べる通り、靖国を巡る論争は近年のナショナリズムの台頭とネット右翼と言われるアジテータが幅を効かせる言論が中心。ネット内での狭い言論空間に振り回される政治家達も大勢おり、現首相がその最もたる一人と言える。

氏の主張は靖国とは、英霊を顕彰する為であり、国の為に戦う意義を教えてくれる。まさに、「戦争をできる国」にする為の神社である事から目を背けている現状が、今の靖国を巡る在り方をおかしくしていると解く。
 「靖国」を問う事とは、先の大戦の意義を問うことと同義であり、戦前から続く日本の在り方を肯定する事。 

 自身の生まれた国(郷)を愛するパトリに矛盾しない、論理の展開。 過去の著書を振り返れば、一貫して主張し続けブレル事の無い事は言うまでもない。  ゴーマニズムと言う言葉とは矛盾する過去の日本に敬意を払う氏の態度には衿を正したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

靖国のトンデモ史観が分かる本

2014/09/13 20:57

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は靖国肯定派の主張が良く分かる本でした。
 『戦没者の顕彰こそが、靖国神社の本質(22ページ)であり、慰霊の場ではない。「不戦の誓い」をする場でもない(86ページ)。靖国参拝は「戦争ができる国」が前提である(第6章)。そして、参拝者の増減を気にせずに維持されるように国営化すべき(289ページ)』という主張を展開しています。先の大戦を正義の戦争であり、顕彰すべき戦争だった(36ページ)とし、A級戦犯合祀も当然とする小林氏の見解はまさに保守派です。一方、安倍の靖国参拝を批判したり(第2章)、櫻井よしこ氏等を「思考停止したまま周回遅れの議論をしている(141ページ)」と馬鹿にしています。

 私は、政治家(特に安倍)の靖国参拝批判には賛同します。ドヤ顔で参拝する政治家たちに胡散臭さを感じていたのですが、本書を読んで氷解しました。あのドヤ顔は、保守たちへのアピールという不純な動機だったのですね。中曽根や小泉や安倍の欺瞞に満ちた靖国参拝が、靖国騒動を増幅させたということも理解できました(第10章)。
 また、従軍慰安婦のみならず靖国問題も朝日新聞が扇動し引き起こした(126ページ)というのは驚きです。亡国・反日新聞としての面目躍如ですね。
 ただ太平洋戦争やA級戦犯合祀の正当化等は、靖国肯定派だけに通用するトンデモ論であって、世界平和への挑戦と受け取られても仕方がないでしょう。全世界を敵に回すことは、安倍の靖国参拝で思い知ったのではないでしょうか。
 一方、A級戦犯合祀にあたり、天皇の意向を無視した上に、誰にも気づかれないようにコソコソ実行した靖国神社の姑息さは、本書では言及なしです。そもそも靖国神社は明治天皇の意向で創建されたわけですから、天皇が参拝しない靖国神社には存在意義はありません。

 一昔前は、靖国肯定論は少数派のトンデモ論でした。ところが、反日を掲げる中韓の挑発、戦争体験者の減少、安倍の歴史認識といった要因で、俄かにクローズアップしてきていることに危うさを感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/20 09:07

投稿元:ブクログ

最近右なのか左なのか、さっぱり分からない小林よしのり。集団的自衛権に反対し、SEALDSに共感して、TPPに反対する彼の考え方を靖国感から読み解こうと思い手に取る。
賛同:首相の公式参拝はしなくてよい
靖国は国民が守っていく
無宗教形式の千鳥ケ淵よりも靖国の方が国にのために命を落とすした方への慰霊に相応しい
反対:靖国を神道形式のまま国営化する
元宮司の松平氏への高評価
A級戦犯の分祀はできない

僕は、皆で靖国に行く会のような集団的なパフォーマンスが嫌でしょうがない。靖国は一人の日本人として穏やかに参拝をしたい。いつか、誰が行っても何も言われないような時代になったら、いつか、天皇陛下もご参拝できるようになるでしょう。

2014/10/08 09:28

投稿元:ブクログ

靖国神社は、祀っている御祭神を「奉慰顕彰(ほういけんしょう)の対象」であると説明している。
靖国神社は、幕末以来の戦没者の霊を奉慰顕彰するための神社。戊辰戦争後、1969年に東京招魂社として創建。
ペリー来航の1853年以降、明治維新、戊辰戦争、西南戦争、日清戦争、日露戦争、満州事変、支那事変、大東亜戦争などにおいて命を落とした246万6千余柱の霊を御祭神として祀る神社。

靖国神社は日本を戦争できる国にするための神社。

1945年8月15日が終戦記念日と言われているが、戦争が終わったのはサンフランシスコ講和条約が発効した1952年4月28日。
国際法上は、講和条約が発効し戦争状態が終結すれば、その時点で軍事法廷による戦犯裁判の判決は効力を失うことになっている。

1953年8月「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」を衆議院本会議で可決し、当事国との外交交渉を重ねて順次受刑者を釈放させていき、1958年5月30日をもって全員が釈放された。

昭和殉難者の合祀は1959年の春季例大祭から順次行われ、「いわゆるA級戦犯」も1978年の秋季例大際において合祀された。

靖国神社の本殿の外側にある「鎮霊社」は1965年に創建され、ペリー来航以降の本殿に祀られていないすべての戦没者と、世界中で戦争のために亡くなったすべての人の霊を祀っているという。
鎮霊社は顕彰はせず、奉慰のみである。

古代ギリシャのペロポネソス戦争
アテネのデロス同盟、スパルタのペロポネソス同盟。アテネで多数現れたのがデマゴーゴス(扇動政治家)で、扇動的な詭弁や嘘のデマの語源。

靖国神社の外交問題
1985年、戦後政治の総決算を掲げた中曽根首相が靖国神社公式参拝を実行しようとした際に、8月7日、朝日新聞が行った参拝反対の大キャンペーンが発端。8月15日の参拝後、騒動は一旦収束したが、8月26日に社会党が訪中団を送って中国当局を焚きつけた。8月27日(女偏に兆)依林副首相が参拝を非難。

大東亜戦争の理念は「八紘一宇」(天皇の下ですべての民族は平等)

千鳥ケ淵戦没者墓苑には35万余の遺骨が納められている。無宗教の施設で1959年に完成。
遺骨信仰と霊魂信仰。靖国神社には遺骨がなく、祀られているのは霊だけ。

アーリントン墓地は多宗教の施設で、戦死者のみならず、一定の資格を満たした軍務経験者ならば埋葬される権利があり、戦時でなくても毎日20数件の葬儀が行われている。アーリントン墓地が観光名所になったのは、1963年にケネディが埋葬されたから。

1954年 自衛隊創設以来、1800人以上の殉職自衛官は靖国神社に合祀されていない。
1962年に自衛隊市ヶ谷駐屯地に自衛隊殉職者慰霊碑が建立。1998年メモリアルゾーンとして再整備。

2014/08/31 21:42

投稿元:ブクログ

「不戦の誓い」が英霊に失礼だというのはまさにその通り。英霊の方々は「心ならずも」戦死したわけではない。いつか、靖国神社を今のまま国家護持出来る時が来るのか甚だ不安。

2014/08/24 23:07

投稿元:ブクログ

いわゆる「保守」が、『戦争論』以後言論戦に勝利したその後の「惨状」を乗り越えるための一冊。

戦後民主主義の言論空間は180°針が振り切れ、反中反韓が一般庶民にまで常識化した末に現れたレイシズムと安倍政権。

靖国神社と靖国参拝というキーワードは愛国心のリトマス紙だった10年前。「保守」の言説はそこから一歩も進まずテンプレ化。

『戦争論』を著して言論空間を一変させた小林よしのりがそれらを乗り越える思考をこの作品で提示している。

田母神は「靖国神社参拝」こそが保守か否かを分けるポイントと言ったが、そんなテンプレは全く通用しないということを丁寧な解き明かす本作。

『大東亜論』も今作も、反日へのHOW TOテクニックでは追いつかない“思索”がうかがえる。

転向ではない深化を見せてくれる刺激的な作品。

靖国神社は過去の遺物ではなく、未来にこそ役割があるというフレーズは右にも左にも挑発的な言葉である。左はともかく、右が完全に忘れているものをこれでもかと並べているのがすごい。

2014/10/13 00:27

投稿元:ブクログ

小林よしのり氏の著書は初めて。
しかし、靖国神社は戦死者の慰霊施設ではなく、顕彰施設と言ふ主張はすつきりとしてゐる。

あへて言へば、国家に殉じた英霊に戊辰戦争の幕軍を祀らないなど「国家=天皇」といふ史観や、30年以上中断してゐる天皇陛下による親拝などについても触れてほしかつたところ。

2015/11/25 21:57

投稿元:ブクログ

私も全然知りませんでした、靖国神社。まだ、一度も参拝したことがないけれど、必ず参拝したいと思います。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む