サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. アルゴリズム入門 プログラミングの考え方がわかる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

アルゴリズム入門 プログラミングの考え方がわかる
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/07/25
  • 出版社: 工学社
  • サイズ:21cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7775-1845-6
  • 国内送料無料

紙の本

アルゴリズム入門 プログラミングの考え方がわかる (I/O BOOKS)

著者 石橋 亨 (編集)

人にやらせたいことをコンピュータにどうやらせるか、それが「アルゴリズム」。アルゴリズムを図面化したフローチャートの書き方から、検索・ソート・データの管理の仕方、応用として...

もっと見る

アルゴリズム入門 プログラミングの考え方がわかる (I/O BOOKS)

2,484(税込)

ポイント :23pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人にやらせたいことをコンピュータにどうやらせるか、それが「アルゴリズム」。アルゴリズムを図面化したフローチャートの書き方から、検索・ソート・データの管理の仕方、応用としてのセキュリティまでを解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石橋 亨

略歴
〈石橋亨〉大学は有機化学合成を専攻し、大手電機機器メーカーに就職。遺伝子診断装置の開発を行うが、プログラムのスキルを買われてデジタルカメラのファーム設計部署に異動。新機能の設計・開発を行う。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/11/28 00:25

投稿元:ブクログ

「入門」とは言われても、アルゴリズムはなかなか身につかず、そして理解することすらむずかしく感じます。
理解に近道がないからかもしれません。
もう何年もモノにできずに過ぎてしまいましたが、何回も良書にあたり、例題に取り組んでいくと、だんだん理解ができはじめてきました。

そんな、「良書」の中の一冊です。

2014/10/28 07:33

投稿元:ブクログ

アルゴリズムというよりは、プログラミングの基本的な概念とフローチャートの本というような感じだった。
自分の場合、フローチャートの書き方って全然分かってないわけだけど、勉強したほうがいいのだろうか。
ところで、構造体の説明をしている項目で、『「C++」や「Java」などのオブジェクト指向言語では、「クラス」と言います』と書かれてあったけど、これはどうなんだ。確かに似てるところもあるわけだけど、C++にはクラス以外に構造体もあるわけだし・・・。

2014/09/01 22:19

投稿元:ブクログ

 アルゴリズムとはなにかから始まり、分岐構造から暗号化までの代表的なアルゴリズムを解説。ソートアルゴリズムまではフローチャートと簡単なCソースを用いて解説しているが、リストや木、スタック、キュー、擬似乱数や暗号化アルゴリズムは文章と簡単な例のみとなっている(単方向リストはCソースが掲載されている)。後半はやや駆け足であるが、これ以上細かく解説すると却って分かりづらくなりそうなラインになっていると感じた。
 この手の本では珍しくフローチャートにかなりのページを割いている。やはりアルゴリズムを記述したり、実装前の頭の整理には適していると思うし、同じ価値観を持っている人が居ることが素直に嬉しい。そして長年疑問だったswitch~caseの表記方法が明確になっただけでも読んだ価値があった。

プログラミング言語 ランキング

プログラミング言語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む