サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 血管を強くする歩き方 パワーハウス筋が健康を決める 心臓病 脳卒中 高血圧 糖尿病を防ぐ!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

血管を強くする歩き方 パワーハウス筋が健康を決める 心臓病 脳卒中 高血圧 糖尿病を防ぐ!
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/25
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-04547-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

血管を強くする歩き方 パワーハウス筋が健康を決める 心臓病 脳卒中 高血圧 糖尿病を防ぐ!

著者 木津 直昭 (著),稲島 司 (著)

健康で長生きするために、正しい姿勢で速く歩く習慣を日常生活のなかに取り入れましょう! 関節に負担をかけることなく、血管の老化を予防することができる歩き方を、そのメリットと...

もっと見る

血管を強くする歩き方 パワーハウス筋が健康を決める 心臓病 脳卒中 高血圧 糖尿病を防ぐ!

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

血管を強くする歩き方

1,210(税込)

血管を強くする歩き方

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

健康で長生きするために、正しい姿勢で速く歩く習慣を日常生活のなかに取り入れましょう! 関節に負担をかけることなく、血管の老化を予防することができる歩き方を、そのメリットとともに紹介します。【「TRC MARC」の商品解説】

速く歩く人ほど長生きする!

米国の調査結果です。
ゆっくり歩く人は、速く歩く人に比べて、
がんや糖尿病、心不全、脳梗塞などの重大疾患になる確率が
約3倍も高くなるというのです。

ほかにも、健康と歩く速度に関する調査結果が出ています。

● 高血圧を改善
● コレステロール値を改善
● 糖尿病を予防
● 心疾患を抑制

なぜでしょうか?
速く歩くと血管に適度な負荷がかかるので、血管を強くすることができます。
速く歩けるということは、足腰(骨、股関節、筋肉)も健康な証拠です。
逆に、速く歩けなくなると、血管の老化が進んで病気になりやすくなります。

だから、いつまでも健康でいたいなら、
心拍数を上げて血管に適度な負荷がかかるように、速く歩くことが大切なのです。

心拍数を上げればいいのなら、どんな歩き方でもいいの? ジョギングでもいいの?
などと思う人がいるかもしれません。

ですが、関節に無理な力をかけるような間違った歩き方やジョギングを続けていると、
年をとるとともに、腰痛、膝痛、関節痛などの症状が出てきます。
下半身の筋肉も弱まってきます。

そして、いずれ速く歩くなんて、痛くてとてもできないカラダになってしまいます。
そうなると、負の病気スパイラルのスタートです。

いま、ウォーキングがブームですが、
間違った歩き方を続けると、かえってカラダを痛めてしまうのです。

日本人の三大疾患は、がん、脳卒中、心筋梗塞です。
このうち、脳卒中と心筋梗塞は血管の老化に関係しているのです。
生活習慣病と言われているように、
これらの予防には、正しい食生活と適度な運動が大切です。

その適度な運動が、本書で紹介する歩き方です。
関節にもやさしく、速く歩けるので、血管の老化を防ぎます。

そして、カラダの軸をつくるパワーハウス筋を鍛えることができます。
いま流行の体幹を無理することなく鍛えることができ、
背筋がピンと伸びるので、見た目年齢も若返ります。

正しい姿勢で速く歩く習慣を、
通勤や買い物などの普段の生活の中に組み込んでしまえば、
わざわざトレーニング時間をつくる必要もありません。

いつまでも健康に長生きするために、
正しい歩き方をマスターしましょう。【商品解説】

目次

  • 第1章 長生きしたけりゃ、ゆっくり歩くな!
  • 働き盛りの中高年を突然襲う怖い病気
  • 運動しない人の死亡率は運動する人の3・4倍
  • ゆっくり歩く人は心疾患の確率が約3倍も高い!
  • 都会より地方のほうが脳卒中になる人が多い
  • 心拍数を上げる運動が血管を強くする!
  • 最適な運動強度は心拍数と年齢で決まる
  • 無酸素運動は心臓や血管にダメージを与える
  • 刺激を与えないと栄養は骨に吸収されない

著者紹介

木津 直昭

略歴
〈木津直昭〉KIZUカイロプラクティックグループ代表院長。
〈稲島司〉東京大学医学部附属病院循環器専門医。医学博士。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

健康法 ランキング

健康法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む