サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 東南アジアのエネルギー 発展するアジアの課題

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東南アジアのエネルギー 発展するアジアの課題
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2014/07/29
  • 出版社: 文眞堂
  • サイズ:22cm/169p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-8309-4825-1
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

東南アジアのエネルギー 発展するアジアの課題

著者 武石 礼司 (著)

アセアンという経済協力機構を形成する東南アジアの10カ国は、歴史、人口、気候、宗教、資源、産業も大きく異なり、エネルギー需給への取り組みと政策も実に多様である。最新の現地...

もっと見る

東南アジアのエネルギー 発展するアジアの課題

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アセアンという経済協力機構を形成する東南アジアの10カ国は、歴史、人口、気候、宗教、資源、産業も大きく異なり、エネルギー需給への取り組みと政策も実に多様である。最新の現地情報を盛り込み、現状と今後を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

好調な経済の下、発展を遂げてきた東南アジアの10カ国は、アセアンを形成して域内協力を深めており、日本にとって、ますます重要な国々となっている。アセアン10カ国は、歴史、人口、気候、宗教、資源、産業も大きく異なり、エネルギー需給への取り組みと政策も実に多様である。最新の現地情報を盛り込み、現状と今後を解説する。【商品解説】

目次

  • 1 アセアン10カ国のエネルギー事情
    • 1.1 アセアン諸国の現状と多様性
  • 2 島嶼部アセアン諸国の特徴
  • 3 半島部アセアン諸国の特徴
  • 4 インドネシアとエネルギー
    • 4.1 インドネシアの成り立ちと現状
    • 4.2 インドネシアのエネルギー
  • 5 マレーシアとエネルギー
    • 5.1 マレーシアの成り立ちと現状
    • 5.2 マレーシアのエネルギー

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/06 12:31

投稿元:ブクログ

石油消費量はどの国でも増加している。
インドネシアではLNGを日本を含めた東アジア諸国に輸出するとともにパイプラインでシンガポール向けにガスを輸出している。
ブルネイのみが石油の生産量が消費量を上回っている純輸出国であり、石炭においてはインドネシアとベトナムのみが純輸出国である。

外国経済・世界経済 ランキング

外国経済・世界経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む