サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 使命と魂のリミット

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

使命と魂のリミット(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 408件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.2
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/452p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-371807-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

使命と魂のリミット (角川文庫)

著者 東野 圭吾 (著)

使命と魂のリミット (角川文庫)

778(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー408件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

父親の死の原因を追究すべく娘の努力が感動的!

2016/02/29 08:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、東野作品の中でも秀逸の一つだと思います。愛する父親の死は「医療ミス」ではないかと密かに嫌疑をもつ娘が、心臓外科医になることを決意し、研修医として忙しい毎日を送ります。そんなある日、彼女の働く病院で、手術中に何者かによって電気系統が使えなくなります。電気の一切ない、医療機器がまったく使えない中、娘が嫌疑をかけている主治医の献身な手術は続きます。一体、この手術は成功するのか?そして、娘の主治医に対する嫌疑は晴れるのか?あるいは一層深まるのか?また、病院の電気系統を破壊した者はだれなのか?伏線がたくさんあり、読者をハラハラドキドキさせる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人間の優しさと、職人魂の物語。

2010/04/20 11:11

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

医療サスペンスがベースとなっている本作品だけれど、その部分を期待して読み進めるとちょっと期待はずれを感じてしまうかもしれない。物語は「大病院に寄せられた『医療ミスを公開しないと病院を爆破する』という脅迫状」と、「研修医として勤務する夕紀の父親が、以前その病院でオペを受け失敗し、死んでしまった事への疑念」。この二つをテーマとして進んで行く。正直言って脅迫状なぞ今さらそれほど興味引かれるテーマではないし、夕紀の疑念は疑念と言うより邪推に近い。だからどちらもそれほど、作品にのめりこませてくれるようなテーマでは無かった。しかしこの作品の本当のテーマは、職人魂と人間の優しさにあると思う。それが物語りの後半から、じわじわと伝わってくるのである。
大病院に研修医として勤める夕紀は、父親をその病院でのオペ失敗により喪っていた。しかもその際に執刀した医師が、その後母親と親密な関係になっていく。もしやあのオペの失敗は、医師の故意によるものではないのか。夕紀はその疑念が振り払えぬまま、日々の仕事に忙殺されていた。そこにある日、一枚の脅迫状が舞い込む。最初はイタズラであろうと公表もされなかったが、2度目の脅迫状の後に自動発火装置によるボヤ騒ぎまで起きてしまう。その時点で、どうやら犯人が本気で病院を脅迫している事が明らかになる。しかし犯人の本当の目的は何なのか、それが皆目分からないのだが・・・。
物語の終盤、混乱する病院の中でも自分の仕事そして患者を(使命を)守ろうとする者達の姿に、感動を覚える。そして再三繰り返された脅迫状と犯人の真意が分かった時、その犯人でさえ一人の職人であり、人の優しさを持った人間なのだと分かってくる。読み終わったとき、自分は自分の使命が分かっているだろうか、そしてそれにしっかりと向き合っているのだろうかと、考えさせられずにはいられなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高

2015/10/12 16:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンタン - この投稿者のレビュー一覧を見る

医療の内容と登場人物のその時その時の情景が、最高に面白く、かき立てられるように読み切りました。
最後は心がホッとして…ふぅーっと息を出しました。
東野圭吾さん最高。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なかなかでした。

2012/07/31 00:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:drinksnow - この投稿者のレビュー一覧を見る

東野先生の本は好きですが、この本は、東野先生のこれまでのイメージと同様の内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/27 17:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/17 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/05 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/01 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/20 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/15 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/28 05:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/17 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/30 01:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/06 12:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/21 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る