サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 金沢庄三郎 地と民と語とは相分つべからず

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

金沢庄三郎 地と民と語とは相分つべからず(ミネルヴァ日本評伝選)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料

紙の本

金沢庄三郎 地と民と語とは相分つべからず (ミネルヴァ日本評伝選)

著者 石川 遼子 (著)

日本語と朝鮮語が同系との確信に基づき日本文化を再考した金沢庄三郎。「日鮮同祖論」などの著作において、金沢は何を訴えようとしたのか。その足跡と論考を丹念に辿り、朝鮮ならびに...

もっと見る

金沢庄三郎 地と民と語とは相分つべからず (ミネルヴァ日本評伝選)

4,320(税込)

ポイント :40pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本語と朝鮮語が同系との確信に基づき日本文化を再考した金沢庄三郎。「日鮮同祖論」などの著作において、金沢は何を訴えようとしたのか。その足跡と論考を丹念に辿り、朝鮮ならびに朝鮮語への思いを探る。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • はしがき
  • 第一章 誕生から第三高等中学校時代まで
  • 第二章 帝国大学博言学科、大学院、韓国留学
  • 第三章 新外語設立され、韓語学科教授に
  • 第四章 『辞林』と『日韓両国語同系論』の刊行
  • 第五章 苦境をくぐって再起へ
  • 第六章 『日鮮同祖論』
  • 第七章 同祖論の飽くなき追求
  • 終 章 濯 足
  • あとがき

著者紹介

石川 遼子

略歴
〈石川遼子〉1945年満州国生まれ。奈良女子大学大学院人間文化研究科修了。博士(文学)。池田市史編纂専門委員。著書に「韓国・朝鮮と向き合った36人の日本人」「植民地期前後の言語問題」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/18 06:48

投稿元:ブクログ

「日鮮同祖論」へぇ~

ミネルヴァ書房のPR
http://www.minervashobo.co.jp/book/b178377.html

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む