サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 入門お経の本 般若心経から法華経、大日経、浄土三部経まで現代社会を生き抜くための仏陀の言葉

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

入門お経の本 般若心経から法華経、大日経、浄土三部経まで現代社会を生き抜くための仏陀の言葉
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/04
  • 出版社: 洋泉社
  • サイズ:30cm/111p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8003-0465-0
  • 国内送料無料

紙の本

入門お経の本 般若心経から法華経、大日経、浄土三部経まで現代社会を生き抜くための仏陀の言葉

著者 釈 徹宗 (ほか著)

ブッダはどのような人物だったのか? その教えはどういうものだったのか? 「般若心経」「維摩経」など現代に伝わる仏教の叡智を美しい仏教美術とともに説明し、名僧列伝、仏教と関...

もっと見る

入門お経の本 般若心経から法華経、大日経、浄土三部経まで現代社会を生き抜くための仏陀の言葉

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ブッダはどのような人物だったのか? その教えはどういうものだったのか? 「般若心経」「維摩経」など現代に伝わる仏教の叡智を美しい仏教美術とともに説明し、名僧列伝、仏教と関わりの深い日本の文化などを紹介する。〔「図説お経の本」(2013年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

釈 徹宗

略歴
〈釈徹宗〉1961年大阪生まれ。龍谷大学大学院博士課程、大阪府立大学大学院博士課程修了。学術博士。浄土真宗本願寺派如来寺第19世住職。相愛大学人文学部教授。著書に「仏教ではこう考える」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/19 06:38

投稿元:ブクログ

18頁:「母親の脇の下から生まれ/すでに自分の足で歩いた」
・「わきのした」なら「腋の下(Axillary fossa(腋窩)」ではないだろうか? 本文によるとシッダッタは「右脇」から生まれたようだ。「すでに」って,ひょっとしたら「すぐに」?本文「生まれるとすぐに太子は自分の足で……」。
36頁:中国は随・唐によって……
62頁:『大日経』。
・真言宗は,『大日経』を呉音で読んでいるのか?
72頁:『理趣経』。「説一切法(せいっせいほう)」「一切自在(せいしさい)」「一切法(せいしほう)」
・冒頭にある「一」は,発声しないらしい。

仏教 ランキング

仏教のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む